Forresterがリアルタイム インタラクション管理(RTIM)分野でアドビを「リーダー」と評価

 

今日のブランド企業にとってマーケティングとは、認知度の獲得ではなく、ブランドの意義を明らかにすることです。消費者が求めそうだと想定したものを提供するのではなく、何を、いつ、どこで、どのように求めているかを消費者から引き出すかたちに、アプローチが変わりました。消費者が求めているのは、やってみたい、誰かと一緒に体験したい、と思うような素晴らしい体験です。人々に何かを感じさせるものであり、少し特別な気分にさせてくれるものかもしれません。つまり、消費者と企業との関わり合い、インタラクションのあり方が問われているのです。

大手調査会社であるForresterが先ごろ発表したレポート「The Forrester Wave™: Real-Time Interaction Management(リアルタイム インタラクション管理)、2017年第2四半期」において、アドビは「リーダー」に選ばれました。同レポートで、Forresterは次のように述べています。

続きを読む…

o2oデータ分析

O2O時代のデータ分析とデジタルマーケティング

O2O(オンライン オフライン)のデータ活用

何年か前までは比較的見慣れないマーケティング用語であったO2Oは、今では様々な分野のサービスに利用され、非常に一般的になってきました。

地域別に分類できるO2Oは、分野を問わずに顧客データを活用でき、非常に有益です。 以前は、多くの注文とそれに見合った在庫管理が可能な大企業だけが一定量以上のデータを取得し、活用することができました。規模が小さい企業は、データの蓄積自体をほとんど行っていないか、そのような必要性自体を感じていませんでした。 続きを読む…

O2Oは、顧客の経験をどのように変えているか

O2Oによりカスタマーエクスペリエンスはどのように変わるか

eコマースの普及

インターネットが普及し、インターネットを活用する商取引が登場するようになりました。現在、小規模なオンラインショップから大規模なオンラインショッピングモールまで、その形態は多様です。

消費者は直接価格を比較して、手頃な価格で購入したり、国境を越えてオンラインで取引したりしています。 しかし、これはオフラインの商品をオンラインで比較して購入するという形態でした。オフラインの売り場や知人が持っている現物を見て、購入することを決め、その後にオンラインで価格を比較して、最終的に購入する姿がよく見られました。

一方、完全にオンラインに移行することが難しい商品やサービスについては、反対に購入することをまずオンラインで決心し、最終的な消費がオフラインで行われる形態が登場し始めました。特にこのような形態は、一方通行の市場ではなく、継続的に循環する、より融合的な構造に発展しました。 続きを読む…

Adobe Digital Insights: 旅行業界ではクルーズが好調、ウェアラブルが新たな旅のトレンドに

アドビは、Adobe Digital Insights (ADI) の最新レポートで、旅行業界に関するトレンドを公開しました。本レポートは、2017年3月までに米国の大手旅行、航空会社、ホテル、レンタカー、クルーズ、オンライン旅行予約サイトを訪れた160億回の訪問者情報をもとに調査しています。 続きを読む…

データ管理プラットフォーム(DMP)分野のForrester WaveレポートでAdobe Audience Managerが「リーダー」に選ばれる

アドビは、先日発表されたレポート「The Forrester Wave™: Data Management Platforms(データ管理プラットフォーム)、2017年第2四半期」において、「リーダー」に選ばれました。このDMP分野のForrester WaveでAdobe Audience Managerは、3回連続でリーダーに選ばれたことになります。 続きを読む…