プロジェクト設定について

pre_icon_40

プレミアエレメンツでプロジェクトを新しく作る際、作業に使用するムービーの規格があらかじめ分かっている場合は、先に設定しておくことができます。プロジェクトを作成する流れについては、「プロジェクトを作って開いてみよう」を見てください。
プロジェクトを作成した後、プロジェクト設定の変更は表示に関する変更のみ可能です。


手順1

デスクトップの [Adobe Premiere Elements 14] アイコンをダブルクリックします。
プレミアエレメンツ14のアイコン

※ デスクトップにアイコンが無い場合は、以下の手順で起動することもできます。

  • Windows 8.1
    スタート画面の左下部にある下矢印をクリックし、
    アプリの中から [Adobe Premiere Elements 14] をクリックします。
  • Windows 8
    スタート画面の何もないところで右クリックし、下部に表示される [すべてのアプリ] をクリックします。
    アプリの中から [Adobe Premiere Elements 14] をクリックします。
  • Windows 7/Vista/XP
    スタートメニューの [(すべての)プログラム] をクリックし、
    Adobe Premiere Elements 14 を選択します。
  • Mac OS
    Finder の [移動] メニューの [アプリケーション] をクリックし、
    Adobe Premiere Elements 14 フォルダー内の [Adobe Premiere Elements 14] をダブルクリックします。

手順2

プレミアエレメンツを起動して [ビデオの編集] をクリックします。
ビデオの編集クリックでプレミアエレメンツ起動

手順3

ファイルメニューから [新規] に合わせて、[プロジェクト] を選択します。
新規プロジェクト

手順4

[新規プロジェクト] 画面が表示されたら、以下の説明を参考にして設定します。

  • 名前
    後からわかりやすい名前を設定しましょう。
  • 保存先
    初めて使うときは、プレミアエレメンツ専用のフォルダーが指定されていますが、[参照] ボタンをクリックしてデスクトップのフォルダーなどを指定することもできます。ここでは最初の設定のままにしてあります。
  • プロジェクト設定
    初めて使うときは、「NTSC-AVCHD- フル HD 1080i 30」が選択されていますが、[設定を変更] をクリックして、撮影したムービーのサイズに合わせて変更することができます。よくわからない場合は後で自動的に変更することもできるので、そのままにしておいてください。

新規プロジェクト画面
プロジェクト設定を変更する場合
[設定を変更] ボタンをクリックし、[設定を変更] 画面が表示されたら以下を参考に変更してみてください。設定を変更しない場合は、[手順5] に進みます。
設定を変更画面

  1. 日本向けのカメラは NTSC の規格に準拠しているので、
    [NTSC] のフォルダが開いているか確認します。
    NTSCフォルダを開く
  2. 撮影に使用したカメラの種類やムービーが保存されている形式に応じて、該当する項目の左にある矢印をクリックして開きます。
    初期設定では、AVCHD が選択されています。
    プリセット選択1
  3. プリセットを選択します。
    ここでは例として AVCHD の [HD 1080i 30] を選択しています。
    プリセット選択2

    ※ プリセットをクリックすると、画面右側に画面サイズやオーディオなどの詳しい情報が表示されます。以下の画像は [HD 1080i 30] の内容です。
    詳しい情報

  4. プリセットを選んだら、画面右下の [OK] をクリックします。
    OKボタンをクリック

手順5

すべての設定が完了したら [選択されたプロジェクト設定をこのプロジェクトに強制的に設定] にチェックを入れます。
チェックを入れずにプロジェクトを作成すると、設定したプロジェクト設定と違うフォーマットの動画を配置したときに、設定が自動的にそのフォーマットの動画に合わせて変更されてしまいます。手動でプロジェクト設定を変更した場合は、必ずこのチェックを入れてください。

チェックを入れたら、[OK] ボタンをクリックします。
新規プロジェクト画面2
以上でプロジェクト設定は終了です。

「AVCHD対応」「HDV対応」など、あまり馴染みのない用語かもしれません。カメラの箱などに分かりやすく書いてある場合もあります。
確認して、用途に合わせて選択するといいですね。