Author Archive:
アドビPR

Adobe Target: エクスペリエンスビジネスの最適化

来週のAdobe Summit 2017でも披露するAdobe Targetの新しい機能Experience Optimization Frameworkのプレビューをご紹介します。またこの機会に、エクスペリエンスビジネス(顧客体験中心のビジネス)をシンプルに実現する重要なポイントとなるガバナンス機能も説明しましょう。なぜ今か?顧客の期待値の増加、新しいアーキテクチャ上で実装される技術の基盤刷新、厳しくなるIT要件、人工知能(AI)利用の拡大。これらは、皆さんもおなじみでしょう。 続きを読む…

デジタルエクスペリエンスを強化する、次世代のAdobe Experience Managerを発表

世界最大のデジタルマーケティングカンファレンスAdobe Summit(英語)が数日後に迫りました。このカンファレンスは、「エクスペリエンスビジネス(顧客体験中心のビジネス)」へと変革しようとする各ブランド企業を推進します。今年のSummitでは、Adobe Marketing Cloudにおいてデジタルエクスペリエンスの管理・配信を実現するAdobe Experience Managerの次世代版として、魅力的な新しいイノベーションをいくつか発表する予定です。

続きを読む…

Adobe Digital Insights: 日本のスマートフォンのトラフィックシェアが世界で最も高いことが判明

アドビは、バルセロナでのモバイル ワールド コングレス(MWC)の開催にあたり、モバイルに関する最新のAdobe Digital Insights(ADI)調査結果を公開しました。

2016年の世界のインターネットトラフィックに占めるスマートフォンの割合を地域ごとに調査したところ、調査対象となった米国、APAC(*1)、欧州(*2)の中で日本が最も高く、日本のトラフィック全体のうち47%がスマートフォンでした。その次にスマートフォンのトラフィックシェアが高い国は韓国(43%)、3番目がインド(40%)でした。 続きを読む…

オンラインとオフラインでのショッピングエクスペリエンス

アドビ、オンラインとオフラインでのショッピングエクスペリエンスの融合を実現する、小売業界向け新機能を発表

近年、消費者のショッピングに対する期待は高まる一方です。消費者の商品購入の方法が進化し続けており、オンラインとオフラインの店舗の両方で常に、直感的で、便利で、本格的なショッピングエクスペリエンスが求められています。アドビが実施したホリデーショッピングのAdobe Digital Insights調査(英語)によると、2016年のホリデーシーズン中に、オンラインショッピングとモバイル端末によるショッピングで記録的な売上高を記録しました(オンラインでの売上高917億ドル、モバイル端末での売上高284億3千万ドル)。つまり、小売企業は、ショッピングのデジタル化を進め、顧客に独自のパーソナライズされたショッピングエクスペリエンスを提供する必要があります。 続きを読む…

アドビ、テレビ広告プランニングプラットフォームを発表

Adobe Marketing CloudのTV Media Managementがメディア企業向けに視聴者ベースの広告販売と正確な予測を実現

テレビ番組をテレビ以外のさまざまなデバイスで視聴する人が増えています。これにより、広告主は従来のテレビ放送のみならずストリーミングサービスやテレビアプリなど様々なプラットフォームやデバイス上で、関連性のあるパーソナライズされた広告によって特定の視聴者を引き付け、ROIを向上させなければならないという課題に直面しています。放送メディア企業は、広告主を魅了するリーチ力を持っていますが、視聴者の細分化が進む中でコンテンツの効率的なプランニングや測定、マネタイズにおいて課題を抱えています。

続きを読む…