最新のAdobe Experience Manager Screensがもたらすイノベーションにより、実店舗の顧客体験を差別化

顧客はますます多くのコンテンツをデジタルで消費するようになっていますが、いざ購入する段になると、重要なのはやはり実店舗です。実際、アメリカ合衆国国勢調査によれば、 2017年第4四半期における小売活動の90%以上は実店舗で発生しています。
また、アドビが実施した消費者のコンテンツに関する意識調査「 2018 Consumer Content Survey」によれば、商品の検討や購入という面で、消費者の40%が実店舗を信頼しています。消費者と直接つながることの重要性が増す中で、アマゾンのようなオンラインのイノベーターたちは、いま、新しい革命的な実店舗の開発に投資しています。

チャネル別購入ファネル

デジタル時代を勝ち抜くためには、実店舗における顧客体験の向上が欠かせません。デジタルスクリーンの活用やインタラクティブな顧客体験の提供は、実店舗における顧客体験を向上させたい企業にとって非常に有効です。

しかし、従来のデジタルサイネージは単独で機能し、他のデジタルコンテンツやデータ基盤との連携ができません。チャネルやカスタマージャーニーをまたぎ、一貫性のある顧客体験を提供しようとする動きを鈍らせる要因のひとつになっています。

企業は、webコンテンツを活用して実店舗での顧客体験を可能な限り容易に作成し、管理したいと考えています。そのために、webコンテンツやキャンペーンの管理、分析、デジタルアセットの管理、パーソナライゼーションのためのソリューションなどに戦略的に投資してきました。

狙いは、デジタルサイネージのソリューションを、その他のデジタルマーケティングソリューションと連携させて運用することです。実店舗などを含む物理的なチャネルと、オンラインのデジタルチャネルをまたぎ、一貫性のある顧客体験を提供するためには、コンテンツやデータの統合が必要になります。

これを実現するために、アドビは投資を続けています。Adobe Experience Managerは、既に多くのユーザーにご利用いただき、優れたデジタル体験の創出と管理に役立っています。Experience Manager Screensは、アドビのソリューションを物理的な領域に拡張するための投資です。

アドビが提供しているデジタル基盤のエクスペリエンス管理機能を活用して、デジタル体験のイノベーションをデジタルサイネージやインタラクティブスクリーンに応用するものです。Experience Manager Screens 6.4では、顧客体験のデザイン展開最適化を、以下の要素を含む物理的な領域で、容易かつ大規模に展開できるイノベーションを利用できます。

  • デザイン:集中アセットリポジトリーや、Experience ManagerとAdobe Creative Cloudのネイティブな接続環境を利用して、共有コンテンツへのインテリジェントなアクセスとインポートが可能です。この共有コンテンツをExperience ManagerのクロスチャネルオーサリングUIで使用し、実店舗におけるリッチでインタラクティブな顧客体験をデザインし、webやモバイルにおける顧客体験との整合性を維持することができます。最新版には3Dコンテンツの管理やプレイヤーデバイスへの配信に対するネイティブなサポートも含まれ、エンゲージメントや顧客体験を向上できます。デザイン
  • 展開:Experience Manager Screensの鍵となる構成要素は、プレイヤーアプリです。デジタルサイネージ用のメディアプレイヤーで実行すれば、デバイスがオンラインかオフラインかに関わらず、エクスペリエンスをインテリジェントに管理できます。Experience Manager Screens 6.4では、ChromeOSやWindows、Android、iOSなど、対応するデバイスのプラットフォームが拡張されています。Experience Managerは、本質的に、大規模なデジタルプロパティに対応するように設計されています。Experience Manager Screens 6.4ではアーキテクチャーが拡張され、あらゆる規模のデジタルサイネージネットワーク全体で、エクスペリエンスを確実に管理できるようになりました。アドビエクスピリエンスマネージャー
  • 最適化:物理的なチャネルにおけるエクスペリエンスを大規模に展開するためには、サイネージネットワークの健全性とパフォーマンスを常に把握できる必要があります。Experience Manager Screensでは、プレイヤーモニタリングやダッシュボードを使用して、ネットワークの健康状態を可視化できます。また、Adobe Analytics Cloudとのネイティブな連携を通じて、コンテンツの使用状況やエンゲージメントに関するインサイトを得ることもできます。さらに、新しいダイナミックコンテンツ設定UIを使用して、センサーからの入力や商品のインベントリーのほか、データがトリガーするあらゆるイベントにもとづき、実店舗での顧客体験をコンテクストに即して最適化できます。ダイナミックコンテンツUI

Experience Manager Screen 6.4を支えるイノベーションと、それが消費者に与える影響には、驚くべき可能性があります。その続報については、ぜひSummit NAEMEAをご覧ください。また、コンテンツやエクスペリエンス管理トラックのExperience Managerセッションにて詳細をご説明いたしますので、ぜひご参加ください。デモのご予約も承ります。アドビブースでは、Experience Manager Screensの実物をご覧いただけます。

Adobe Experience Cloud on FacebookAdobe Experience Cloud on Twitter
顧客を知り、関係を築く、総合マーケティングソリューション
企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するために、あらゆるデータとコンテンツを活用し、一人ひとりに最高のエクスペリエンスを提供します。

Comments are closed.