Forresterによる最新の調査レポートが、アドビをクロスチャネルキャンペーン管理分野のリーダーと評価

デジタル体験は、人々が学び、つながり、ショッピングし、企業とやり取りし、世界と関わる方法を劇的に変えています。インターネットにつながる顧客との関わりを求める企業にとって、今日ほど競争が激化したことはありません。
あらゆるデバイスや顧客接点をまたぎ、コンテクストに即した顧客体験を提供するためには、データやデザイン、提供方法などを独自に組み合せる必要があります。世界の主要な企業のマーケターは、クロスチャネルキャンペーン管理(CCCM)へのニーズを解決するため、アドビに信頼を寄せています。

アドビは最新の調査レポート「The Forrester Wave™: Cross-Channel Campaign Management(クロスチャンネルキャンペーン管理)、2018年第1四半期」において、この分野のリーダーと認められました。アドビは「戦略」の分野で最高得点を獲得したほか、「キャンペーンデザイン」、「ビジョン」、「パフォーマンス」、「サポートサービス」、「パートナーエコシステム」の評価基準においても高く評価されました。

昨年、アドビはGartnerによる「Multichannel Campaign Management Magic Quadrant(マルチチャネルキャンペーン管理マジック・クアドラント)、2017年4月」においてもリーダーと評価されています。

「アドビは、信頼性の高いデータとオーディエンス管理機能を、マーケターが使いやすくコンテンツリッチなCCCMの設計および管理ツールに統合しています」

Forresterによれば、CCCMが成長している理由は、「B2Cマーケティングのプロフェッショナルが、CCCMを顧客体験への期待の高まりに対応する手段とみなしている」ことです。CCCM市場の状況を見極めるために、Forresterは「現行製品」、「戦略」、「市場プレゼンス」の各カテゴリーにおいて、12社のベンダーを33項目にわたって評価しました。

Forresterが調査したリファレンス顧客は、優秀なCCCMベンダーを選択する主な理由として、「複数のチャネルをまたいで顧客とのやり取りを管理できる」、「他のデータソースやシステムと容易に統合できる」ことを挙げました。

「垂直統合を目指す企業は、アドビを検討すべき」

アドビは、CCCMを今日のデジタル時代で競合する企業のニーズに不可欠な要素と考え、最高のソリューションを提供するために、自社の組織構造とツール開発のプロセスを連携させています。

世界各国の1,000社を超える主要な企業では、マーケターがAdobe Campaignを使用して、電子メールなどのデジタルチャネル、SMSやプッシュ通知、アプリ内通知、web、ウェアラブルデバイスなどのモバイルチャネル、ダイレクトメールやコンタクトセンター、POSなどのオフラインチャネルを活用して、魅力的な顧客体験の計画、構築、運営、効果測定などを実施しています。

アドビは、Adobe Analytics、Adobe Target、Adobe Experience ManagerといったAdobe Experience Cloudソリューションとの統合により、提供するツールを拡大し続けていきます。同時に、アドビの豊富なサービスネットワークやMicrosoftとのパートナーシップを通じて、ユーザーの成功に貢献します。

リーダーとして評価されたことを、アドビは誇りに感じています。アドビは、あらゆるチャネルをまたいで有意義な顧客体験をパーソナライズし、リアルタイムに提供できるように、企業を支援しています。詳しくは、最新の「Forrester Wave™: Cross-Channel Campaign Management, Q1 2018」をご覧ください。

Adobe Experience Cloud on FacebookAdobe Experience Cloud on Twitter
顧客を知り、関係を築く、総合マーケティングソリューション
企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するために、あらゆるデータとコンテンツを活用し、一人ひとりに最高のエクスペリエンスを提供します。

Comments are closed.