【整理】たいせつな写真を保護するために(バージョン11)

写真の編集作業がうまくいかず、元の写真に戻せなかったことはありませんか?
写真を編集する前にバックアップを取っておけば、編集作業が思い通りにいかなかった場合も安心ですね。
写真のバックアップを取る方法や、元の写真を保持したまま編集作業する方法をご紹介します。

写真を編集する前に写真のバックアップを作成することで、大切な写真を失うリスクを回避できます。写真の編集をする前に写真のバックアップを取りましょう。

エレメンツオーガナイザーに取り込んだ写真から、バックアップを取りたい写真を選択します。
※エレメンツオーガナイザーに写真を取り込んでいない場合は写真を取り込んでから作業してください。
写真の取り込みの詳細については、「デジタルカメラやパソコンから写真やビデオを取り込んでみよう」を参考にしてください。
saving_step1-1

[ファイル] メニューの [複製] をクリックします。
saving_step1-2

選択した写真が複製されます。
※バックアップを取った画像は、元画像と同じフォルダーにコピーが作成されます。
saving_step1-3

編集したい画像を選択し、[編集] メニューの [Photoshop Elements Editor で編集]をクリックします。
saving_step1-4

フォトショップエレメンツの編集画面が表示されます。
saving_step1_5

写真の編集をするときにレイヤーを使うことで、元の写真の状態を保持したまま写真を編集することができます。
レイヤーとは透明なフィルムのようなものです。レイヤーは個々で独立しているため、他のレイヤーや画像に影響を与えることがありません。

フォトショップエレメンツを起動して、[編集] ボタンをクリックします。startupscreen_line

編集画面が表示されたら、編集する写真を開きます。
saving_step2_2

編集モード [エキスパート] の選択で、レイヤーパネルに編集する写真が [背景] レイヤーとして表示されます。
saving_step2-3

※レイヤーパネルが表示されない場合は、[ウィンドウ] メニューの [レイヤー] をクリックします。
saving_step2-3-1

[背景] レイヤーを右クリックし、[レイヤーを複製] を選択します。saving_step2-4

[レイヤーを複製] 画面が表示されたら、新規名称をつけ、[OK] ボタンをクリックします。

レイヤーパネルにレイヤーが複製されます。
saving_step2-6

複製したレイヤーを選択した状態で写真を編集します。
※ここでは例として [明るさ・コントラスト] を変更します。saving_step2-7

編集した写真を元に戻したい場合は、以下の操作をします。

  1. [背景] レイヤー以外のレイヤーを全て削除します。
    編集したレイヤーを右クリックして [レイヤーを削除] をクリックします。
    ※編集したレイヤーが複数ある場合は、「ctrl」キーを押しながら選択します。saving_step2-7-1
  2. 削除の確認画面が表示されたら、 [はい] ボタンをクリックします。saving_step2-7-2
  3. 元の画像が表示されます。
    saving_step2_7-3
大切な写真をあらかじめ複製しておくことで、何かあった時にも、元の状態から編集することができて安心です。
写真の編集の時にぜひ活用してみてください!