Posts in Category "Analytics Cloud"

Adobe Analytics新機能で、さらなるインサイトを扱いやすく

データ活用は、データの民主化から

データはデジタル時代のマーケティング活動において欠かすことのできない資源です。webをはじめモバイルアプリ、電子メール、店舗内スクリーンなど、企業の提供する様々なデジタル顧客接点で、顧客の動向はデータとして収集することができます。しかし当然ながら、データは収集するだけでは役に立ちません。データを分析し、そこから何らかの意味を読み取って、次のアクションに生かしてこそ、データは役に立ちます。

続きを読む…

Facebook インスタント記事とAdobe Analytics

※以下はUS Digital Marketing Blog「Facebook Instant Articles and Adobe Analytics」の翻訳です。

かつてFacebookとGoogleがよりスピーディなモバイルエクスペリエンスを提供すると共同声明を発表したとき、アドビは静かに称賛し、市場の動向を見守りました。Facebookの計画を知った多くの媒体社は早急の導入を検討しました。媒体社の業績を左右するのは、人を引き付けるコンテンツの制作です。記事をいち早く掲載すれば、ユーザーのエンゲージメントを即時に高めることができます。媒体社にとって、エンゲージメントを高めることは収益の向上につながり、オーディエンスの関心を得るチャンスでもあり、一考の価値があるのです。

続きを読む…

モバイルWebを高速化させるAMPに、Adobe Analyticsが対応

※以下はUS Digital Marketing Blog「Adobe Analytics is ready for Accelerated Mobile Pages」の翻訳です。

 

モバイル社会にふさわしいモバイル体験を

続きを読む…

デジタルエクスペリエンスへの取り組み、自社は外向き?内向き?

「デジタルエクスペリエンス」という言葉は、カタカナの少し取り付きにくいものですが、日本でもだいぶ浸透してきたのではないでしょうか。ではそこに「プラットフォーム」という言葉が付くとしたら、いかがでしょうか。これは、デジタル時代の課題に応える新興テクノロジー分野に対して命名された、比較的新しい言葉です。企業活動の効率化にはITが欠かせない現代にあって、それはどのようなテクノロジーなのでしょうか。注目すべきこのトレンドを、米調査会社Forrester Research(フォレスター リサーチ)の新しいレポートをもとにご紹介します。

 

※ご案内:
Forrester社は当初、当レポートを英語版のみで発表していますが、同社より日本語版がリリースされました。こちらからご覧ください。

続きを読む…

複雑な業務を簡単に。これからのビジネスに必要とされるアナリティクスの有り方

パソコン、インターネット、モバイルデバイスの歴史にも見られるように、時代を動かす革新的な技術と言うものは始め高度なもので、誰もが直ぐに利用することができるものではありませんでした。新技術が提供するメリットを享受できるのは、一部の特別な知識を持った人に限られていました。このような技術も、そのメリットがより多くの人に理解され、技術革新を重ねることで大衆に広がり、やがては誰もが手にし利用するものになっていくのです。アナリティクスの技術も同じような発展を遂げ、今まさにより多くの人の手に届く、過渡期を迎えていると言えます。

アナリティクスの世界でかつては、貢献度などの高度な分析は統計学やプログラミングの知識を持つデータサイエンティストの物でした。しかしながら、ビジネスに必要とされているアナリティクスの基準が上がるにつれて、一般のマーケターでも高度な分析を必要とされる時代になってきています。アドビでは、このようなビジネスとマーケターのニーズを受けて、誰でも高度な分析をこなすことができるための機能の開発を続けています。

本記事では、今年のAdobe Summitで発表されたマーケターのためのAdobe Analytics 「貢献度分析」機能について、Adobe Analytics シニアプロダクトマネージャー John Batesの翻訳記事を持ってお届けします。

続きを読む…