Adobe Creative Station

Photoshop, Illustrator, InDesign, Dreamweaver, Premiere関連の最新の製品情報や使い方、Tipsなどをお届けします。

Mac OS X 10.9.3 での Premiere Pro (英語版 "Premiere Pro and Mac OS X 10.9.3" から転載)


Mac OS X 10.9.3 での Premiere Pro 利用について、Adobe Premiere Pro 公式ブログの記事 “Premiere Pro and Mac OS X 10.9.3” を転載してご紹介します。

We are aware of an issue affecting users of Adobe Premiere Pro and Adobe Media Encoder on Mac OS X 10.9.3, where exports using the GPU can display unwanted artifacts. We are currently working with Apple on a fix, but unfortunately cannot yet estimate a timeframe for this. If possible, we recommend that users stay on OS X 10.9.2; if the upgrade has already been installed, then the current workaround is to disable the GPU during export.

以下、日本語訳

Adobe Premiere Pro および Adobe Media Encoderを、Mac OS X 10.9.3環境で利用される際に生じる問題(GPU高速処理を有効にしてエクスポートする場合に、意図しない結果が生じる問題)を、弊社で把握しています。現在、アップル社とともにこの問題解決に取り組んでおりますが、残念ながら解決の時期がいつになるかをお伝えすることができません。可能であれば、OS X 10.9.2をご利用されることを推奨いたしますが、すでにアップグレードをインストールされている場合は、対応策としてはエクスポートの際にGPU高速処理を無効にしていただくことがあります。

 

2014/7/2 追記

OS X Mavericks 10.9.4 Update 提供が開始となっています。本アップデートの適用により、上記の問題が解決したとの報告もアドビフォーラムに投稿されています。

 

  TAGS

タグは付けられていません。

  AUTHOR

Seigo Furuta

アドビ システムズ 株式会社 / フィールドマーケティングマネージャー / 福岡の映像制作会社で技術部と制作部に在籍後、ノンリニア編集システムの経験を活かし、1999年から編集システムメーカーの側でノンリニア編集製品の普及に携わる。2007年10月にアドビ システムズ 株式会社へ入社、マーケティング本部でAdobe Premiere Pro、Adobe After Effectsなど映像制作ツールを担当。