Lightroom でできること

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: +1 (from 1 vote)

Lightroom でできること

Lightroom は写真の現像だけでなく、大量の写真を管理することに優れています。ここでは同様の写真管理機能を持つ Elements Organizer との比較で、Lightroom にしかない機能、また Lightroom のほうがより便利で優れている機能を 9 つ紹介します。

続きを読む…

Photoshop でできること

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: +1 (from 1 vote)

Photoshop でできること

Photoshop には画像の編集・加工・合成にすぐれたさまざまな機能があります。ここでは例として、Photoshop にしかない、または Photoshop Elements よりもより細かく編集できる機能として以下の 7 つの Photoshop の機能を紹介します。

続きを読む…

Photoshop Elemetns、Photoshop の機能の違いについて

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: -1 (from 3 votes)

Photoshop Elements と Photoshop の機能の違い

Adobe Photoshop Elements と Adobe Photoshop は、いずれもデジタル画像を扱うソフトウェアですが、それぞれ以下のような特徴を持っています。

Photoshop Elements
Photoshop Elements は、写真の整理や管理、編集、公開まで行うことができる初心者にも扱いやすい画像編集ソフトです。Photoshop に比べて分かりやすいユーザーインターフェースや、ガイド付き編集などのサポート機能が充実しています。写真を始めたばかりの方、画像編集ソフト初心者の方、趣味の範囲で撮影した写真の加工・編集を楽しみたい、という方に適しています。
01

Photoshop
Photoshop は、プロフェッショナルユーザー向けのより高度な編集機能を備えた、プロフェッショナル業界標準のデジタル画像編集ソフトです。Photoshop Elements でできない編集が Photoshop では可能です。クオリティの高い合成や加工、編集技術を必要とする方に適しています。
02

機能比較

以下の表では、最新の Photoshop Elements 15 と Photoshop CC の具体的な機能の違いを一部抜粋し、比較しています。

管理 機能 Photoshop
Elements
Photoshop
写真とビデオを一つの場所にまとめて管理
(Elements Organizer)

(Adobe Bridge CC)
撮影場所で写真を管理(地図上に表示) ×
写真内の人物と物を自動認識してタグ付け ×
キーワードタグによる素材の整理、検索 ×
環境 RAWデータの読み込みと処理
(Camera Raw)
ガイド付き編集機能 ×
CMYKモードでの編集・出力 ×
補正

加工
ハイライトとシャドウの復元
(Camera Raw)
ホワイトバランスの部分補正
HDR合成 ×
トーンカーブによる詳細な色調補正
(カラーカーブ)
Photomerge による合成処理

修復ブラシで写真に写りこんだ不要物の除去

選択とマスク

×

複数の画像をワンクリックで一括補正

×

白い歯をより白く、青い空をより青く、ワンステップで補正

×

フォトコラージュ、フォトブック、カレンダーなどを作成

×
共有と
公開
PSD、PDF、JPEG など多彩な形式で書き出し

ソーシャルメディアに公開・共有


(Facebook,Flickr,Twitter)

(Behance)

Premiere Elemetns、Premiere Pro の機能の違いについて

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: -1 (from 3 votes)

Premiere Elemetns、Premiere Pro の機能の違い

Adobe Premiere Elements と Adobe Premiere Pro は、いずれもビデオ編集のソフトウェアで、いくつかの同様の機能があります。Premiere Elements は誰もが使いやすいビデオ編集ソフトウェアとして、Premiere Pro はプロフェッショナルユーザのためのソフトウェアとして、それぞれ機能が強化されています。

Premiere Elements
Premiere Elements は高度な編集機能と、簡単に楽しめるシンプルな操作性を兼ね備えており、初めてムービーを作成する方も高品質な作品に仕上げることができます。ステップ順に並んだメニューボタンや、ガイド編集、ヒストリーパネルなどが用意され、初心者に使いやすく設計されています。豊富なエフェクトやトランジションを使えば、こだわりの作品を作り上げることも可能です。
01

Premiere Pro
Premiere Pro はより効率的な編集機能を追求した革新的なノンリニアビデオ編集アプリケーションです。自由なタイムラインのネスティングや、キーボードショートカットのカスタマイズなど高度な編集を行うことができます。また、マルチカメラ編集や Adobe Bridge との連携で、一層効率的なワークフローを実現します。
02

機能比較

以下の表では、最新の Premiere Elements 15 と Premiere Pro CC の具体的な機能の違いを一部抜粋し、比較しています。

整理 機能 Premiere Elements Premiere Pro
ビデオや写真などの素材を検索、表示、整理
キーワードタグによる素材の整理、検索

撮影した場所でビデオと写真を管理(地図上に表示)

×
環境 クイック編集モードでドラッグ&ドロップの簡単編集 ×
タイムラインでフレーム単位の詳細な編集
HD を超える高解像度(4Kなど)映像の編集
補正 調整レイヤーを使った補正
不要なシーンを自動的に検出、削除 ×
ムービーの編集、効果を自動的に行うインスタントムービー ×
複数のカメラで撮影した映像を同時に表示、編集 ×
After Effects CC 2015 との Dynamic Link ×

字幕の作成

効果 フィルムルックエフェクトで多彩な効果を適用 ×

パンとズーム機能

×

スローモーション、スピーディー効果を設定

プレビュー再生しながらエフェクトの変更

クロマキー合成

書き出し Facebook,Vimeo,Youtube で共有

最適な書き出し設定を自動で推奨

×

静止画として書き出し

Adobe Photoshop Elements 15、Adobe Premiere Elements 15 を発表

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 2 votes)

Adobe Photoshop Elements 15、Premiere Elements 15を発表

アドビは、Adobe Photoshop Elements 15 および Premiere Elements 15 を発表しました。

長年の間、Elements は写真とビデオの整理、編集、作成、共有を簡単に実現するツールであり続けてきました。Elements は、アドビのプロ向けアプリケーションが生み出すアドビマジックの基盤となるテクノロジーに、あらゆるレベルのユーザーにとって使いやすい UI と設定を組み合わせて、ユーザーの特別な瞬間を記録し、共有する機能を最適なバランスで提供しています。

今回のリリースでは、整理と編集プロセスの自動化をさらに強化し、面倒な作業は Elements が自動的に行い、ユーザーは作品の作成や共有に集中できるようになりました。また、ガイド付き編集の種類を増やして、さまざまな編集作業を簡単に始められるようにしました。さらに写真とビデオ編集の間の隔たりを埋めるため、写真編集で使われてきた機能と用語を Premiere Elements に採用しました。

最新リリースの主な新機能と機能拡張を以下にご紹介します。

elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft2

・タッチ操作対応
デスクトップPCでもノートPCでも、タッチ操作可能なモデルの人気が高まっています。これに合わせ、Organizer とクイック編集モードがタッチ操作に対応しました。検索、分類、簡単な画像補正もタッチ操作で行えます。
elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft3

・強化された検索機能
目的の写真やビデオがなかなか見つからないことは多いですが、Elements 15 では検索機能を強化しました。場所、イベント、あるいはそれ以外の条件を組み合わせて検索できるため、探している写真やビデオを容易に見つけることができます。
elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft4

・スマートタグ
最新の Elements では、夕日、誕生日、犬、猫など被写体に応じて自動的にタグ付けを行います。この機能により、タグ付けにかかる時間を短縮し、クリエイティブな作業に時間を費やせるようになります。

・インスタントフィックスの強化
作業時間を短縮するインスタントフィックス機能も強化しました。複数の写真をまとめて編集できるため、作業が迅速かつ簡単に行えます。

elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft5

・新たなガイド付き編集
ガイド付き編集を使えば、指示通りに作業をするだけで一見すると複雑なタスクも簡単に実施することができます。今回の Photoshop Elements のリリースには新たに 5 種類のガイド付き編集が追加され、合計 45 種類に増えました。

– フォトテキスト
写真にテキスト、エンボス加工や陰影を付けて、飛び出して見えるように加工することができます。コラージュ、スクラップブック、カード、サインなどを作成する際に最適な機能です。

elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft6

– 絵画的効果
写真をユニークなアート作品にする機能です。絵画的効果では、被写体にエフェクトを加え、さらに質感や色のテーマを追加することができます。ソーシャルメディアでの共有や、印刷して記念にする場合に最適な効果です。

– エフェクトコラージュ
1枚の写真に複数のエフェクトを加えてアート作品のように加工できる機能です。複数のテンプレートやテーマを活用して、自分のスタイルにあったエフェクトを選択します。

elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft7

– スピードパン
完璧なスピードパン(流し撮り)を撮影する方法がわからない、または撮影に失敗しても問題ありません。この新しいガイド付き編集で被写体の背後にぼかしを加えればドラマチックな効果が生まれます。

– フレーム作成
お気に入りの写真をさらに引き立たせるための自分だけのカスタムフレームを作成します。作成したフレームは既存のフレームライブラリに追加できます。

・顔立ち調整
ひそめた眉を元に戻す、閉じかかっている目を調整するなどの微調整を行って、写真に写っているすべての人が一番良い表情になるようにします。

elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft8

・フィルターギャラリーの強化
フィルターは、新しい見せ方を試し、あなたのクリエイティビティを示すとても良いツールです。自分の写真に最適なフィルターの選択がさらに容易になり、細かい調整も簡単になりました。

elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft9

・レイヤー調整ガイド付き編集
この新しいガイド付き編集で、複数のクリップまたは動画全体に複数のエフェクトを一度に適用して、簡単に自分らしい動画にすることができます。

・かすみの除去
Photoshop Elements で好評だった機能を Premiere Elements にも搭載しました。この機能により、簡単にかすみを除去し、背景を前にある被写体と同じくらい鮮明にすることができます。

Selfie family

・リミックス
長さが異なる音声ファイルをビデオクリップにあわせる苦労がなくなりました。どんな音楽ファイルでも簡単にリミックスし、自然なサウンドと流れを保ったまま動画の長さに合わせることができます。

・顔認証
スマートトリム、フェイバリットモメント、パンとズームに顔認証機能を追加しました。そのため、映像の中の最も重要な部分であるビデオに写っている人々を優先してトリミング領域の候補を示すことができます。顔認証により、不要な映像を取り除き、友人や家族のすてきな動画が作成できます。

・ビデオコラージュ
写真やビデオで、一度にたくさんの思い出を見ることのできるダイナミックなコラージュを作成しましょう。Facebook や YouTube などのソーシャルメディアで写真を共有する、楽しくてクリエイティブな方法です。

elements-15-announcement-blog-post_final_jp_draft11

ここでは、Photoshop Elements 15 と Premiere Elements 15 の新機能および強化された機能の一部をご紹介しました。
新機能と機能拡張の一覧は こちら をご参照ください。公開されているチュートリアルFacebook も併せてご覧ください。

翻訳元:Introducing Adobe Photoshop Elements 15 & Premiere Elements 15