新しいUI、SiteCatalystからAdobe Analyticsへ

Adobe Analytics

以前このブログでもご紹介しましたように、アドビはAdobe Marketing Cloudとして、旧来の個別製品から、みなさんにとってより判りやすく馴染み易い、5つのソリューションへの変革を進めています。また6月に開催したAdobe Digital Marketing Forum 2013では、デモを交えてより詳しくご紹介することができました。

さていよいよ、実際の製品の変化として、ユーザーのみなさんにご体感いただく時がきました。新しいユーザーインターフェイスが登場し、これまで親しまれてきた製品名も、個別製品のSiteCatalystはAdobe Analyticsの一部へと変革を遂げます。
日本においても既存のお客様にはご案内しておりますが、このブログではさらに多くのみなさんに、この新しいUIについてご紹介します。


※以下はUS Digital Marketing Blog「Sneak Peek at SiteCatalyst’s UI Update」の翻訳です。

new Adobe Analytics UI

7月18日(日本時間7月19日)に、SiteCatalystのユーザーインターフェイスが更新され、新しいMarketing Cloud UIと同等なものになります。

Adobe Summit(訳注:USで3月に開催、UKで4月に開催。日本は6月のAdobe Digital Marketing Forumに相当)に参加された方なら、メインステージデモで新しいデザインをご覧になったことでしょう。また、SiteCatalyst管理者なら、告知メールを受け取っているかもしれません。現実的には、イベントには出席できず、アドビからのメールも見ていない、という方もいらっしゃることでしょう。
今回のアップデートで何が変わるかをご存じでないSiteCatalystユーザーにとっては、SiteCatalystへログインしたときに驚くかもしれません。

驚きは常に楽しいものとは限りませんし、変化というものも、大小問わず、不安につながりかねません。これは、ニューヨークの顧客へ私が最近訪問したときの出来事です。ついでの話として、私はSiteCatalystのインターフェースが7月に更新される予定だということを伝えました。すると相手は、顔から血の気が引いていき、うろたえたような声になったため、私はベータ環境の新しいUIを彼に見せました。そうすることで、この変更がマイナーなものだと判り、彼の当初の懸念は解消されました。
そこで私は、どのような変更なのかを短いビデオ(5分17秒)を使ってお伝えするのが、すべてのみなさんのお役にたつだろうと考えました。

変更のポイント

まとめますと、従来のSiteCatalystから新しいUIへの主な変更点は次の通りです。

  • さようなら、Omnitureグリーン: お馴染みの緑のナビゲーションメニューは、より落ち着いた、黒ベースの色になります。色の変更というのはマイナーですが、私はこのきれいな、ナンセンスでないlook&feelがナビゲーションメニューに適用されて、気に入っています。図やデータを囲む濃い目の色は、緑と明るいグレーよりも目に優しいです。私と同じ意見かどうか、ご自分でも確かめてみてください
  • Adobe Analytics JapaneseAdobe Analyticsへのブランド変更:色の変更と共に、すべてのアナリティクス関連ツールはAdobe Analyticsソリューションを構成するcapabilities(ケイパビリティ:能力、機能)へと位置付けを変更します。ここでの重要な変更点は、従来のSiteCatalystという名称は、新しいケイパビリティ名(機能名)「reports & analytics」に置き換わるということです。他の旧製品名と新しいケイパビリティ名の対応としては、似ているもの(tag management, data warehouse, report builder)とだいぶ違うもの(Genesis → data connectorsやDiscover → ad hoc analysis)があります。Adobe Marketing Cloudの上部左側をクリックすると、ケイパビリティ名とサブメニューのリストが、旧インターフェイスとメニューがあった位置に現れます
  • レポートとお気に入りの切り替え:レポートとお気に入りを切り替え:左側にあるメインのレポートメニューの構造は実質的に変更はなく、以前と同じように操作できます。一方、上部のナビゲーションが変更されました。ビデオでもご覧いただけるように、ふたつのアイコンが並んでおり、レポートとお気に入り(ダッシュボード、ブックマーク、アラートなど)を切り替えることができるようになりました
  • Admin consoleはAdmin toolsへ:もしあなたが管理ユーザーなら、かなりの時間をAdmin consoleに使っていたのではないでしょうか。これが(なんと)Admin toolsという名前に変更され、お気に入りの部分か、トップの左側にあるreports & analyticsサブメニューから利用します。
  • 統合、合理化されたヘルプ部分:もし以前のヘルプに馴染んでいたとしたら、これからは何かを探したいとき、ナレッジベースとテクニカルリファレンスから答えを見つけることになります。いま、二つのシステムは統合され(キュレーション)、SiteCatalystに関するあらゆる情報を検索することができます

 

スムーズな移行のために

みなさんは新しいUIについて、はたして馴染めるだろうか、移行するのを遅らせようか、とためらわれたかもしれません。

実はv14利用者でない限り、すべてのSiteCatalyst v15ユーザーは、新しいUIのリリースに伴って、自動的にこれを利用いただくことになります。このUIの拡張は、バージョンの違いを気にすることなく、なるべく自然な形で移行ができるよう、マイナーな変更になるように配慮されています。

私たちは、新しいUIがみなさんの従来のSiteCatalystの使い方を妨げることなく、新しいデザインへとすぐに馴染めることと考えています(私もそうでした)。

 

RGB 112.161.0よ、安らかに眠れ。長い間お疲れ様。

Brent Dykes


監訳者:国和 徳之 アドビ システムズ株式会社 マーケティング本部 マーケティングマネージャー

IT業界でSEを経た後、B2Bマーケティングに10年以上携わる。アドビにはエンタープライズ向けソリューションのマーケティング担当として2010年に加わり、現職。現在はAdobe Marketing Cloudのプロダクトマーケティングを担当している。

Comments are closed.