Creating change in Japan

SecondHarvest_1June was Be Involved Month at all Adobe offices around the world. The Adobe Japan team participated in a volunteer activity with Second Harvest Japan (2HJ), a non-profit organization which aims to provide nutritious food for the homeless. The team was surprised to discover the amount of food products that are thrown away yearly in Japan due to unsold stocks, broken packages and irregular crops while more than 2.3 million people in the country suffer from malnutrition. 2HJ gathers discarded food that are perfectly fine for consumption from food manufacturers, grocery stores and farmers and deliver them to those people in need.

The Adobe team volunteered at the Harvest Kitchen, a weekly food distribution service by 2HJ, and served more than 350 meals to the homeless at Ueno Park.

“We look forward to continuing to serve our communities and to create change,” said Adobe volunteer Sakiko N.

6月21日(土)、Be Involved Monthの一環として10名の社員がセカンド・ハーベスト・ジャパン(以下、2HJ)というNPO団体のボランティアに参加してきました。2HJは日本初のフードバンクとして、企業やスーパーマーケット、農家等から賞味期限が近付いた食品や規格外の農作物、包装が破れただけで捨てられてしまう食品等を集め、生活困窮者や栄養のある食事を必要としている人々の元に届ける活動をしています。この日は毎週行われているハーベスト・キッチンという食料提供の活動に参加するため、午前中は2HJのオフィスで食事の準備、午後は上野公園で食事の配布を手伝いました。日本のように豊かな国でさえ1ヵ月10万円以下で生活している人が多くいる事、日々安全で栄養がある食事ができていない人々が多くいる事を学びました。またその一方で、簡単に食品が捨てられてしまうことも事実であると学びました。いち消費者である私達もつい買いすぎて食べきれず捨ててしまうことがあると思いますが、食品が捨てられる一方必要としている人々が多くいるという事を学ぶとても良いきっかけとなりました。とても蒸し暑い日でしたが、この日は350食以上の温かい食事・パン・フルーツ等をホームレスの方々に配り終え、達成感と共にチームワークも鍛えられコミュニティの為に活躍できたとても有意義な1日となりました。

SecondHarvest_2 SecondHarvest_5SecondHarvest_3