Adobe Digital Insights: サイバーマンデーのオンライン売上高が過去最高の34億5,000万ドルを記録


サイバーマンデーのモバイル経由のオンライン売上高が史上初の10億ドルを突破(前年比約50%増)

※当資料は、弊社米国本社から発表されたメディアアラート(米国東部時間 2016年11月28日公開)およびCMO.comの記事(米国東部時間 2016年11月29日午前11:20更新版)の内容をまとめたものです。

 

【2016年12月2日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、2016年のホリデーショッピングシーズン(11月1~28日)におけるオンラインショッピングデータのAdobe Digital Insights(ADI)を公開しました。サイバーマンデー(感謝祭[11月第4木曜日]明けの月曜日)のオンライン売上高は順調で、過去最高の34億5,000万ドルを記録しました。前年と比較して12.1%増加し、一日のオンライン売上高として過去最高となり、ブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)の33億4,000万ドルを上回りました。サイバーマンデーにおけるモバイル経由のオンライン売上高は史上初の10億ドルを突破し、前年比で約50%増加しました。ホリデーショッピングシーズンを通じたオンライン売上高は前年比7.6%増の総額399億7,000万ドルとなり、28日間の内、27日間は一日当たりの売上高が10億ドルを超えました。

Continue reading…

Adobe Analytics新機能で、さらなるインサイトを扱いやすく

データ活用は、データの民主化から

データはデジタル時代のマーケティング活動において欠かすことのできない資源です。webをはじめモバイルアプリ、電子メール、店舗内スクリーンなど、企業の提供する様々なデジタル顧客接点で、顧客の動向はデータとして収集することができます。しかし当然ながら、データは収集するだけでは役に立ちません。データを分析し、そこから何らかの意味を読み取って、次のアクションに生かしてこそ、データは役に立ちます。

Continue reading…

Adobe Digital Insights: アドビ、小売業者のモバイルサイトに関する調査結果を公開

online shopping with smart phone in woman hand

小売業者がスマートフォンからのトラフィック増加による収益促進の機会を逸していることが明らかに

※当資料は、2016年10月27日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2016年11月7日】
米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は本日、小売業者のモバイルサイトに関する調査結果「2016 Digital Insights Mobile Retail」を発表しました。スマートフォンからのトラフィックと収益は前年から堅調な伸びを示しましたが、コンバージョン率はデスクトップとタブレットの利用率減少を補うには至りませんでした。アドビの調査結果によると、スマートフォンからショッピングサイトへのトラフィックは前年比で33%増加していますが全デバイスからの総トラフィックは前年と同水準で、デスクトップのトラフィックは6%、タブレットのトラフィックは10%低下しました。スマートフォンからの収益が前年比65%増加した一方で、オンライン総売上高はわずか10%増で、デスクトップとタブレットはそれぞれ2%低下しました。コンバージョン率は、スマートフォンと比べて、デスクトップが2.8倍、タブレットが2倍高いことが分かりました。

Continue reading…

Adobe Digital Marketing Symposium 2016

_h1a2761日本最大級のマーケティングカンファレンス、Adobe Digital Marketing Symposium 2016が去る10月4日~5日に開催されました。デジタル化する現代において、顧客体験の重要性について、”エクスペリエンス ビジネス”(顧客体験中心のビジネス)と言うテーマをもって、訴える2日間となりました。顧客を取り囲む環境は、20年前の物と比較しても様変わりをしています。顧客はデジタルチャネルを通して提供されるサービスに頼り、そこに対する期待もかつてないほどに高まっています。このような環境において企業は成功するためにはどうすれば良いか、顧客体験の向上に取り組む様々なアドビのお客様、パートナー、アドビ自身によるセッションで議論されました。

Continue reading…

Adobe Digital Insights: スマホの利用増加に伴い、電子メールの利用時間が増加

email

※本ブログは、2016年9月26日に米国で公開されたCMO.com記事の抄訳版です。

 

【2016年10月21日】

「Adobe Digital Insights(ADI)」の新たな調査によると、消費者のモバイルへの移行により、米国では電子メールの利用が増加していることが明らかになりました。また、電子メールが進化しつつあり、インスタントメッセージや絵文字の利用が進み、スマートフォンで電子メールを利用する人が増えていることから、電子メールはフォーマルな通信手段ではなくなりつつあります。

1,000人以上のホワイトカラーの米国人を対象とした調査「Adobe Email Survey 2016(2016年度 アドビ 電子メールに関する調査)」によると、電子メールに費やされる時間は前年比で17%増加しました。ミレニアル世代(18~34歳)の消費者は、他の年齢層と比べて電子メールに費やす時間が最も長く、90%がスマートフォンで電子メールを利用しています。実際に、ミレニアル世代の50%近くが、朝ベットの中で電子メールをチェックすると回答しています。 Continue reading…

Adobe Digital Insights: インターネットトラフィックの飽和状態で求められる広告戦略

us-advertisingdemandreport2016fulldeckv3-160915151358_page_01※本ブログは、2016年9月26日に米国で公開されたCMO.comの抄訳版です。

 

【2016年10月19日】

Adobe Digital Insights(ADI)の分析によると、インターネットトラフィックは飽和状態に達し、北米での成長率は0.1%と停滞しています。過去3年間にわたって企業10社のwebサイトのうちほぼ4社でトラフィックが減少しており、最高マーケティング責任者(CMO)にとっては深刻な事態といえます。

ADIのマネージングアナリストであるベッキー タスカー(Becky Tasker)は次のように述べています。「トラフィックの増加にただ乗りできていた時代は終わりました。北米では、インターネットの普及に伴ってトラフィックが増加していた時代は過ぎ去り、飽和状態になっています。webサイトの競争は激化しており、成長するためには他のサイトからシェアを奪い取らなければなりません。」 Continue reading…

情報サイトUNITEの人気記事:2016年7~9月

人気記事からトレンドを探る

デジタル時代の変革リーダーのための情報サイト「UNITE」として、アドビはオウンドメディアを展開しています。この「UNITE」の人気記事について、最初のランキングをご紹介してから約4ヵ月が経ちましたので、改めて前回以降の公開記事の中から人気ランキングをご紹介します。
よく読まれた記事のテーマから、また新たなトレンドが見えてくるのではないでしょうか。

今回は2017年7月1日~9月30日のサイトトラフィックから、該当期間中に公開された記事について、実訪問者数の多い順に集計します。

Continue reading…

アドビ調査、日本の企業webサイトがスマートフォン経由のコンバージョン率と訪問率で世界をリード

bestofthebest-001

 

【2016年10月4日】

世界各国のブランド企業が展開しているwebサイトを調査したAdobe Digital Insights(ADI)調査「Best of the Best*」によると、日本の企業webサイトがスマートフォン経由からのコンバージョン率と訪問率で世界をリードしていることが判明しました。

今回のADI調査「Best of the Best」は、2015年の米国の1万以上のwebサイトに対する2,000億回の訪問データ、欧州の3千以上のwebサイトに対する1,000億回の訪問データ、アジアの3千以上のwebサイトに対する1,000億回の訪問データを集約し、分析を行いました。各国の平均的なwebサイトとトップレベルのwebサイト(Best of the Best)での取り組みを、6つの主要評価指標(スマートフォンとデスクトップPCによる訪問率、消費、エンゲージメントとオーサーシップ、トラフィック、スティック率、コンバージョン率)に基づいて調べています。

  Continue reading…

アドビのDigital Price Index、8月のレポートでEU離脱決定以降の英国における耐久消費財の売上高減少を示唆

report-digitaleconomyproject-august2016-1609221454288月のオンライン価格データによると英米でのデフレ傾向継続が判明/アドビは英国家統計局(ONS)と協力

※以下は、2016年9月23日に弊社米国本社から発表されたリリースの抄訳です。

【2016年9月28日】

米国カリフォルニアサンノゼアドビは、8月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。今回のレポートでは、初めて英国におけるテレビ、パソコン、食料品のオンライン売上高と価格データも発表しました。カテゴリー全般での価格が下落し、パソコンやテレビなどの耐久消費財のオンライン売上高は前年比で大幅な減少となりました。両カテゴリーの需要はともに5月は前年比33.0%の増加、6月は同28.0%の増加となったものの、7月の伸び率は16.0%に減速し、8月はマイナスに転じて前年比10.0%の売上減少となりました。これはおそらく英国のEU離脱決定やその他欧州における不確定要素が起因すると見られます。米国国内での同カテゴリーの需要は、7月が33.7%の増加、8月が30.2%の増加と好調な伸びを示しました。

Continue reading…

Adobe Digital Insights:マーケターは今こそVRゲームに関心を向けるべき

PlayStation VRの発売が、VR/AR技術の普及の弾みになると予測

 

※本ブログは、2016年8 月16日に米国で公開されたCMO.com記事の抄訳版です。

 

【2016年8月19日】

Adobe Digital Insights(ADI)の分析によると、米国のゲーム機とゲーム用PCの2016年の販売額は253億ドルに達する見込みで、マーケターにとってチャンスが高まっていることが判明しました。

ADIの「2016 Gaming Report」では、2016年第1四半期のオンライン売上は対前年同期で42%増という健全な成長を示しており、オンライン販売はゲームの売上全体を牽引する主要因となっています。 Continue reading…