顧客分析力を強化するための自己評価ツール、業界の平均と比較し自社の弱点を把握

Thumbnail今日のようなデジタル時代においてマーケティング活動を効果的に行うためには数多くの顧客との接点で蓄積されるデータを正しく分析、自社にとって有用な顧客を発見し、顧客行動を正確に予測するための「顧客の分析力」が重要となります。しかし、ツールと人を用意するだけでは効果的な分析を行う事はできません。アドビでは企業の顧客分析力を評価するためのオンラインツールを開発しました。選択式の質問に回答をすることによって自社の顧客分析力や業界平均との差、改善のためのポイントを把握する事が可能です。

> 今すぐ評価する


Adobe Analytics顧客分析力評価ツール

本ツールは「データの収集」「分析」「実行(オペレーション)」「自動化」「適用(データの活用)」「アトリビューション」「戦略」の7つの項目を基に企業の顧客データの分析とマーケティングへの活用レベルを評価します。結果は5段階で評価され、小売、金融、B2B(企業間IT)、旅行・サービス、メディア・エンターテイメント等の業界ごとの平均値と比較する事ができます。評価結果と合わせて各項目ごとに改善点を詳細に解説したレポートをPDF形式で提供しています。

本ツールの使い方

本ツールは自社の顧客分析力の強化のために下記のような活用方法ができます

  1. ご自身で本ツールの設問に回答し自社の顧客分析力を把握
    各設問に回答する事で自社の弱点や顧客分析のために注意をすべき事柄を理解することができます。
  2. 他のチームメンバーにも自己評価をする
    自社の認識は人に掘ってまちまちであることが多いため、本ツールで関係者の間で共通認識を持つことができます。
  3. 評価結果を基に組織的に改善を取組む
    自社の強みと課題が関係者間で共通認識が得られたところで改善活動を関係者で合意し進めて行きましょう。

Report

是非、自社の評価やチームディスカッションの題材として活用ください。

> 今すぐ評価する

 

前田 龍 アドビ システムズ株式会社 マーケティング本部 プロダクト マーケティング マネージャー

アジア最大級の観光産業国の政府観光局、大手インターネット セキュリティ ソフト メーカーでデジタル マーケティング担当、プロダクト マーケティング マネージャを経て、2013年よりアドビ システムズに入社。同社では、Adobe Marketing Cloud製品のプロダクト マーケティングを担当。

Comments are closed.