Posts in Category "Adobe Analytics"

モバイルデバイス向けにコンテンツを素早く届けるAdobe Digital Publishing Solution(DPS)

 

スライド1

タブレットが市場を賑わせ始めた数年前、コンテンツ閲覧型アプリを制作/配信するにあたり、プログラミング無しで動きのあるコンテンツが作成でき、タグ付け無しで解析データが取れるソリューションとしてAdobe Digital Publishing SuiteDPSは登場しました。お陰様で電子雑誌、カタログ等、様々な企業で、ユーザーとのエンゲージメントをはかるためにご活用いただいています。

出発点はクリエイター向けと言うことでCreative Cloudの中から登場しましたが、ビジネス効果を計る上でAdobe Analyticsとの連携を始め、Adobe Experience Manager apps (AEM Apps)にも含まれるなど、Adobe Marketing Cloudとも非常に親和性の高いソリューションです。

そんなAdobe Digital Publishing Suiteですが、この夏、Adobe Digital Publishing Solutionと名称を変えて再ローンチします。これに合わせてβ版の公開を開始しました

英語環境で7月下旬までの期間限定ですが、こちらから登録すると、どなたでも利用可能です。

DPSは紙のコンテンツの電子化(アプリ化)をコンセプトに出発しましたが、世界中で様々なユーザーに活用されフィードバックを得る中で、よりモバイルデバイスに最適化されたコンテンツ体験をユーザーに届けるソリューションへと進化しました。アプリを使う側、アプリを配信する側、それぞれの思いに応える形での新DPSの登場です。

現在はパイロットアプリFast Companyのみですが、近日中に様々な企業のアプリが登場予定。モバイル戦略の一環としてアプリを検討している企業の皆さん、ご期待下さい!

 

複雑な業務を簡単に。これからのビジネスに必要とされるアナリティクスの有り方

160331372-e1425964162340-1200x675

パソコン、インターネット、モバイルデバイスの歴史にも見られるように、時代を動かす革新的な技術と言うものは始め高度なもので、誰もが直ぐに利用することができるものではありませんでした。新技術が提供するメリットを享受できるのは、一部の特別な知識を持った人に限られていました。このような技術も、そのメリットがより多くの人に理解され、技術革新を重ねることで大衆に広がり、やがては誰もが手にし利用するものになっていくのです。アナリティクスの技術も同じような発展を遂げ、今まさにより多くの人の手に届く、過渡期を迎えていると言えます。

アナリティクスの世界でかつては、貢献度などの高度な分析は統計学やプログラミングの知識を持つデータサイエンティストの物でした。しかしながら、ビジネスに必要とされているアナリティクスの基準が上がるにつれて、一般のマーケターでも高度な分析を必要とされる時代になってきています。アドビでは、このようなビジネスとマーケターのニーズを受けて、誰でも高度な分析をこなすことができるための機能の開発を続けています。

本記事では、今年のAdobe Summitで発表されたマーケターのためのAdobe Analytics 「貢献度分析」機能について、Adobe Analytics シニアプロダクトマネージャー John Batesの翻訳記事を持ってお届けします。

Continue reading…

ビジネスにイノベーションを起こすAdobe Analyticsの新機能「分析ワークスペース」

freeform-analysis-header-1200x675

イノベーションはいつでも、それまでの常識や既存のフレームワークを取り払い、過去にない新たな価値を生むところから始ります。初めはその価値は小さなもので、気にとめるようなものでは無いかもしれません。しかし、その価値を理解し利用する者が増え育てることで、既存のフレームワークを凌駕するほどの威力を発揮するものへと成長します。

想像をしてみて下さい。社内の誰もがアクセスし、顧客の自社Webサイト/モバイルサイト/アプリでの行動、オンライン/オフラインを含めた購買履歴、外部のメディアやソーシャルメディアでの活動を、まとめて簡単に素早く分析し、仮説をたて活動に移せるような環境を。Adobeは、先月行われたAdobe Summit 2015のSneaksセッションで紹介した、Adobe Analyticsの新機能「分析ワークスペース」(現在はβ版)でこれを実現します。

顧客環境のデジタル化が進むにつれて、組織の中でアナリティクスや分析の業務は一部の限られた専門家だけのものではなく、ビジネスに関わる誰もが活用するものへと進化しています。そのような環境の中でAdobeは「分析ワークスペース」を通して、専門知識を持たない利用者でも簡単にそれでいて十分に、分析を行うことができるための機能を発表して行きます。その第1弾として発表したのが本ブログ投稿で紹介をする「フリーフォーム分析」機能です。本機能の全容と今後の展望について、Adobe AnalyticsのシニアプロダクトマネージャーBen Gainsのブログの翻訳を通してご覧ください。

Continue reading…

Adobe Summit 2015 3日目

アドビが主催する世界最大のデジタルマーケティングイベント「Adobe Summit」は、最終日となる米国時間3月12日を迎え、閉幕しました。名残惜しさを残しつつ週末に向かう高揚感をかもしだすソルトレイクシティから、現地でこそ体験できる会場の様々な表情のごく一端をお伝えします。この記事を読まれたみなさまが、来年もAdobe Summitにリピーターとして、あるいは新たなコミュニティの一員として、ご参加されることを願っております。

Continue reading…

Adobe Summit 2015 1日目

アドビが主催する世界最大のデジタルマーケティングイベント「Adobe Summit」が、米国時間3月10日、今年もソルトレイクシティで開幕しました。初日の模様を現地からお届けします。

Continue reading…

モバイルマーケティング活用術その3:科学の時代に勘に頼るのはなぜ?

モバイルアプリのPDCA

「モバイルはマーケターにとって、新しい重要なチャネルにる」と言われ始めてから、ずいぶん時間がたちました。もはや誰もが、その重要性については自然に受けてとめており、ことさら言うまでもありません。問題は、「なぜ」ではなく「どうやって?」の部分でしょう。

特にモバイルアプリを、機動力の求められるマーケティング活動のPDCAサイクルに組み込むには、注意が必要です。アプリをいったん開発、公開、提供してしまったら、新たなアイデアに基づいてアプリに手を加えて施策を改善しようとしても、特別な仕掛けがなければ、容易にはいかないものです。ちょっとしたアイデアを試すために、アップデート版を開発し、改めてアプリ利用者にダウンロードしてもらう、という手間を強いなければなりません。

そうしたモバイルアプリのマーケティング施策の改善と最適化を容易にする仕掛けが、Adobe Marketing Cloudのコアサービスに含まれる「Mobile services」です。2014年はじめに登場したこのサービスを活用した、モバイルマーケティングの実践方法をご紹介するシリーズのまとめを、Strategic Marketing leadのレイ パン(Ray Pun)によるブログ記事の翻訳でご紹介します。

Continue reading…

フォレスターの新レポート「Forrester Wave: デジタルエクスペリエンス提供プラットフォーム、2014年第3四半期」で、アドビは「実力者」の評価

Forrester Wave Digital Experience Delivery

エクスペリエンスの時代

「顧客中心」という経営課題は目新しいものではありませんが、ビジネス環境が顧客主導へとシフトした今、企業に問われているのは、いかに顧客に選ばれるための全社的な努力を持続できるか、でしょう。そのために欠かせないキーワードとして、「エクスペリエンス(experience)」というキーワードが注目度を増しています。

一般に日本で見られる様々なトレンドは、北米や欧州で注目されたトピックが少し時間を置いてやってくることが多いものですが、顧客エクスペリエンスの重視、というトレンドもその一例ではないかと思います。
そのトレンドの進化を予見するかのように、米調査会社のフォレスター社が、新たな動きを見せました。 Continue reading…

Adobe Analyticsは、Webアナリティクス分野の「リーダー」

50824_forrester_wave_ingram_blogv2

この度、独立系調査機関であるForrester Researchが行う「Forrester Wave™: Webアナリティクス、2014第2四半期」において、Adobe AnalyticsがWebアナリティクス分野の「リーダー」として選出をされました。調査カテゴリーの「現行の製品」「戦略」「市場におけるプレゼンス」の全3分野で首位となった他、全75項目の詳細の評価項目のうち、66項目で最高得点を獲得しました。

Forresterの本調査において、「デジタル戦略の策定と実行にはWebアナリティクスが不可欠」と述べています。デジタルマーケティングが、Webアナリティクス、パーソナライゼーション、エクスペリエンスと領域を拡大する中でも、Webアナリティクスは依然中核を担う領域であると言えるのでは無いでしょうか?また、テクノロジーが成熟する中でアナリティクスベンダーは、差別化を図るためには予測分析やモバイルアプリのサポートなど高度な機能をサポートする必要があるとも述べています。

では、Adobe Analyticsが他のベンダーと比較してどのような点において評価されたのでしょうか?本投稿より数回に渡って「Forrester Wave™: Webアナリティクス、2014第2四半期」で評価されたポイントとAdobe Analyticsの機能について紹介をして行きます。今回は、Anlaytics & Social Vice PresidentのBill Ingramのブログをご紹介します。

Continue reading…

デジタル広告管理をリードする、Adobe Media Manager最新版

Adobe Media Manager最新版

広告主の成功のために

デジタルマーケティング分野の動きはダイナミックなため、新しい概念や仕組みを表現する、さまざまな用語が飛び交っています。アドテク分野の用語「プログラマティック(programmatic)」もそのひとつでしょう。広告にはふたつの側面、サプライサイド(媒体側)とデマンドサイド(広告主側)がありますが、この記事で取り上げるのは後者、広告主側のデジタル広告管理を最適化する、アドビのソリューションについてです。

アドビは、広告主企業の広告投資から得られるリターンを最大化させるという目的のために、Adobe Marketing Cloudの一部としてデジタル広告管理ソリューションを位置付けています。これは2012年1月に完了したEfficient Frontier社の買収がもとになっています。
当時から既に、サーチ(検索連動型広告)、ディスプレイ広告、ソーシャル広告というクロスチャネルに対する、強力な科学的アルゴリズムをベースにした広告投資最適化の能力は、高く評価されていました。
さらにアドビは、その後もこのテクノロジーへのイノベーションに取り組んでいたわけですが、このたび、買収以来最大となるアップデートを行いました。その具体的な内容を、アドビのデジタル広告ソリューション分野のプロダクトマーケティングのディレクター、ティム ワデル(Tim Waddell)によるブログ記事の翻訳でご紹介します。


※以下はWhat’s New in Adobe Media Optimizerの翻訳です。

Continue reading…

ビデオ計測のアプローチ #2 (USブログ記事紹介)

前回の記事では、なぜビデオの計測が重要なのか、またどんな項目を計測するのか、といった内容をご紹介しました。

その続きとして今回は、どのように計測するのか、という点をご案内します。 Continue reading…