アドビ、市場に先駆け、Googleの「エンハンスト キャンペーン (Enhanced Campaigns)」に対応

このブログは、2013227 (米国時間) 、米アドビシステムズ社 メディア & アドバタイジング ソリューションズの製品マーケティングおよび戦略ディレクターのビル ムンゴーバンのブログポストの翻訳です。原文はこちらにてご確認ください。

Google社は最近、AdWordsに関する大きな変更、「エンハンスト キャンペーン (Enhanced Campaigns)」を発表しました。この度、アドビ システムズは市場の先陣を切り、エンハンスト キャンペーンに対応する初のデジタル広告プラットフォーム プロバイダーとなりました。これは、「エンハンスト キャンペーン」の新機能であるモバイル入札単価調整の設定や、モバイルに最適なクリエイティブの追加を、Adobe Media  Opti­mizer (訳者注:日本でのソリューション名称は、Adobe Media Manager、以下、Media Manager)内で管理する事を可能にすると共に、瞬時にAdWordsと同期する事を可能にします。

タブレットおよびデスクトップパソコンからのトラフィック vs. モバイルからのトラフィック

Google AdWordsは、デスクトップ パソコンとタブレットからのトラフィックと、スマートフォンやその他のモバイル端末からのトラフィックを区別し、広告主がモバイルからのトラフィックを対象に、「モバイル入札単価調整」を設定することが可能となっています。これにより、広告主は、モバイルのトラフィックへの入札を増減あるいは停止することができます。

以下のスクリーンショットが示すよう、Googleはモバイル入札単価調整について複数の提案を提供しています。選択肢のひとつは、単に、モバイル入札単価調整の計算ツールに基づくGoogleの提案を採用することですが、アドビは異なる手法をとっています。当社のデータサイエンティストチームは、モバイル入札単価調整の設定を、個々の広告主の実績データを織り込みつつ「自動的に」行うアルゴリズム ベースのソリューションの開発に注力しています。

Enhanced-Campaigns

ほとんどの場合において、Googleは実際のコンバージョン データを認識したり、それを推奨入札単価に織り込んだりすることはできません。むしろ、Googleは他の広告主が設定している入札単価を見て、それを用いて推奨入札単価を表示しています。これは、CPC が高すぎる推奨入札単価につながる場合もあります。

Adobe Media Managerが、広告主が最適なモバイル入札単価調整を計算する際に、コンバージョン、インプレッション、クリック数などの実績データを把握できるようになります。先のブログ記事で述べたとおり、タブレットをデスクトップ パソコンとして分類することは、CPC の上昇、すなわちROI (投資対効果)の低減を招く可能性をはらんでいます。したがって、広告主は、モバイル入札単価調整の設定はきわめて慎重に行うことが重要です。Adobe Media Managerは、そのような設定をする広告主に対して、アドビ独自のアルゴリズムにもとづく計算をベースにサポートします。これらの変更は、今後数週間のうちに展開される予定です。

「当社は、エンタープライズ規模のお客様のきわめて大きなSEM予算を管理しています。エンハンスト キャンペーンでは、当社の一部のお客様のモバイル領域での成功に欠かせなかったセグメンテーションとターゲティング機能がやや失われることとなっています」と、独立系広告代理店Levelwingの K.B. Rei­den­bach 氏は述べています。「ですから、当社はお客様のために、非常に慎重で思慮深いアプローチをとろうとしています。当社はアドビと連携し、エンハンスト キャンペーンを最適なかたちで活用することを楽しみにしています」

新しいエンハンスト キャンペーンを試用してみたい広告主は、Adobe Media Managerを使用してテストを実施していただけます。ぜひ、当社までご連絡いただき、各種広告キャンペーンをエンハンスト キャンペーン用に変換する最適な手法についてご相談ください。

さて、あなたはどうお思いですか? 早々にエンハンスト キャンペーンに移行しますか? それとも、すべてのキャンペーンが新たなフォーマットに移行する6月末近くに移行しますか?

Adobe Media Managerについて

Adobe Media Managerは、業界初のデジタル広告における統合プラットフォームで、ROI最大化の為に、サーチ、ディスプレイ、ソーシャルメディアにまたがるマルチチャネルのキャンペーン管理、最適化が可能です。Adobe Media Managerは、世界中の様々な業界の400社以上のお客様にご利用いただいています。また、Adobe Media Managerは、年間20億ドル以上の広告予算を管理しています。

Comments are closed.