アドビのDigital Price Index、8月のレポートでEU離脱決定以降の英国における耐久消費財の売上高減少を示唆

report-digitaleconomyproject-august2016-1609221454288月のオンライン価格データによると英米でのデフレ傾向継続が判明/アドビは英国家統計局(ONS)と協力

※以下は、2016年9月23日に弊社米国本社から発表されたリリースの抄訳です。

【2016年9月28日】

米国カリフォルニアサンノゼアドビは、8月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。今回のレポートでは、初めて英国におけるテレビ、パソコン、食料品のオンライン売上高と価格データも発表しました。カテゴリー全般での価格が下落し、パソコンやテレビなどの耐久消費財のオンライン売上高は前年比で大幅な減少となりました。両カテゴリーの需要はともに5月は前年比33.0%の増加、6月は同28.0%の増加となったものの、7月の伸び率は16.0%に減速し、8月はマイナスに転じて前年比10.0%の売上減少となりました。これはおそらく英国のEU離脱決定やその他欧州における不確定要素が起因すると見られます。米国国内での同カテゴリーの需要は、7月が33.7%の増加、8月が30.2%の増加と好調な伸びを示しました。

Continue reading…

Adobe Digital Insights:マーケターは今こそVRゲームに関心を向けるべき

PlayStation VRの発売が、VR/AR技術の普及の弾みになると予測

 

※本ブログは、2016年8 月16日に米国で今回されたCMO.com記事の抄訳版です。

 

【2016年8月19日】

Adobe Digital Insights(ADI)の分析によると、米国のゲーム機とゲーム用PCの2016年の販売額は253億ドルに達する見込みで、マーケターにとってチャンスが高まっていることが判明しました。

ADIの「2016 Gaming Report」では、2016年第1四半期のオンライン売上は対前年同期で42%増という健全な成長を示しており、オンライン販売はゲームの売上全体を牽引する主要因となっています。 Continue reading…

アドビ、デジタルスキルのギャップを解消するデジタルマーケティング推進プログラム「Adobe Digital Marketing Accreditation」を発表

image001

※以下は、Adobe Digital Learning Services のシニアディレクターであるキム ペレッティ(Kim Peretti)によるブログ 「Announcing Adobe Digital Marketing Accreditation: Eliminating the Digital Skills Gap」の翻訳です。

 

【2016年8月18日】

スマートフォンやモバイルデバイスの急速な普及に伴い、マーケティングは顧客の新たな要望に後れを取らないよう驚異的なスピードで成長を続けており、顧客体験が極めて重要になっています。今日のデジタル時代で最も成功を収めるブランド企業とは、顧客体験において他社をリードし、パーソナライズされた魅力的な顧客マーケティングを重視できる企業です。

Continue reading…

アドビのDigital Price Index、7月のレポートで6カ月連続の消費財価格下落を示唆

PDI_July_0017月は、オンラインにおける食品の購入数で過去最高を記録、ポケモン関連商品の販売急増の一方で価格が下落、英国のEU離脱決定が引き続き英国への旅行価格に影響

※以下は、2016年8 月11日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2016年8月17日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:アドビは、7月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。今回のレポートでは、食料品のオンライン購入における新たな傾向や、英国のEU離脱決定がロンドン行きの航空運賃とホテル料金に引き続き影響を及ぼしていることが明らかになりました。食料品のオンライン購入と店頭での受け取りが過去最高を記録し、ポケモンブランド商品の販売も大幅に増加しましたが、アドビが追跡しているその他カテゴリーの大部分の価格は、引き続き下落傾向にあります。

Continue reading…

Adobe Digital Insights:アドビ、リオ大会に関する調査を発表

adi_rio_top

ソーシャルメディア上での言及数調査で錦織圭が世界5位にランクイン
ジカ熱に対する不安を理由に、リオ大会は自宅観戦が好まれる結果に

※本ブログは、7月27日に米国で公開されたCMO.com記事の抄訳版です。

【2016年8月1日】

アドビは、企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して定期的に調査し、「Adobe Digital Insights (ADI) 」として公開しています。この度、リオ大会の開催を直前に控え、関連するデジタルトラフィックを分析、予測しました。アスリートのソーシャル上での言及数トップ10ランキングを調査したところ、日本からは唯一テニスプレイヤーの錦織圭選手が5位にランクインしました。世界で最も多く言及された選手は、米国のテニスプレイヤーのセリーナ ウィリアムズ(Serena Williams)選手でした。

Continue reading…

Adobe Digital Insights: Pokémon GOに関する調査

pokemongo_001ソーシャル上では、青の「Team Mystic」が一番人気!

 

【2016年7月22日】

アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Insights (ADI) *」として公開しています。この度、アドビは7月13日時点のソーシャル上でのPokémon GOに関する言及数と、ソーシャル上での黄、赤、青に分かれる3チームの人気度を調査しました。

 

Pokémon GOによりARが普及 Continue reading…

アドビのDigital Price Index、米国経済が6月も引き続きデフレ傾向にあることを示唆

report-digitaleconomyproject-june2016-160714012031_Page_01

英国のEU離脱が英国への旅行料金に影響。食料品など必需品の価格の下落率は非必需品より低い傾向

※以下は、2016年7月14日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2016年7月20日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:アドビは、6月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。毎月発行しているこのレポートは今回で5回目の発行となります。今回のレポートでは、英国のEU離脱が同国への旅行料金に及ぼした影響が明らかになり、ロンドン行き航空運賃とホテル料金が他都市と比べると大幅に下落したことが判明しました。また今回のレポートから、市販の一般用医薬品(非処方、OTC医薬品)と医療機器/医療用品に関するデータを初めて取り入れたところ、一般用医薬品の価格が前月比でわずかに上昇したことが判明しました。DPIはビッグデータを活用することでより正確かつ詳細に米国のインフレ率を測定し、従来の経済レポートでは把握できないデータを提供しています。

Continue reading…

情報サイトUNITEの人気記事からトレンドを分析

blog-unite-top-july

アドビのオウンドメディア「UNITE」

企業自らがメディア企業のように情報サイトを運営し、ストーリーテリングを行う取り組み「コンテンツマーケティング」が注目を集めています。コンテンツマーケティングという概念そのものの歴史は長く、一説にはそのルーツを100年、200年前まで辿れるとも言われています。それはともかく、コンテンツマーケティングへの注目が高まっている背景には、デジタルメディアの普及と効果が間違いなく影響しています。

さて、マーケティング領域のトピックを扱ったコンテンツマーケティング事例として、アドビ本社が運営しているサイト「CMO.com」があるのをご存知でしょうか。
Continue reading…

Adobe Digital Index: モバイルTV Everywhereに関する調査

paar spielt am handy und tablet

モバイルにおけるTV Everywhereの視聴実態は、「どこでも」ではなく「一か所」であることが判明

 

【2016年6月21日】

アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Index (ADI) 」として公開しています。この度、テレビ番組や映像コンテンツをさまざまなデバイスで視聴を可能にする、放送事業者によるネット配信サービスであるTV Everywhereに関する調査を実施しました。「どこでも」視聴できることを定義の一つとしていたTV Everywhere視聴の多くは、ある一つのロケーションで発生しており、移動しながらモバイル経由でTV Everywhereを視聴している人はわずかであることが明らかになりました。

Continue reading…

アドビのDigital Price Index、米国経済が引き続きデフレ傾向にあることを示唆

dpi_may

消費財価格は下落傾向、求職情報の検索数は増加、住宅情報の検索数は減少

※以下は、2016年6月15日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

【2016年6月17日】
米国カリフォルニア州サンノゼ発:アドビは、膨大な量のデジタルデータを活用することで、これまで以上に正確かつ詳細に米国のインフレ率を測定しています。アドビのデータは、従来の経済レポートでは測定できなかったリアルタイムの価格や数量などオンラインでの購入パターンに関する情報を活用しています。アドビはこの度、5月のDigital Price Index(DPI)を発表しました。この毎月発行しているDPIレポートは今回で4回目の発行となり、価格の変動を左右している製品カテゴリー別のプライスポイントを含んでいます。

5月のDPIによると、アドビが追跡している消費財の大部分の価格は下落傾向にあり、テレビを除いた低価格商品が前年比で最大の下落幅となったことが明らかになりました。2015年4月~2016年4月では、最も高い価格帯のテレビは、最も低い価格帯のテレビよりも大幅な下落率となりました(26%対15%)。その一方で、パソコンでは、高価格帯よりも低価格帯の下落率が大きくなりました(15%対4%)。家電製品、パソコン、家具類、食料品、スポーツ用品、テレビの価格は、前月比0.2~3.7%の下落となりました。DPIによると、2015年4月~2016年4月の家電製品、パソコン、航空運賃、家具類、スポーツ用品、テレビ、おもちゃの価格は2.8~19.7%の下落となりました。DPIと比較すると、米国労働省労働統計局の消費者物価指数(CPI)では、同カテゴリーの価格は前年比0.3~16.1%の下落、航空運賃は若干の上昇(0.4%)と報告されています。5月のDigital Economy Projectによると、過去数カ月と比べてオンラインの求職活動は増加し、住宅情報の検索数は減少したことが明らかになりました。

Continue reading…