ガートナーのwebコンテンツ管理分野のマジッククアドラントにおいて7年連続で「リーダー」に選ばれる

webコンテンツ管理は、ブランド企業のデジタルトランスフォーメーションの基盤です。業界やB2B、B2Cにかかわらず、成功を収めているブランド企業は、デジタルを活用して新しい製品、サービス、ビジネスモデルを生み出しています。その中核をなしているのが次世代の顧客体験です。 続きを読む…

Adobe Senseiによりパーソナライゼーションを変革する新機能をAdobe Targetで発表

例えばクルーズ旅行をしていたとします。そのとき、あらゆる好みやニーズが満たされたとしたら、旅行者はどう感じるでしょうか。おなかがすいた時に頭に浮かんだクラブハウスサンドイッチが勧められ、退屈していると最適なアクティビティが勧められる。そんな体験をしたら、きっと旅に満足するはずです。これぞまさに米国のクルーズ会社Carnival Cruise Lineが取り組もうとしていることです。同社はこれを、ウェアラブルデバイスやデジタルコンシェルジュを活用した新しいサービスOcean Medallion Classとして実現したいと考えています。乗客がバケーションを満喫できるよう、パーソナライズされた顧客体験をシームレスに提供しようとする取り組みです。

続きを読む…

Adobe Digital Insights: 音声認識機能は次の破壊的技術革新となるか

音声認識機能は新しいコンセプトではありませんが、人工知能 (AI) とマシンラーニングの進歩により、近年採用される機会が増えています。アドビが公開したAdobe Digital Insights (ADI) の最新のレポートによると、音声認識デバイスの市場競争が激化していることが明らかになりました。

2016年の年末商戦において、米国では音声認識デバイスがプレゼントとして人気を集めました。Amazon EchoとGoogle Homeの一般ECサイトでのオンライン売上台数は11月と12月に大幅に増加しました。年末以外の期間では、2017年5月の、売り上げ台数が前年同月比の39%増加しています。 続きを読む…

アナリティクスは次の章へ:人工知能Adobe Senseiを組み込んだVirtual Analyst

世界のあらゆる企業のアナリティクス担当者は、ますます競争が激化している環境で自社を成功させるために役立つ新しい方法を求めています。顧客と関わるさまざまなチャネルにおいて複雑化が進み、混乱するようになるにつれ、企業がアクセスできるデータ量は一見、無限に膨れ上がったように思えます。もはや「どうやってデータを収集するか?」ではなく、「収集したデータをどのように活用するか?」が問題です。今や、人と機械の関係が確立されつつあり、マーケティングの観点からは、企業はいよいよこうした新たな機会を活用して、「エクスペリエンスビジネス(顧客体験中心のビジネス)」を実現できるようになります。
続きを読む…

モバイルコンテンツ最適化

モバイルコンテンツ最適化技術

モバイルwebに対する顧客の不満

webブラウジングがデスクトップ画面からモバイル画面に移ってから、かなり経ちましたが、まだ多くの問題が散在しています。その多くはデスクトップでも解決できなかった課題ですが、モバイルに移るやいなや、さらに顕著になっています。 続きを読む…