新調査レポート「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム」分野でも、アドビはリーダーに

マーケティングチャネルとしてのアプリ

ターゲットとなる顧客とのコミュニケーションをいかに効果的かつ効率的に行えるか、というのは常にマーケティング活動における重要な課題です。そこで、様々なチャネルの活用方法が問われることになりますが、今やすっかり普及したモバイルデバイスを、そうしたチャネルの重要なひとつとして活用すれば、一人ひとりを相手にコミュニケーションを行える可能性が広がります。特に、モバイルデバイスからすぐ利用できるモバイルアプリケーションは、企業のマーケティング活動からチャンスを掴むための、新たな可能性を秘めています。

Continue reading…

iPhone6登場間近。サイトの準備は大丈夫?

消費者は熱狂、マーケターは頭痛

日本でも噂になっている通り、間もなく新型iPhone6の発表がありそうです。
新しいモバイルデバイスの登場は、世の中で大いに盛り上がり、消費者の間で話題になります。一方で企業の側から見ると、変化はチャンスにもリスクにもなります。もっとも端的に影響が出るのはモバイルサイトでしょう。モバイルデバイスの画角は機種によってまちまちなので、どんなデバイスでもサイトの見え方が正しくなるようにコントロールするのは、なかなか大変なことです。
そして課題は、見え方だけではありません。
Continue reading…

フォレスターの新レポート「Forrester Wave: デジタルエクスペリエンス提供プラットフォーム、2014年第3四半期」で、アドビは「実力者」の評価

Forrester Wave Digital Experience Delivery

エクスペリエンスの時代

「顧客中心」という経営課題は目新しいものではありませんが、ビジネス環境が顧客主導へとシフトした今、企業に問われているのは、いかに顧客に選ばれるための全社的な努力を持続できるか、でしょう。そのために欠かせないキーワードとして、「エクスペリエンス(experience)」というキーワードが注目度を増しています。

一般に日本で見られる様々なトレンドは、北米や欧州で注目されたトピックが少し時間を置いてやってくることが多いものですが、顧客エクスペリエンスの重視、というトレンドもその一例ではないかと思います。
そのトレンドの進化を予見するかのように、米調査会社のフォレスター社が、新たな動きを見せました。 Continue reading…

Adobe Target Premium、いよいよ登場!

200x200デジタルマーケティングの成功には、顧客行動の分析に基づき、適切なコンテンツやオファー、クロスセルのレコメンデーションを設計し、提供する。そこから得られた知見を元に施策を改善し、PDCAのサイクルを可能な限り沢山実行することが鍵となります。これらを実現するためには、より早いスピードで施策を行い、自社のマーケティング活動のあらゆる箇所でこの考え方を基にした最適化活動が行えることが重要です。

この度、Adobe Targetの最新ラインナップAdobe Target Premiumがリリースされました。Adobe Target Premiumでは、プロセスの簡略化と自動化により、スピード化とスケーラビリティの向上を実現しました。その具体的な内容を、アドビのコンバージョンソリューション分野のプロダクトマーケティングのディレクター、ケビン リンゼイ(Kevin Lindsay)によるブログ記事の翻訳でご紹介します。

Continue reading…

日本最大級のデジタルマーケティングのイベント、今年も開催


ADMS Japan 2014

今年で五回目、イベント名も新たに

アドビが毎年一回主催している国内最大のマーケティングイベントを、今年も6/12に六本木で開催しました。かつて「クリエイティブのアドビ」がデジタルマーケティングにも参入、本格展開を始めた2009年から数えて、今年で五回目を数えます。
会場の六本木グランドハイアット東京
今年は名称を「Adobe Digital Marketing Symposium」(略称 ADMS)へと改めました。
過去を振り返ると、アドビ既存顧客を対象とした「Adobe Innovation Forum」、募集対象を「デジタルマーケティングに注力している企業/取り組み強化を検討中の企業」へと拡げた昨年の「Adobe Digital Marketing Forum」を経て、アドビのグローバルイベントとのブランド統一を図った今年へと至っています。
日本での開催の後、シドニーやシンガポールでもSymposiumは開催されます。

Continue reading…

Adobe Analyticsは、Webアナリティクス分野の「リーダー」

50824_forrester_wave_ingram_blogv2

この度、独立系調査機関であるForrester Researchが行う「Forrester Wave™: Webアナリティクス、2014第2四半期」において、Adobe AnalyticsがWebアナリティクス分野の「リーダー」として選出をされました。調査カテゴリーの「現行の製品」「戦略」「市場におけるプレゼンス」の全3分野で首位となった他、全75項目の詳細の評価項目のうち、66項目で最高得点を獲得しました。

Forresterの本調査において、「デジタル戦略の策定と実行にはWebアナリティクスが不可欠」と述べています。デジタルマーケティングが、Webアナリティクス、パーソナライゼーション、エクスペリエンスと領域を拡大する中でも、Webアナリティクスは依然中核を担う領域であると言えるのでは無いでしょうか?また、テクノロジーが成熟する中でアナリティクスベンダーは、差別化を図るためには予測分析やモバイルアプリのサポートなど高度な機能をサポートする必要があるとも述べています。

では、Adobe Analyticsが他のベンダーと比較してどのような点において評価されたのでしょうか?本投稿より数回に渡って「Forrester Wave™: Webアナリティクス、2014第2四半期」で評価されたポイントとAdobe Analyticsの機能について紹介をして行きます。今回は、Anlaytics & Social Vice PresidentのBill Ingramのブログをご紹介します。

Continue reading…

デジタル広告管理をリードする、Adobe Media Manager最新版

Adobe Media Manager最新版

広告主の成功のために

デジタルマーケティング分野の動きはダイナミックなため、新しい概念や仕組みを表現する、さまざまな用語が飛び交っています。アドテク分野の用語「プログラマティック(programmatic)」もそのひとつでしょう。広告にはふたつの側面、サプライサイド(媒体側)とデマンドサイド(広告主側)がありますが、この記事で取り上げるのは後者、広告主側のデジタル広告管理を最適化する、アドビのソリューションについてです。

アドビは、広告主企業の広告投資から得られるリターンを最大化させるという目的のために、Adobe Marketing Cloudの一部としてデジタル広告管理ソリューションを位置付けています。これは2012年1月に完了したEfficient Frontier社の買収がもとになっています。
当時から既に、サーチ(検索連動型広告)、ディスプレイ広告、ソーシャル広告というクロスチャネルに対する、強力な科学的アルゴリズムをベースにした広告投資最適化の能力は、高く評価されていました。
さらにアドビは、その後もこのテクノロジーへのイノベーションに取り組んでいたわけですが、このたび、買収以来最大となるアップデートを行いました。その具体的な内容を、アドビのデジタル広告ソリューション分野のプロダクトマーケティングのディレクター、ティム ワデル(Tim Waddell)によるブログ記事の翻訳でご紹介します。


※以下はWhat’s New in Adobe Media Optimizerの翻訳です。

Continue reading…

Adobe Experience Manager最新版、ついに登場!

Adobe Experience Manager 6

コンテンツ管理からエクスペリエンス管理へ

「静的なwebの時代は終わった」と言われてしばらく経ちます。それはテクノロジーの変化以上に、顧客の変化がもたらしたものです。webは、コンテンツを一方的に伝える場から、何かを求めているそれぞれの顧客(つまり個客)の期待に応える、顧客接点となる時代になりました。
そこで企業基盤として求められるものも、CMSやWCMと呼ばれるシステム中心のコンテンツ管理の時代から、顧客体験中心のエクスペリエンス管理の時代へと大きく変わりました。

アドビはクリエイティブツールを事業の中心としていた頃から、「エクスペリエンス」にこだわりを持ってきました。2010年にDay Softwareを買収したときも、コンテンツ管理ではなく、エクスペリエンス管理を実現するソリューションであるということを評価し、自社のポートフォリオに加えることにしたのです。

Continue reading…

ユーザー成功事例:マガシーク株式会社

成功事例:マガシーク株式会社このブログで以前に取り上げた記事、「最適化組織の鍵はどこに??」の中でも紹介したように、WEBサイトの最適化活動は、小さなチームでも「まずはスタートすること」が大切です。

アパレル通販のマガシーク株式会社では、2013年に、A/Bテストや多彩なターゲティング機能を備えたソリューション「Adobe Target」を導入され、アドビのコンサルタントもサポートさせて頂きながら、この最適化組織の活性化に取り組まれました。

この活動は、初年度にして大きなビジネスインパクトを生むと共に、現場担当者への意識の変化をもたらし、まさにサイト運営にとって無くてはならない活動となりました。

このたび、マガシーク様とアドビは共同で、この体験を成功事例としてホワイトペーパーにしました。
ここではコンサルタントからの視点で、その内容をご紹介いたします。 Continue reading…

デジタル時代に求められる個客体験を創造する、Adobe Experience Manager最新版の特長

Adobe Experience Manager 6

デジタル時代に顧客が求めるもの、企業が問われていること

デジタルチャネルの普及は、人々のライフスタイルを急激に変えてきました。この変化は非常に早く、また多様化しています。B2CでもB2Bでも、こうした顧客の期待は普遍的です。そこで企業は、いやおうなくこの変化にすばやく対応していかなくてはなりません。そのためには、従来のビジネスの進め方を改善するというよりも、事業モデルや業務プロセスなどを、新たな市場環境へ対応することのできるよう、より積極的に変革していく、つまり「再創造」していく必要があるでしょう。
いつの時代も企業にとって重要なのは顧客であり、すぐれた顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)が、短期的な収益、長期的なブランドロイヤルティにつながります。デジタル時代に、こうした顧客体験を創造していくには、何が必要となるでしょうか?
Continue reading…