動画編集を始める前の準備と確認

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)

pre_icon_40

カメラで撮影したムービーをプレミアエレメンツで編集する場合、まずはカメラとコンピューターを接続するなどの、事前の準備がいくつか必要になります。後々トラブルなどが発生しないように、基本的な準備から始めましょう!



見出し_01

カメラやカードなどからムービーで使用する素材を取り込むために、コンピューターと接続します。コンピューターとカメラを直接繋げるケーブルは、IEEE1394(iLink、FireWire、DV 端子)と、USB(2.0)があります。

※ IEEE1394(iLink、FireWire、DV 端子)、USB(2.0)、ともに端子の種類には色々あり、機種によって異なります。これからケーブルを購入する場合は、まずはカメラに付属のマニュアルを読んで、対応するケーブルの種類などをあらかじめ確認してください。

※ カメラとパソコンを繋げる方法以外にも、例えばメモリカードをカメラから取り外して、カードリーダーなどを使って読み込むこともできます。

見出し_02

カメラで撮影したムービーをパソコンに保存する場合、例えば 5 分間のデジタルビデオで 1 GB 程度の容量が必要です。映像を取り込む前に、ハードディスクに十分な空き容量があるか、あらかじめ確認しましょう。

ハードディスクの空き容量を確認するには、以下のどちらかの手順を行ってください。
※ ドライブのアルファベットや名前は環境によって、以下の例と異なる場合があります。
Windowsの場合

  1. 以下のいずれかの操作を行います。
    Windows 8.1
    スタート画面の左下部にある下矢印をクリックし、アプリの一覧から [PC] をクリックします。
    Windows 8
    スタート画面で右クリックし、下部に表示される [すべてのアプリ] をクリックします。アプリ一覧の[コンピューター]をクリックします。
    Windows 7/Vista
    [スタート] メニューの [コンピューター] をクリックします。
    Windows XP
    [スタート] メニューの [マイコンピュータ] をクリックします。
  2. [OS(C:)] または [ローカルディスク(C:)] を右クリックして [プロパティ] を選択します。
  3. [全般] タブの [空き領域] に表示されている数値を確認します。

ローカルディスクの空き容量確認

Macintosh の場合

  1. Finder の [移動] メニューをクリックし、[コンピュータ] をクリックします。
    移動メニューのコンピューターを選択
  2. ムービーを保存するドライブをクリックして選択します。
    保存するドライブをクリック
  3. [ファイル] メニューの [情報を見る] をクリックします。
    ファイル]メニューの情報を見るを選択
  4. [一般情報] の [空き領域] に表示されている数値を確認します。
    空き領域を確認


見出し_03

DVD やブルーレイ(Blu-ray)などのディスクに書き出しする場合、コンピューターのディスクドライブが書き込みに対応している必要があります。コンピューターに最初から付いているドライブが読み取りしかできない場合は、書き込みに対応した外付けのドライブを利用する必要があります。

※ お使いのコンピューターが書き込みに対応しているかどうかについては、付属のマニュアルなどで確認してください。

確認はできましたか?準備をしっかりしておくことでこれからの作業がスムーズに進みますよ。
さあ、撮影した動画を取り込んで編集をはじめましょう!

コメント投稿 Comment Form