Adobe Digital Insights: サイバーマンデーのオンライン売上高が過去最高の34億5,000万ドルを記録

サイバーマンデーのモバイル経由のオンライン売上高が史上初の10億ドルを突破(前年比約50%増)

米国カリフォルニア州サンノゼ発:Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、2016年のホリデーショッピングシーズン(11月1~28日)におけるオンラインショッピングデータのAdobe Digital Insights(ADI)を公開しました。サイバーマンデー(感謝祭[11月第4木曜日]明けの月曜日)のオンライン売上高は順調で、過去最高の34億5,000万ドルを記録しました。前年と比較して12.1%増加し、一日のオンライン売上高として過去最高となり、ブラックフライデー(感謝祭翌日の金曜日)の33億4,000万ドルを上回りました。サイバーマンデーにおけるモバイル経由のオンライン売上高は史上初の10億ドルを突破し、前年比で約50%増加しました。ホリデーショッピングシーズンを通じたオンライン売上高は前年比7.6%増の総額399億7,000万ドルとなり、28日間の内、27日間は一日当たりの売上高が10億ドルを超えました。

各時期におけるオンラインショッピングに関するデータは、以下の通りです。

ブラックフライデー

サイバーマンデー

ホリデーショッピングシーズン全体

ホリデーショッピングシーズン全体(11月1~28日)を通じて最も人気があった商品は、ビデオゲーム部門ではビデオゲーム本体、Pokémon Sun & Moon、テレビ部門ではサムスンの4k テレビ、タブレット部門ではiPad Air 2でした。

アドビのホリデーショッピングシーズンに関する報告は、230億件に及ぶ小売Webサイトへのアクセスから集計した匿名データに基づいています。他のどのテクノロジー企業よりも多い、米国の小売業者上位100社におけるオンライントランザクションの80%を測定、Adobe Senseiの確度の高い予測モデルを使用して、測定対象以外の残りの期間における売上高を予測します。米国の小売業者上位500社におけるオンライントランザクションの10ドルあたり7ドル50セントがAdobe Marketing Cloudを経由します。アドビはこの膨大なデータを測定するという独自の方法で高精度かつ調査に基づいたオンライン売上高や価格、製品入手可能性のトレンドを提供しています。

本調査に関する詳細は、以下のURLおよびSlideshareをご覧ください。

プレスリリース:アドビ、今年のホリデーシーズンのオンラインショッピング売上高は過去最高の910億ドルに達すると予測

ホリデーショッピングに関するADIの最新データ(英語)

* Internet Retailerによる「2016 Top 500 eGuide」(電子商取引テクノロジーの評価に関する独立した情報)

※当資料は、弊社米国本社から発表されたメディアアラート(米国東部時間 2016年11月28日公開)およびCMO.comの記事(米国東部時間 2016年11月29日午前11:20更新版)の内容をまとめたものです。

アドビ 広報


Comments are closed.