Posts in Category "Adobe Marketing Cloud"

Adobe Digital Index: モバイルTV Everywhereに関する調査

paar spielt am handy und tablet

モバイルにおけるTV Everywhereの視聴実態は、「どこでも」ではなく「一か所」であることが判明

 

【2016年6月21日】

アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Index (ADI) 」として公開しています。この度、テレビ番組や映像コンテンツをさまざまなデバイスで視聴を可能にする、放送事業者によるネット配信サービスであるTV Everywhereに関する調査を実施しました。「どこでも」視聴できることを定義の一つとしていたTV Everywhere視聴の多くは、ある一つのロケーションで発生しており、移動しながらモバイル経由でTV Everywhereを視聴している人はわずかであることが明らかになりました。

Continue reading…

アドビ、Appleと協力してTV Everywhereユーザーエクスペリエンスを向上

adobe-tv-everywhere-01

※以下は、Adobe Primetime シニア プロダクト マネージャーであるホリア ガラタヌ(Horia Galatanu)によるブログ 「Adobe and Apple Working Together to Advance the TV Everywhere User Experience」の翻訳です。

 

アドビは、消費者がより簡単にTV Everywhere(TVE)を楽しみ、TVEの可能性を最大限に生かす上で妨げとなっている課題に対処するため、Appleと共同で取り組んでいくこととなりました。

Continue reading…

Adobe Digital Index: UEFA Euro 2016に関する調査

1046x616_Euro_2016

ソーシャルメディア調査で、優勝国予想はドイツ、最も人気な選手はドイツ代表 メスト エジル選手であることが明らかに

 

【2016年6月10日】

アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Index (ADI) 」として公開しています。この度、UEFA Euro 2016に関するデジタルトラフィックを分析、予測しました。本レポートでは、今後開催される大規模なスポーツイベント向けて、マーケティング担当者がどのようにデータを活用し、消費者の行動を理解することができるかを考察しています。

Continue reading…

Adobe Digital Index: ヨーロッパの夏季休暇に関する調査

Tropical beach

【2016年5月27日】

アドビは、定期的に企業のマーケティング動向をAdobe Marketing Cloudを活用して調査し、「Adobe Digital Index (ADI) 」として公開しています。この度、ヨーロッパにおける夏季休暇に関する調査を実施し、米国人と比較してヨーロッパ人は、夏季休暇によりお金をかけることが分かりました。

Continue reading…

アドビ、米国経済におけるデフレの兆候を報告

001

4月の消費財価格は下落傾向を示す

※以下は、2016年5 月18日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2016年5月25日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:インフレ率は常に変動しており、オンラインショッピングの急増に大きく左右されます。しかしながら、従来の経済レポートでは、価格や数量の変動と実際の消費者行動をリアルタイムで把握できないため、小売業者の倒産やパソコン市場の軟調といった主要な市場の変化が及ぼす影響を迅速に測定することができません。それに対して、アドビが毎月発行するDigital Price Index(DPI)は、オンラインによる購入価格と数量をリアルタイムで測定します。DPIは、シカゴ大学ブースビジネススクール経済学教授でオバマ米大統領経済諮問委員会の元委員長であるオースタン グールズビー(Austan Goolsbee)氏と、スタンフォード大学経済学部教授であるピート クレノー(Pete Klenow)氏の2名の経済学者の協力を得て開発されました。

Continue reading…

Adobe Marketing CloudにVRとARの機能を追加

AdobeStock_100611751-e1463173535310-1200x675

※以下は、Adobe Primetime マーケティングディレクターであるキャンベル フォスター(Campbell Foster)によるブログ 「Adobe Announces VR and AR Capabilities in Marketing Cloud」の翻訳です。

 

仮想現実(VR)と拡張現実(AR)は、テクノロジーに携わる者にとって有望な投資対象であり、昨今話題のトピックスです。VRとARは、顧客体験に新たな変革をもたらすと期待されていますが、その見解は調査でも証明されています。The Diffusion Groupによると、世界のVRのユーザー数は2025年までに約2億7,500万人に、対応デバイスの年間出荷台数は約7,000万台(2016年は500万台)に達すると予想されています。こうした傾向が今後も続いた場合、VRとARは瞬く間に目新しい技術から当たり前の技術になるでしょう。

Continue reading…

顧客体験中心のビジネスを加速するAdobe SignとAdobe Experience Manager Formsの連携

Image-Fueling-the-Connected-Economy-e1461022099310-1200x675

今は「Experience Business(顧客体験中心のビジネス)」の時代です。人々はそこで自分が関心を持つブランドや企業とあらゆるタッチポイントでシームレスにつながった体験を求めています。デジタルエコノミーによって、そのレベルがさらに高くなり、デジタルがあらゆるブランド企業の製品体験において不可欠となりました。

制度上、入力書式(フォーム)、書類、署名を用いた手続きが必要とされる政府機関、金融サービス、医療をはじめとする様々な業界において、このシームレスに連続した体験に応えることが期待されています。消費者は、政府機関や銀行、医師とのコミュニケーションも、他のデジタル体験と同じように、効率的でモバイルデバイス用に最適化された方法で行うことを期待するようになっています。

Continue reading…

キャンペーン管理市場でアドビは3年連続リーダーを獲得

注目されるキャンペーン管理分野

膨大なマーケティングテクノロジー分野のなかで、「キャンペーン管理」と呼ばれる市場の注目が高まっています。日本では「マーケティングオートメーション」という表現で呼ばれることが多いようです。呼び名はいろいろありますが、企業が顧客とコミュニケーションすることで、顧客一人ひとりのカスタマージャーニーを先に進めることを目的とするのがキャンペーン管理です。
顧客体験がもっとも重視されるこのデジタル時代に、なくてはならない存在になってきたことが、注目の理由でしょう。

Continue reading…

アドビ、米国経済の3月のインフレ率を発表

adieconomicindicatorreport-160413221736_Page_01

 

Digital Price Index(DPI)の新カテゴリーとして、家電製品、おもちゃ、家具類、寝具類を追加し、米国経済のリアルタイムな分析を実施

※以下は、2016年4月14日に弊社米国本社から発表されたプレスリリースの抄訳です。

 

【2016年4月19日】

米国カリフォルニア州サンノゼ発:企業はこれまでにないスピードで技術革新を行い、新製品を投入し、消費者はオンラインでより多くの製品を購入しています。こうした状況に関わらず、既存のインフレレポートは、そうしたオンライン販売に関するデジタルデータ、リアルタイムの製品価格や製品の変更が反映されていませんでした。これを踏まえ、アドビは、精度の高い米国の景気動向分析を行うDigital Economy Projectの一環として、Digital Price Index(DPI)を毎月発表しています。DPIは、シカゴ大学ブースビジネススクール経済学教授でオバマ米大統領経済諮問委員会の元委員長であるオースタン グールズビー(Austan Goolsbee)氏と、スタンフォード大学経済学部教授であるピート クレノー(Pete Klenow)氏という2名の経済学者の協力を得て開発されました。 Continue reading…

Facebook インスタント記事とAdobe Analytics

fb_instant_article_001

※以下はUS Digital Marketing Blog「Facebook Instant Articles and Adobe Analytics」の翻訳です。

かつてFacebookとGoogleがよりスピーディなモバイルエクスペリエンスを提供すると共同声明を発表したとき、アドビは静かに称賛し、市場の動向を見守りました。Facebookの計画を知った多くの媒体社は早急の導入を検討しました。媒体社の業績を左右するのは、人を引き付けるコンテンツの制作です。記事をいち早く掲載すれば、ユーザーのエンゲージメントを即時に高めることができます。媒体社にとって、エンゲージメントを高めることは収益の向上につながり、オーディエンスの関心を得るチャンスでもあり、一考の価値があるのです。

Continue reading…