Author Archive:
Adobe Experience Cloud

モバイルコンテンツ最適化

モバイルコンテンツ最適化技術

モバイルwebに対する顧客の不満

webブラウジングがデスクトップ画面からモバイル画面に移ってから、かなり経ちましたが、まだ多くの問題が散在しています。その多くはデスクトップでも解決できなかった課題ですが、モバイルに移るやいなや、さらに顕著になっています。 続きを読む…

o2oデータ分析

O2O時代のデータ分析とデジタルマーケティング

O2O(オンライン オフライン)のデータ活用

何年か前までは比較的見慣れないマーケティング用語であったO2Oは、今では様々な分野のサービスに利用され、非常に一般的になってきました。

地域別に分類できるO2Oは、分野を問わずに顧客データを活用でき、非常に有益です。 以前は、多くの注文とそれに見合った在庫管理が可能な大企業だけが一定量以上のデータを取得し、活用することができました。規模が小さい企業は、データの蓄積自体をほとんど行っていないか、そのような必要性自体を感じていませんでした。 続きを読む…

O2Oは、顧客の経験をどのように変えているか

O2Oによりカスタマーエクスペリエンスはどのように変わるか

eコマースの普及

インターネットが普及し、インターネットを活用する商取引が登場するようになりました。現在、小規模なオンラインショップから大規模なオンラインショッピングモールまで、その形態は多様です。

消費者は直接価格を比較して、手頃な価格で購入したり、国境を越えてオンラインで取引したりしています。 しかし、これはオフラインの商品をオンラインで比較して購入するという形態でした。オフラインの売り場や知人が持っている現物を見て、購入することを決め、その後にオンラインで価格を比較して、最終的に購入する姿がよく見られました。

一方、完全にオンラインに移行することが難しい商品やサービスについては、反対に購入することをまずオンラインで決心し、最終的な消費がオフラインで行われる形態が登場し始めました。特にこのような形態は、一方通行の市場ではなく、継続的に循環する、より融合的な構造に発展しました。 続きを読む…

カスタマージャーニー

モバイルによる購買チャネルの再定義

このブログ投稿およびインフォグラフィックは、アドビパートナーであるInvocaから提供されたものです。インフォグラフィックに含まれているデータの一部は、Adobe Digital lndexおよびInvocaの2016 Call Intelligence Index(英語)から抜粋したものです。 続きを読む…

travel-and-hospitality-adobe-japan

旅行および観光業界のデジタルトレンド

旅行および観光業界は、デジタルテクノロジーをいち早く採用した分野の1つでした。技術に長け、ソーシャルメディア通である旅行者のニーズに確実に対応するためのテクノロジーです。「共有」経済(例としてウーバーやエアビーアンドビー)に伴って、オンラインの旅行代理店のようなデジタル形式のみの企業での混乱が見られます。これは、旅行会社が頻繁に起こる変化に対し継続して適応するために、デジタルの提供を進化させる必要があるということを示唆しています。 続きを読む…