Adobe Creative Station

Photoshop, Illustrator, InDesign, Dreamweaver, Premiere関連の最新の製品情報や使い方、Tipsなどをお届けします。

Encoreで5.1chサラウンド音声Blu-rayは作れるか?


という質問を先日あるユーザの方から頂きました。
答えはもちろん「できます!」


Encore CS4では、5.1chオーディオAC-3ファイルの読み込みにも対応しています。たとえば、1)5.1chオーディオ記録を行うAVCHDカメラで撮影2)Premiere Pro CS4で5.1chのまま編集3)Adobe Media Encoder CS4でエンコード4)Encore CS4で映像・音声ファイルを読み込みオーサリング5)Blu-rayドライブでディスクを作成といった手順です。ポイントは3)のエンコード。まず、設定画面の「オーディオ」タブで、オーディオ形式を「Dolby Digital」に、基本オーディオ設定を「SurCode for …」に設定します。これで、5.1chのAC-3エンコードが行われます。AME_Audio_pane.pngただし、このAC-3エンコードは3回までに制限されています。AC-3エンコードを頻繁に行うのであれば、別途ライセンスを購入($295-)する必要があります。購入の場合は、基本オーディオ設定の「コーデック設定」ボタンをクリックし、表示されるメッセージを見てください。purchase_surcode.png#Apple Compressor 3からもAC-3エンコードができるらしいけど、これでできたファイルもEncore CS4で使えるのかな?

  SHARE

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Seigo Furuta

アドビ システムズ 株式会社 / フィールドマーケティングマネージャー / 福岡の映像制作会社で技術部と制作部に在籍後、ノンリニア編集システムの経験を活かし、1999年から編集システムメーカーの側でノンリニア編集製品の普及に携わる。2007年10月にアドビ システムズ 株式会社へ入社、マーケティング本部でAdobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなど映像制作ツールを担当。