オムニチャネル型デマンドサイドプラットフォーム分野のForrester WaveレポートでAdobe Advertising Cloudが「リーダー」に選ばれる

複数の広告テクノロジーベンダーと取引するマーケターから、異なるプラットフォームの調整や複数チャネルへの広告支出を効率的に管理するのが大変だ、という不満を聞くことが増えています。最新のAdobe Digital Insights(ADI)の調査「Digital Advertising Report 2017」によると、マーケターの41%は、メディア買付、メディアプランニング、アナリティクスに関してそれぞれ3つ以上のプラットフォームを使用して業務を行っています。 続きを読む…

カスタマージャーニー

モバイルによる購買チャネルの再定義

このブログ投稿およびインフォグラフィックは、アドビパートナーであるInvocaから提供されたものです。インフォグラフィックに含まれているデータの一部は、Adobe Digital lndexおよびInvocaの2016 Call Intelligence Index(英語)から抜粋したものです。 続きを読む…

Adobe Digital Insights: 大画面でのTV Everywhere視聴が、モバイルからシェアを奪う

アドビは、Adobe Digital Insights (ADI) の最新レポートで、動画コンテンツをさまざまなデバイスで視聴できる動画サービス形態「TV Everywhere」 に関して調査を行い、TV Everywhere視聴において画面サイズが重要であることを明らかにしました。

 

モバイルでの動画の視聴が伸び続けているのに対し、TV Everywhere視聴の手段はモバイルデバイスから、より大きい画面を持つデバイス(例えば、コネクテッドTVのようなインターネットに接続されたテレビ)に移行しつつあります。Adobe Primetimeで集計した匿名データによると、モバイルデバイスを使用したTV Everywhere視聴者数は、過去2年間で54%から46%へと減少しています。一方、コネクテッドTVデバイスでの視聴者数は現在32%を占め、2年前から20%増加しています。 続きを読む…

アドビ、Adobe Experience Manager 6.3を提供開始し、エクスペリエンスビジネスを促進

デジタル化は消費者のブランド企業への関わり方を変化させ、人々の期待はかつてないほどに高まっています。ブランド企業は、顧客とのインタラクションのすべての瞬間をとらえ、特別な体験をいつでも提供することで長期的な関係を築くことができます。顧客のブランドロイヤルティを促すようなエクスペリエンスを提供するのが、本年3月にAdobe Summitで発表したAdobe Experience Cloudです。

続きを読む…

travel-and-hospitality-adobe-japan

旅行および観光業界のデジタルトレンド

旅行および観光業界は、デジタルテクノロジーをいち早く採用した分野の1つでした。技術に長け、ソーシャルメディア通である旅行者のニーズに確実に対応するためのテクノロジーです。「共有」経済(例としてウーバーやエアビーアンドビー)に伴って、オンラインの旅行代理店のようなデジタル形式のみの企業での混乱が見られます。これは、旅行会社が頻繁に起こる変化に対し継続して適応するために、デジタルの提供を進化させる必要があるということを示唆しています。 続きを読む…