Archive for July, 2013

最新Adobe Socialついに登場 (その3)

ソーシャルメディアマーケティングの醍醐味、エンゲージメント

social30-publishingソーシャルメディアマーケティングにはいろいろな側面がありますが、マーケターにとっての醍醐味のひとつは、自社のソーシャルアカウントを通じ、コミュニティに向けてブランドストーリーを届けることではないでしょうか。
自身の担当する製品やサービスがターゲットとしている人々に向けて、その人々の興味や関心につながる話題を提供する。それが、相手の共感を呼び、好奇心を刺激し、コメントやシェアといった波及効果へとつながっていきます。そうしたエンゲージメント、つまり対話の積み重ねが、企業やブランドへの親近感を高め、ブランドロイヤルティやニーズへと結びついていくことでしょう。

今回はそんなマーケターのみなさんの心強い道具となるべく強化された、Adobe Socialの投稿機能を中心にご紹介します。

Product Marketing Managerのエミー ホフマイヤー(Emi Hofmeister)がお伝えした内容を翻訳でお届けします。
続きを読む…

Adobe AnalyticsにまつわるCookieのおはなし

サードパーティCookieって?

Coockieサイトのウェブ解析、Web分析をはじめようとすると、多くのマーケターの方が一度は耳にすることになるCookie(クッキー)。これはWebサイトにおける訪問の管理や訪問者情報を一時的または永続的に保存するためものです。

Adobe Analytics(旧SiteCatalyst)でも、基本はこのCookieをベースに訪問者の特定を行なっています。
続きを読む…

最新Adobe Socialついに登場 (その2)

Adobe Social

新バージョンAdobe Social 3.0の魅力をお伝えするシリーズ、初回に続き、2回目は追加されたソーシャルネットワーク対応の部分です。
Product Marketing Managerのジョーダン エンライト シュルツ(Jordan Enright-Schulz)がお伝えした内容を翻訳でお届けします。 続きを読む…

Adobe Analyticsの歩き方 – 迷子にならないための、変更点まとめ

本日(2013年7月19日)よりSiteCatalystが Adobe Analytics となり、新しいユーザーインターフェイスへと変更になりました。(新しいUI、SiteCatalystからAdobe Analyticsへ

色々と便利に変更された反面、場所が変更になってしまったことでいくつか迷子になってしまう機能などもありますので、ご紹介をさせて頂きます。

続きを読む…

新しいUI、SiteCatalystからAdobe Analyticsへ

Adobe Analytics

以前このブログでもご紹介しましたように、アドビはAdobe Marketing Cloudとして、旧来の個別製品から、みなさんにとってより判りやすく馴染み易い、5つのソリューションへの変革を進めています。また6月に開催したAdobe Digital Marketing Forum 2013では、デモを交えてより詳しくご紹介することができました。

さていよいよ、実際の製品の変化として、ユーザーのみなさんにご体感いただく時がきました。新しいユーザーインターフェイスが登場し、これまで親しまれてきた製品名も、個別製品のSiteCatalystはAdobe Analyticsの一部へと変革を遂げます。
日本においても既存のお客様にはご案内しておりますが、このブログではさらに多くのみなさんに、この新しいUIについてご紹介します。

続きを読む…