Welcome to our Adobe blogs hub. Here you can access the latest blog posts from across the company, perspectives from our executives and the full directory of official Adobe blogs.

  • Adobe MAX 2015、6,000人規模に拡大

    ※当資料は、2015年8月26日に弊社米国本社から発表されたメディアアラートの抄訳です。 【2015年8月26日】 アドビは、世界中のクリエイターからの要望に応え、10月初旬にロサンゼルス コンベンション センターで開催する「Adobe MAX」の開催規模を6,000人に拡大することを決定しました。昨年のAdobe MAXには世界78ヶ国から5,500人が参加しました。 Adobe MAXは、グラフィックデザイン、イラストレーション、写真、クリエイティブイメージング、映像、電子出版、Webデザイン、アプリデザインなどの各分野において業界を代表するスピーカーと業界関係者が集う世界最大級のクリエイティブ カンファレンスです。 read more Read more

    By adobeprjp on Adobe Japan Corporate Communications Blog
    Published on August 28, 2015
  • Recorded Training: Author on the mobile… Author for the mobile

    Topic: Author on the mobile… Author for the mobile Description: Join Dr. Pooja Jaisingh, Sr. Adobe eLearning Evangelist, as she shows you how to create mobile learning courses using mobile devices alongside Adobe Captivate 9. Learn how to create storyboards using… Read more

    By poojajaisingh on Rapid eLearning | Adobe Captivate Blog
    Published on August 28, 2015
  • HTML/CSSを爆速コーディング Emmet入門 第5回 Emmetを使って、コードの編集を強力にサポートする(前編)

    これまでの連載では、Emmetの省略記法の展開に関わる内容について説明してきました。しかしコーディングの時は、HTMLやCSSの生成だけでなく、既存のコードに追加や編集をする作業も必ず発生します。 Emmetにはアクションと呼ばれる編集支援機能が16も用意されています。Emmetの展開は、アクションの一つです。他のアクションも使えるようになれば、HTMLやCSSのコーディングがもっと楽になります。 read more Read more

    By 久保 知己 on Adobe Creative Station
    Published on August 28, 2015
  • Is Responsive the End Game of Web Design

    I can still remember the good ‘ol days when “making your design device-compatible” basically meant ensuring that it looked good on a 1024px-wide screen. There wasn’t much of anything else to do back then in terms of variety. Sure, we had some larger screens and resolutions getting popular, but as long as… Read more

    By Karol K on Adobe Dreamweaver Team Blog
    Published on August 28, 2015
  • #CreativeFriday - Photoshop's Fade feature enhancement in Photoshop CC 2015

    Since the release of Photoshop CC 2015, it has been possible to use the standard Image Adjustments non-destructively on a Smart Object. This great enhancement will not only allow you to re-edit the adjustments, but also control the opacity and blending modes of each adjustment at any time within your workflow… Read more

    By Richard Curtis on Richard Curtis's Blog
    Published on August 28, 2015