Adobe AnalyticsでAdobe Audience Managerのデータを活用

多くの大企業では、データの分析とオーディエンスの獲得を別の部門が担当している。そして残念なことに、多くの場合、この2つの部門は期待されるほど効果的に連携しておらず、オーディエンスの有用なインサイトの獲得を難しくしている。

先見の明がある企業は、データ部門とマーケティング部門を分けるのはやめるべきだとわかっている。このような企業は、データ分析とマーケティングを一体化することで、情報共有を促進し、マーケティングキャンペーンの最適化を進めている。

先進的なユーザーの中には、Adobe Analytics Adobe Audience Managerを連携させ、オーディエンスの属性への理解を深め、有用な顧客インサイトを獲得しているところもある。ここでは、そうしたシステム統合の先進的な事例をご紹介しよう。

Adobe Analyticsにおけるファーストパーティデータ

ファーストパーティデータの分析なら、データの視覚化とリアルタイムの分析を備えたAdobe Analyticsが最強のツールとなる。ファーストパーティデータとは自社が所有するデータのことだ。

オンラインでのログインやロイヤルティプログラム、web上の顧客行動、モバイルでのやり取りなどがそれにあたる。顧客名や電話番号、メールアドレスなど、個人を特定する個人情報も含まれる。

個人情報はAdobe Analyticsに格納されるが、Adobe Audience Managerはこの種のデータを用いない。その代わり、ユーザーのデータを匿名化し、パーソナライゼーションやユーザーレベルでのターゲティングに利用する。

Adobe Audience Managerにおけるセカンドパーティとサードパーティのデータ

Adobe Audience Managerは、ファーストパーティデータの外側にある広範なエコシステムに向けて開かれた窓の役割を果たす。セカンドパーティデータとは、提携先の企業から得られるデータで、ファーストパーティデータを補完する。

例えば、航空会社と提携先のホテルなどが旅行客のデータを共有できる。具体的には、データを匿名化し、Audience Managerのようなデータ管理プラットフォーム(DMP)に集約する。また、サードパーティデータは、顧客の行動習慣や購入傾向、世帯収入などの情報だ。

企業は、Audience ManagerのAudience Marketplaceを通して、データプロバイダーからサードパーティデータを購入することができる。サードパーティデータは、企業が所有するファーストパーティデータを補強する。

AnalyticsとDMPを組み合わせる

Adobe Audience Managerは、ユーザーがオリジナルのデータソースやターゲティング基盤を参照し、その情報をAdobe Analyticsに戻せるようにすることで、Adobe Analyticsの分析機能を強化する。Audience Managerがファースト、セカンド、サードパーティデータを使用して構築したオーディエンスセグメントは、Adobe Analyticsにシームレスに供給される。

これにより、Adobe AnalyticsとAdobe Audience Managerは、自社のファーストパーティデータとそれを補強する様々な外部のデータを組み合わせて使用し、有用なインサイトを提供する。Adobe AnalyticsとAudience Managerを組み合わせることで、データセットから得られる成果をシームレスなワークフローに統合できるわけだ。

顧客は、セカンドパーティやサードパーティのデータをDMPからAdobe Analyticsへ送り、既存のデータ分析に組み込むことができる。

システム統合のメリット

2つのソリューションを連携させることにより、ファースト、セカンド、サードパーティの各データを、ひとつの分析基盤の中で活用できるようになる。これにより、同じ目標を掲げながら限られた連携しか取れていなかった部門間のコミュニケーションを促進できる。

対話やエンゲージメントが促進され、市場投入までの時間を短縮できる。こうした連携は、ベースとなるマーケティングクラウドを共有するひとつの統合された基盤があれば、さらに強化される。これは、人(データ部門とマーケティング部門)、プロセス(データ管理とweb分析)、テクノロジー(Adobe AnalyticsとAdobe Audience Manager)の優れた連携といえる。

2つのテクノロジーを連携させれば、データ部門とマーケティング部門はひとつとなり、オーディエンスの分析が飛躍的に進化します。まだこの連携を進めていない方は、アドビの担当者までお問い合わせください。Adobe AnalyticsとAdobe Audience Managerの連携で得られる成果をご説明します。

Adobe Experience Cloud on FacebookAdobe Experience Cloud on Twitter
顧客を知り、関係を築く、総合マーケティングソリューション
企業のデジタルトランスフォーメーションを実現するために、あらゆるデータとコンテンツを活用し、一人ひとりに最高のエクスペリエンスを提供します。

Comments are closed.