Posts in Category "Adobe Experience Manager"

オンラインとオフラインでのショッピングエクスペリエンス

アドビ、オンラインとオフラインでのショッピングエクスペリエンスの融合を実現する、小売業界向け新機能を発表

近年、消費者のショッピングに対する期待は高まる一方です。消費者の商品購入の方法が進化し続けており、オンラインとオフラインの店舗の両方で常に、直感的で、便利で、本格的なショッピングエクスペリエンスが求められています。アドビが実施したホリデーショッピングのAdobe Digital Insights調査(英語)によると、2016年のホリデーシーズン中に、オンラインショッピングとモバイル端末によるショッピングで記録的な売上高を記録しました(オンラインでの売上高917億ドル、モバイル端末での売上高284億3千万ドル)。つまり、小売企業は、ショッピングのデジタル化を進め、顧客に独自のパーソナライズされたショッピングエクスペリエンスを提供する必要があります。 続きを読む…

CMS/WCMベンダー評価2017年で、Forresterがアドビをリーダー評価

WCM市場のいまとこれから

特定の市場カテゴリーは、あるアイデアやイノベーション、ないしは課題やニーズから生まれ、顧客が増えることで存続、成長していきます。これは当然ながらテクノロジー領域にも当てはまります。企業のwebサイトを構築するためのシステムとして生まれたのが「webコンテンツ管理(WCM)」や「コンテンツ管理システム(CMS)」と呼ばれる市場カテゴリーです。

このWCM/CMSという市場には、アドビも2010年にDay Softwareというソフトウェアベンダーを買収したことにより参入しましたが、この前進となったDay Softwareは1993年の設立と、実に四半世紀近く前から粛々とイノベーションを続けてきました。
続きを読む…

顧客体験中心のビジネスを加速するAdobe SignとAdobe Experience Manager Formsの連携

今は「Experience Business(顧客体験中心のビジネス)」の時代です。人々はそこで自分が関心を持つブランドや企業とあらゆるタッチポイントでシームレスにつながった体験を求めています。デジタルエコノミーによって、そのレベルがさらに高くなり、デジタルがあらゆるブランド企業の製品体験において不可欠となりました。

制度上、入力書式(フォーム)、書類、署名を用いた手続きが必要とされる政府機関、金融サービス、医療をはじめとする様々な業界において、このシームレスに連続した体験に応えることが期待されています。消費者は、政府機関や銀行、医師とのコミュニケーションも、他のデジタル体験と同じように、効率的でモバイルデバイス用に最適化された方法で行うことを期待するようになっています。

続きを読む…

新製品Adobe Experience Manager Mobileを発表

Adobe Experience Manager Mobileのシニアディレクターであるニック ボガティ(Nick Bogaty)によるブログ記事を翻訳でご紹介します。

※以下はUS Adobe Experience Manager Mobile Blog「Announcing Adobe Experience Manager Mobile」の翻訳です。

 

続きを読む…

デジタルエクスペリエンスへの取り組み、自社は外向き?内向き?

「デジタルエクスペリエンス」という言葉は、カタカナの少し取り付きにくいものですが、日本でもだいぶ浸透してきたのではないでしょうか。ではそこに「プラットフォーム」という言葉が付くとしたら、いかがでしょうか。これは、デジタル時代の課題に応える新興テクノロジー分野に対して命名された、比較的新しい言葉です。企業活動の効率化にはITが欠かせない現代にあって、それはどのようなテクノロジーなのでしょうか。注目すべきこのトレンドを、米調査会社Forrester Research(フォレスター リサーチ)の新しいレポートをもとにご紹介します。

 

※ご案内:
Forrester社は当初、当レポートを英語版のみで発表していますが、同社より日本語版がリリースされました。こちらからご覧ください。

続きを読む…