Author Archive:
Adobe Comms

コンテンツ管理は、なぜユーザーのデジタル経験に役立つのか?

アドビのコンサルタントが語る“My Experience”

私たちがwebを見ていると、時々「あれ?」という違和感を覚えることがあります。突然デザインが変わったり、フォントの大きさが変わったり……「何かが違う!」という体験をお持ちの方も多いでしょう。アドビ カスタマー ソリューションズ統括本部 プロフェッショナル サービス事業本部 AEMコンサルティング部 部長 宮崎真一が、自身のコンサルティング実績を元に、そうしたweb体験の原因と解決法を教えます。

聞き手:フリーライター 岩崎 史絵

続きを読む…

米国の大手フィットネスクラブ24 Hour FitnessがMicrosoft Dynamics 365とAdobe Experience Cloudを採用し、顧客エンゲージメントを変革

Microsoft Corporation(以下、マイクロソフト)とAdobe(以下アドビ)は4月25日、米国大手のフィットネスチェーンである24 Hour Fitnessが、全米420カ所以上のフィットネスクラブにMicrosoft Dynamics 365およびAdobe Experience Cloudを導入することに合意したことを発表しました。これにより24 Hour Fitnessは、会員がフィットネスを行う際のあらゆるタッチポイントにおいて、いっそうパーソナライズされ、統合されたデジタル体験を提供できるようになります。24 Hour Fitnessは、マイクロソフトのビジネスアプリケーションとAdobe Experience Cloudの統合ソリューションによるクラウドプラットフォームにより、高度にパーソナライズされたデジタル体験を会員に提供します(24 Hour Fitnessの事例動画はこちらから参照できます)。 続きを読む…

知ってるようで知らない。「エクスペリエンス」って何?

アドビのコンサルタントが語る“My Experience”

アドビのコンサルタントが、仕事や暮らしのなかで大切にしているエクスペリエンスについて語るコーナーの第二弾です。今回は、「アドビがよくいうエクスペリエンスって何?」「そもそも、マーケティング業界で使われるエクスペリエンスってどういう意味なの?」という疑問にビジネスコンサルティング本部 本部長 祖谷考克がお答えします。

聞き手:フリーライター 岩崎 史絵 

 

続きを読む…

Adobe Summit: アドビは「顧客体験中心のビジネス」の実現を支援します

自社のブランドが提供する顧客体験は、自社の望みどおりのものになっているでしょうか? ほとんどの場合、そこにはギャップがあり、このギャップを埋めるのは容易ではありません。私は1年に何百もの企業の方とお会いします。それぞれの企業がこの困難な課題に独自の角度から取り組んでいます。課題を完全に解決した、という声は一度も聞いたことがありません。すべての企業がこの課題を抱えているとして、なぜある企業は顧客体験に成功し、一方である企業は相変わらず苦戦しているのでしょうか?

続きを読む…

アドビ、消費者のコンテンツに関するトレンドを発表

日本のデジタルデバイスユーザーの76%が、5年前と比べコンテンツのシェアに慎重になっていることが明らかに

 

アドビは、消費者のコンテンツに関する意識調査「2018 Consumer Content Survey」の結果を発表しました。この調査は、米国、英国、フランス、ドイツ、日本5カ国のデジタルデバイス(スマートフォン、タブレット、PCなど)を1台以上所有する18歳以上のユーザーを対象として実施したものです。日本の回答者1,000人に、オンライン上での情報のシェアに関する意識を聞いたところ、76%が5年前に比べ気を付けるようになったと答えています。昨今のオンライン上にある情報の信ぴょう性や不確定な情報源に対する不信感により、多くの人が以前より、情報のシェアにより慎重になってきていることが分かりました。特に、Z世代(18-19歳)では86%、ミレニアル世代(20-36歳)では80%が、より気をつけるようになったと答えており、若い世代ほど慎重になっています。 続きを読む…