Posts in Category "Adobe Experience Manager"

アセットを効果的に活用して、顧客エンゲージメントを強化しよう

アセット管理最新機能

Webサイトを魅力的な場所にしておくと、訪問した将来の見込み顧客を引き付け、興味を高め、ブランドへの好印象を持続させ、あるいは強化させることができます。先日ご紹介した『消費者行動調査2014』によれば、「Webサイトが備えていると魅力的に感じる機能」を聞いたところ、「商品を様々な角度から見たり、色を切り替えられる」「オプションなどを含め見積もれる」といったようなリッチな体験に対して、8割の消費者が「魅力を感じる」と回答しています。また、「商品を動画で紹介」も6割が好印象を持っていました。 Continue reading…

デジタルエクスペリエンスのためのWebコンテンツ管理分野に関するForrester Waveレポート最新版でも、アドビは「リーダー」

WCM市場の最新トレンド

テクノロジー史に詳しい方なら、Web誕生の起源は今から約25年前ほど前、1989年頃にさかのぼるということをご存知でしょう。また、Webが一般消費者へ広まるきっかけといえば、今から約20年前、1995年にリリースされたWindows 95が思い当たります。
四半世紀を経て、Webは至るところに広がりました。言うまでもなく、あらゆる人々にとって身近で欠かせない、便利で、インタラクティブな存在となりました。そのWebというエクスペリエンスを実現するのが、誕生当初から続くブラウザーとサーバーの関係であり、その進化系と言えます。例えばネット対応STBやWeb TV、ゲーム機、ある種のデジタルサイネージや店頭端末、あるいは、ブラウザー内蔵型のハイブリッドモバイルアプリなどです。ウェアラブルデバイスの時代が来れば、また様相も変わることでしょう。 Continue reading…

調査から明らかになった、現代の消費者行動に影響を及ぼす重要な要素

捉えにくい消費者行動を見る

このたびアドビは、グローバルではなく日本市場に特化した取り組みとして、消費者行動とデジタルメディアとの関係について調査を実施し、その結果を発表しました。この記事では、この調査の背景について少しお伝えします。

古典的な消費者行動のモデルとして、「AIDA」や「AIDMA」といった法則があります。これらの法則は、今から100年ほども前に提唱されました。インターネットが普及した今世紀以降も、時代に即したさまざまなモデルが議論されています。社会の動きがこれほど早い今日でも、こうした法則がしばしば議論されるのはなぜでしょうか。 Continue reading…

企業と消費者の関係を変える データを活用したデジタルマーケティングの未来

adobe-lpf.secondary-imagery.guide-sendenkaigi-onojoji従来、顧客データを活用したマーケティングは、Customer Relationship Management(CRM)として企業が持つ顧客データ(属性情報、購買情報など)を活用し、長らくIT部門を中心に発展をしてきました。そんな、CRMの領域においても、近年の顧客環境のデジタル化による取得可能なデータの多様化、SNSなどの顧客間でのコミュニケーション手法の変化に伴い、CRMが網羅すべき領域の拡大とデジタルマーケティングの重要性が叫ばれています。
Continue reading…

ガートナー発表、Webコンテンツ管理分野のマジッククアドラントで、アドビは「リーダー」評価

Adobe Positioned as a Leader in Gartner’s Magic Quadrant for Web Content ManagementWCM選定の羅針盤

スマートフォンやタブレットの普及に伴い、企業と顧客が出会うデジタル顧客接点の代表も、従来のPC向けWebサイトからモバイルWebサイトへと移ってきました。また、Webではなくモバイルアプリを使うという習慣もすっかり定着しましたし、新たなデジタルチャネルも次々と登場してきます。マーケターにとって、こうした今後の市場環境の変化は、引き続き見逃せないところでしょう。

そうした変革の中、デジタル顧客接点と言えば、今のところはWebが代表と言えるのかもしれません。そこで現在、顧客にとって魅力的なやり取りができるような窓口としてWeb(を始めとするデジタルの顧客接点)を効率的に改善、強化しようとしたとき、欠かせないのがWebコンテンツ管理(WCM)という分野のソリューションです。
そして、企業がWebを改善、強化するためにWCMを選定しようとしたとき、今と将来の双方を見据えて、様々な選択肢から検討することになります。

Continue reading…

新調査レポート「モバイルアプリケーション開発プラットフォーム」分野でも、アドビはリーダーに

マーケティングチャネルとしてのアプリ

ターゲットとなる顧客とのコミュニケーションをいかに効果的かつ効率的に行えるか、というのは常にマーケティング活動における重要な課題です。そこで、様々なチャネルの活用方法が問われることになりますが、今やすっかり普及したモバイルデバイスを、そうしたチャネルの重要なひとつとして活用すれば、一人ひとりを相手にコミュニケーションを行える可能性が広がります。特に、モバイルデバイスからすぐ利用できるモバイルアプリケーションは、企業のマーケティング活動からチャンスを掴むための、新たな可能性を秘めています。

Continue reading…

iPhone6登場間近。サイトの準備は大丈夫?

消費者は熱狂、マーケターは頭痛

日本でも噂になっている通り、間もなく新型iPhone6の発表がありそうです。
新しいモバイルデバイスの登場は、世の中で大いに盛り上がり、消費者の間で話題になります。一方で企業の側から見ると、変化はチャンスにもリスクにもなります。もっとも端的に影響が出るのはモバイルサイトでしょう。モバイルデバイスの画角は機種によってまちまちなので、どんなデバイスでもサイトの見え方が正しくなるようにコントロールするのは、なかなか大変なことです。
そして課題は、見え方だけではありません。
Continue reading…

フォレスターの新レポート「Forrester Wave: デジタルエクスペリエンス提供プラットフォーム、2014年第3四半期」で、アドビは「実力者」の評価

Forrester Wave Digital Experience Delivery

エクスペリエンスの時代

「顧客中心」という経営課題は目新しいものではありませんが、ビジネス環境が顧客主導へとシフトした今、企業に問われているのは、いかに顧客に選ばれるための全社的な努力を持続できるか、でしょう。そのために欠かせないキーワードとして、「エクスペリエンス(experience)」というキーワードが注目度を増しています。

一般に日本で見られる様々なトレンドは、北米や欧州で注目されたトピックが少し時間を置いてやってくることが多いものですが、顧客エクスペリエンスの重視、というトレンドもその一例ではないかと思います。
そのトレンドの進化を予見するかのように、米調査会社のフォレスター社が、新たな動きを見せました。 Continue reading…

Adobe Experience Manager最新版、ついに登場!

Adobe Experience Manager 6

コンテンツ管理からエクスペリエンス管理へ

「静的なwebの時代は終わった」と言われてしばらく経ちます。それはテクノロジーの変化以上に、顧客の変化がもたらしたものです。webは、コンテンツを一方的に伝える場から、何かを求めているそれぞれの顧客(つまり個客)の期待に応える、顧客接点となる時代になりました。
そこで企業基盤として求められるものも、CMSやWCMと呼ばれるシステム中心のコンテンツ管理の時代から、顧客体験中心のエクスペリエンス管理の時代へと大きく変わりました。

アドビはクリエイティブツールを事業の中心としていた頃から、「エクスペリエンス」にこだわりを持ってきました。2010年にDay Softwareを買収したときも、コンテンツ管理ではなく、エクスペリエンス管理を実現するソリューションであるということを評価し、自社のポートフォリオに加えることにしたのです。

Continue reading…

デジタル時代に求められる個客体験を創造する、Adobe Experience Manager最新版の特長

Adobe Experience Manager 6

デジタル時代に顧客が求めるもの、企業が問われていること

デジタルチャネルの普及は、人々のライフスタイルを急激に変えてきました。この変化は非常に早く、また多様化しています。B2CでもB2Bでも、こうした顧客の期待は普遍的です。そこで企業は、いやおうなくこの変化にすばやく対応していかなくてはなりません。そのためには、従来のビジネスの進め方を改善するというよりも、事業モデルや業務プロセスなどを、新たな市場環境へ対応することのできるよう、より積極的に変革していく、つまり「再創造」していく必要があるでしょう。
いつの時代も企業にとって重要なのは顧客であり、すぐれた顧客体験(カスタマーエクスペリエンス)が、短期的な収益、長期的なブランドロイヤルティにつながります。デジタル時代に、こうした顧客体験を創造していくには、何が必要となるでしょうか?
Continue reading…