Posts tagged "Gartner"

ガートナーのマジッククアドラントにより、マルチチャネル キャンペーン管理分野でアドビが「リーダー」と評価される

デジタル体験は、私たちの思考方法、人との関わり方、楽しみ方、働き方、そして私たちを取り巻く世界との関わり方を変えています。マーケターがカスタマージャーニーを通じて強力で魅力的な体験を提供できるかどうかが、これまで以上に重要になっています。これは難しい課題ですが、マーケターはあらゆるチャネルにおいて統合された体験を提供するために必要な専門知識や能力をアドビに求めています。

続きを読む…

デジタルマーケティング分野に関するガートナーのマジッククアドラントで、三たびリーダーに

イノベーションが続くデジタルマーケティング分野

今年もデジタルマーケティング分野のいまの姿をあらわすレポートが、米調査会社ガートナー社(Gartner)から発表されました。
一般に、イノベーションやソリューション展開が活発な市場領域では、様々なベンダーが割拠することになります。そのような活性化している市場領域では、市場の様相もしばしば移り変わるため、調査会社はそのベンダー動向について、客観的な立場から評価しています。デジタルマーケティングもそうした活性化している市場領域です。今回ご紹介するのは、ガートナー社が「デジタルマーケティング ハブ」と定義した市場領域に関するベンダー評価レポートです。2015年から提供がはじまり、2016年に続き今年で三回目となります。
続きを読む…

キャンペーン管理市場でアドビは3年連続リーダーを獲得

注目されるキャンペーン管理分野

膨大なマーケティングテクノロジー分野のなかで、「キャンペーン管理」と呼ばれる市場の注目が高まっています。日本では「マーケティングオートメーション」という表現で呼ばれることが多いようです。呼び名はいろいろありますが、企業が顧客とコミュニケーションすることで、顧客一人ひとりのカスタマージャーニーを先に進めることを目的とするのがキャンペーン管理です。
顧客体験がもっとも重視されるこのデジタル時代に、なくてはならない存在になってきたことが、注目の理由でしょう。

続きを読む…

デジタルマーケティング分野の最新レポートで、今年もガートナーがアドビを「リーダー」評価

2016年を迎えて早々に、デジタルマーケティング業界のいまの姿をあらわす、最新レポートの情報が入ってきました。
その名も「デジタルマーケティング ハブ」という名称で、昨年に続いて今年で2回目のレポートとなっています。

2015年を通じて、「デジタルマーケティング」という言葉は日本でもかなり浸透してきました。実際、グーグルトレンドで見てみると、ここ数年で最大の検索ボリュームがあったことがわかります。これは、アドビが旧オムニチュア(Omniture)を買収した2009年からその翌年にかけての頃と、同じ規模に相当します。
ただ、注目のされ方は明らかに違います。つまり、「目新しさ」から時を経て、「身近」に変わってきた、と言えるのではないでしょうか。

続きを読む…

マーケティングクラウド分野で、アドビは再びリーダーに

調査会社の中立的評価

2014年は「デジタルマーケティング」という言葉がさまざまなところで聞かれるようになり、日本でも市場として非常にホットになってきました。2015年の盛り上がりも期待されます。

そんな中、年末に北米からニュースが届きました。ちょうど今週1/6にプレスリリースを発表しましたが、米調査会社のガートナー社(Gartner)から、デジタルマーケティング分野を広範にカバーした新調査レポートが公開されたのです。調査レポートの名称は『Magic Quadrant for Digital Marketing Hubs(デジタルマーケティングハブ分野のマジッククアドラント)』というものです。これは、ガートナー社によって今回初めて設定された調査分野です。 続きを読む…