動画もきちんと計測をして効果を評価しよう

video camera

製品を紹介する動画を埋め込んでいるページを見かけることが多くなりました。一昔前までは「動画は容量が重い…」といった懸念もありましたが、普及してきた1つの理由としては、インフラ環境が整ったことでこのような意識をしなくて良くなってきているからでしょう。そして、もう1つが、やはり、動画の持つ訴求力だと言えます。

やはり表現力としては、文字よりも画像、画像よりも動画ですので、製品の魅力を伝え、イメージをしやすくしてもらうためには動画は非常に良い手段といえます。そして、動画を配信するにあたり、自社のサーバーインフラを使わずにYouTubeなどを利用することで簡単に配信できることもその理由と言えるでしょう。

さて、今回のエントリでは、Adobe Analyticsの魅力の1つである動画計測や、ページに埋め込まれたYouTubeの動画の計測についてご紹介していきたいと思います。

Adobe Analyticsの動画計測

Adobe Analyticsでは、計測機能の1つとして動画計測レポートとのいうものがあります。通常のページ計測とは異なり、動画の計測に合わせたレポートを用意しています。この動画計測自体は、様々なフォーマットに対応しており、それぞれのフォーマットに合わせて計測が可能になっています。

Video Tracking Overview

ビデオ概要レポートでは、それぞれ計測された動画のデータ全体を俯瞰して見ることができ、ビデオの視聴回数や平均視聴時間、全体の完了率をはじめ、各ビデオごとに完了率と視聴数をマッピングされたグラフなどで、効果の高いビデオを確認することができます。

Video Tracking Detail

またビデオの詳細画面では、各ビデオごとの完了率や訪問回数などを確認することができる他、動画再生中のどのあたりで離脱(視聴の終了)が発生してしまっているかも確認できるようになっています。

そしてこれらのデータというのはもちろんセグメントの適用も可能ですので、セグメントごとの閲覧傾向を確認する事もできますし、その逆に、特定の動画閲覧をした人がどの位コンバージョンに結びついているか?といった動画の直接的な効果を把握することもできるようになっています。

YouTubeの計測

さて、これらの動画計測ですが、冒頭で触れたYouTubeの埋め込み動画にも対応が可能です。このYouTubeの埋め込み動画計測を行う場合は、弊社コンサルティングチームにて提供を行なっている、プラグインを利用して計測を行うことになります。

このプラグインでは、Googleが現在ベータ提供しているAPIを利用して、動画計測を行なっている形となります。プラグインを導入し、いくつか動画計測についての設定を行い、埋め込み動画のURLにベータAPI利用のためのパラメータを設定することで計測を実現します。

計測設定自体はそれ程難しいものではありません。その為、今までハードルが高いと感じられがちだった動画計測においても、YouTubeのプラットフォームを利用して実施できるようになり、非常に簡単に始めて頂くことが可能となりました。

ここで、1つだけ注意点があります。計測にはベータ版のAPIを利用しているため、もしGoogle側での提供が終了してしまった場合などは利用できなくなってしまいますので、主要指標などには利用しない方が良いかもしれません。

計測をしてアクションにつなげる

動画の計測がとれてどうするんだ…と感じる方もいるかもしれませんが、各動画の視点でみれば「きちんと最後まで参照されること」は1つ大きなポイントとなります。どこで動画ビューの離脱が起きたか分かれば、動画の改善に繋げられます。

動画を参照したユーザーは、Adobe Analyticsのセグメント機能を利用しセグメントができるので、これにより動画を参照したユーザー、そうではないユーザーでコンバージョンの結びつきがどれだけ異なるかを比較できます。

Video Segment Comp.

Adobe Targetを利用すれば2つの動画の出し分けを行い、その後のコンバージョンにどちらが影響力が高いかといった検証が実施できます。ここからさらに詳細な結果分析をAdobe Analyticsの動画計測も活用し行うことで、より効果的な動画提供を最適化していくことができます。

また、Adobe AnalyticsとAdobe Targetの連携によって、どの動画を参照したか、完了までいったかといった内容をもとに、Adobe Targetを利用してターゲティングを実施することも可能となるため、さらにダイナミックなコミュニケーションの可能性を広げていくことができます。

—-

冒頭でも触れた通り、コンテンツとして動画の利用は急速に増えてきています。ただ動画を埋め込むだけではなく、きちんと評価をして、次のアクションに繋げられるようにしていって頂ければと思います。

 

筆者:安西 敬介 アドビ システムズ株式会社 コンサルティング部 シニアコンサルタント
2001年に国内大手航空会社のシステム子会社に入社後、システムエンジニアとして予解約システムの開発、予約フロー設計に携わったのち、コンテンツディレクターとしてサイトリニューアルなどを手掛けた。その後は、同社内のマーケティング戦略立案支援やウェブ解析の導入や活用促進に携わった。オムニチュアへは2008年に入社。エンドユーザーとしての経験を活かし、現在は企業のオンラインマーケティングを成功に導くためのコンサルティング業務を担当している。2009年アドビシステムズによる買収にともない現職。また、業界専門媒体などで積極的に執筆活動も展開している。Twitter:@ank

Comments are closed.