Posts in Category "Advertising Cloud"

Bux フィンテックの新興企業CPAを改善

フィンテックの新興企業がCPAを劇的に改善

buxのモバイルウォレットアプリの開発陣が目指しているのは、あらゆる人がお金を容易かつ安全に移動できるようにすることだ。

とはいえ、新たな顧客を引き込むためには、複雑な問題を解決する必要がある。buxは、安全な資金移動を実現するこのグローバルなゲートウェイを宣伝するために、30ヶ国の数十に及ぶ顧客セグメントにリーチしようと考えている。しかし、検索広告やディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告などでキャンペーンを管理するために、複数の異なるツールを使用するようなコストや時間をかけたくない。

そんな中、同社はあらゆるソースやチャネルをまたいでメディアバイイングを自動化できる統合された基盤、Adobe Advertising Cloudに活路を見出した。Advertising CloudのSearch機能は、自動化やシミュレーションなどの機能によって検索エンジンマーケティングの最適化を支援する。Adobe Advertising Cloudのデマンドサイドプラットフォームを使用すれば、ディスプレイやソーシャルなどのチャネルをまたぎ、広告を一元的に計画、実行、最適化、測定できる。

buxのCMOを務めるダニカ・ホートン氏は、「Adobe Advertising Cloudによって3つのチャネルをまたいで広告を一元的に管理し、マーケティングを集中すべきポイントを把握できるようになったことは、当社にとって非常に重要です。導入した当時のCPAは600ドルでしたが、Adobe Advertising CloudのSearch、Social、Displayによって戦略を改善した結果、CPAは40ドルにまで下がりました」と述べている。

Adobe Analytics CloudにAdobe Analyticsが追加されたことにより、buxは獲得した新規顧客を追跡し、アプリの使用実態を詳細に把握して顧客体験を向上させることができるようになった。同社では現在、Adobe Audience ManagerやAdobe Targetなどを含むAdobe Experience Cloudソリューションを、オーディエンスのセグメンテーションやメッセージのパーソナライゼーションの向上に役立てることも検討している。

Advertising Analyticsで正確なアトリビューション分析が可能に

多くのブランドにとって、新規顧客へのリーチと既存顧客のリテンションに最も有用で信頼がおける施策のひとつが検索連動型広告です。2017年には全世界で924億ドル(英語)(日本円で約10兆円)が使われたと予測されています。その価値は明白で、マーケティング戦略に影響を及ぼすにもかかわらず、多くの企業は検索連動型広告のパフォーマンスの全容の把握に苦闘しています。それは異なるウェブサイトや流入経路からの貢献を横断的に評価することが困難だからです。

続きを読む…

adobe advertising cloud tubemogul dsp

Adidasのグローバルメディアディレクター、サイモン・ピール氏によるAdobe Advertising Cloud Q&Aセッション

質問1:Adidasはなぜ、DSPにTubeMogul(現Adobe Advertising Cloud)を選択されたのでしょうか。

回答1:  当社は数年をかけ、包括的な広告技術のフレームワーク構築に向けた取り組みを進めてきました。当社独自のDSPパートナーシップの確立は戦略的な選択です。また、プログラマティックメディアは、当社のメディア専門家も長年注目してきた市場領域になります。

続きを読む…

オムニチャネル型デマンドサイドプラットフォーム分野のForrester WaveレポートでAdobe Advertising Cloudが「リーダー」に選ばれる

複数の広告テクノロジーベンダーと取引するマーケターから、異なるプラットフォームの調整や複数チャネルへの広告支出を効率的に管理するのが大変だ、という不満を聞くことが増えています。最新のAdobe Digital Insights(ADI)の調査「Digital Advertising Report 2017」によると、マーケターの41%は、メディア買付、メディアプランニング、アナリティクスに関してそれぞれ3つ以上のプラットフォームを使用して業務を行っています。 続きを読む…

デジタル広告管理をリードする、Adobe Media Manager最新版

広告主の成功のために

デジタルマーケティング分野の動きはダイナミックなため、新しい概念や仕組みを表現する、さまざまな用語が飛び交っています。アドテク分野の用語「プログラマティック(programmatic)」もそのひとつでしょう。広告にはふたつの側面、サプライサイド(媒体側)とデマンドサイド(広告主側)がありますが、この記事で取り上げるのは後者、広告主側のデジタル広告管理を最適化する、アドビのソリューションについてです。

アドビは、広告主企業の広告投資から得られるリターンを最大化させるという目的のために、Adobe Marketing Cloudの一部としてデジタル広告管理ソリューションを位置付けています。これは2012年1月に完了したEfficient Frontier社の買収がもとになっています。
当時から既に、サーチ(検索連動型広告)、ディスプレイ広告、ソーシャル広告というクロスチャネルに対する、強力な科学的アルゴリズムをベースにした広告投資最適化の能力は、高く評価されていました。
さらにアドビは、その後もこのテクノロジーへのイノベーションに取り組んでいたわけですが、このたび、買収以来最大となるアップデートを行いました。その具体的な内容を、アドビのデジタル広告ソリューション分野のプロダクトマーケティングのディレクター、ティム ワデル(Tim Waddell)によるブログ記事の翻訳でご紹介します。


※以下はWhat’s New in Adobe Media Optimizerの翻訳です。

続きを読む…