Posts in Category "Adobe Media Manager"

Adobe Summit 2015 3日目

アドビが主催する世界最大のデジタルマーケティングイベント「Adobe Summit」は、最終日となる米国時間3月12日を迎え、閉幕しました。名残惜しさを残しつつ週末に向かう高揚感をかもしだすソルトレイクシティから、現地でこそ体験できる会場の様々な表情のごく一端をお伝えします。この記事を読まれたみなさまが、来年もAdobe Summitにリピーターとして、あるいは新たなコミュニティの一員として、ご参加されることを願っております。

続きを読む…

Adobe Summit 2015 1日目

アドビが主催する世界最大のデジタルマーケティングイベント「Adobe Summit」が、米国時間3月10日、今年もソルトレイクシティで開幕しました。初日の模様を現地からお届けします。

続きを読む…

デジタル広告管理をリードする、Adobe Media Manager最新版

広告主の成功のために

デジタルマーケティング分野の動きはダイナミックなため、新しい概念や仕組みを表現する、さまざまな用語が飛び交っています。アドテク分野の用語「プログラマティック(programmatic)」もそのひとつでしょう。広告にはふたつの側面、サプライサイド(媒体側)とデマンドサイド(広告主側)がありますが、この記事で取り上げるのは後者、広告主側のデジタル広告管理を最適化する、アドビのソリューションについてです。

アドビは、広告主企業の広告投資から得られるリターンを最大化させるという目的のために、Adobe Marketing Cloudの一部としてデジタル広告管理ソリューションを位置付けています。これは2012年1月に完了したEfficient Frontier社の買収がもとになっています。
当時から既に、サーチ(検索連動型広告)、ディスプレイ広告、ソーシャル広告というクロスチャネルに対する、強力な科学的アルゴリズムをベースにした広告投資最適化の能力は、高く評価されていました。
さらにアドビは、その後もこのテクノロジーへのイノベーションに取り組んでいたわけですが、このたび、買収以来最大となるアップデートを行いました。その具体的な内容を、アドビのデジタル広告ソリューション分野のプロダクトマーケティングのディレクター、ティム ワデル(Tim Waddell)によるブログ記事の翻訳でご紹介します。


※以下はWhat’s New in Adobe Media Optimizerの翻訳です。

続きを読む…

Adobe Media Managerは、Google AdWords検索クエリー仕様変更にも対応

SEM新時代

Adobe Media ManagerSEM(Search Engine Marketing: 検索連動型広告、ペイドサーチなどとも呼ばれます)はデジタルチャネルを通じて見込み顧客をサイトへ誘導する上で有効なため、多くの企業が定常的に運用していることでしょう。
一方、検索エンジン大手のGoogleが提供している広告メニューAdWordsは、様々な背景からしばしば仕様変更が行われています。マーケターとしてはそのたびに、仕様変更が自社へどのように影響するかを検討しなくてはなりません。

今日もGoogle AdWordsに大きな仕様変更が行われましたので、それが広告主にとって何を意味するのか、アドビのプロダクトイノベーション担当ディレクターのジョナサン ビーストン(Jonathan Beestion)の記事からご紹介します。

続きを読む…

広告投資のROI、Adobe AnalyticsとAdobe Media Managerの連携で16%向上

アナリティクスとSEMの組み合わせは魅力的

もともと「Web解析」という使われ方から発展した、現在のAdobe Analytics。昨年あたりからビッグデータのブームもあり、「アナリティクス」の持つ価値への期待感は、ますます高まっています。

一方で同じようにWebの世界では昔から行われてきたのが、サーチエンジン最適化(SEO)と、サーチエンジンマーケティング(SEM)運用の最適化。見込み顧客をWebサイトに引き込み、コンバージョンという成果を得るために、常に重要な施策です。SEOというのは「always on(ずっと取り組むこと)」だと言われていますが、SEMの方は、検索キーワードのリストアップを除けば、多くの作業を自動化することができます。そこで役に立つのがAdobe Media Managerです。

さて、このアナリティクスとSEM最適化を組み合わせると、何がおきるでしょう?
続きを読む…