動画をモノクロにしてみよう

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)

pre_icon_40

カラーの動画を、さまざまあるエフェクトの中で動画をモノクロ(白黒動画)にすることができるエフェクトがあります。思い出を振り返るシーンに適用したり、昔の映画風に演出したりとモノクロ動画にする方法を紹介します。

11447_00

h2_11447_01

手順1

まずはプレミアエレメンツを起動して、音声を調整したいプロジェクトを開くか、または新しく作ってください。詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

手順2

画面下部のメニューから [エフェクト] をクリックします。
※表示されていない場合は右下にある [>] をクリックすると表示されます。
11447_01

手順3

エフェクトパネルの上部にある種類名をクリックし、[イメージコントロール] を選択します。
11447_02

手順4

[モノクロ] エフェクトをドラックし、適用したいクリップにドロップします。
※ドラック&ドロップとは、ファイルをクリックしたまま運び、移動先で指を離しファイルを置くことです。
11447_03
以上で、モノクロにする手順は完了です。

h2_11447_02

動画をカラーからモノクロへ、モノクロからカラーへ移行させる方法はいくつかありますが、ここでは再調整しやすい手順をカラーからモノクロへ変化させる方法を紹介します。

手順1

まずはプレミアエレメンツを起動して、音声を調整したいプロジェクトを開くか、または新しく作ってください。詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

手順2

画面上部にある [エキスパート] をクリックし、エキスパート編集画面にします。
プレミアエレメンツのエキスパートモード

手順3

画面下部のメニューから [エフェクト] をクリックします。
※表示されていない場合は右下にある [>] をクリックすると表示されます。
11447_01

手順4

エフェクトパネルの上部にある種類名をクリックし、[イメージコントロール] を選択します。
11447_02

手順5

[カラーパス] エフェクトをドラックし、適用したいクリップにドロップします。
※ドラック&ドロップとは、ファイルをクリックしたまま運び、移動先で指を離しファイルを置くことです。
11447_04

手順6

画面右上にある [適用エフェクト] をクリックします。
11447_05

手順7

[適用されたエフェクト] 画面が表示されたら、[カラーパス] をクリックします。
11447_06

手順8

タイムラインの時間インジゲーターを適用させるクリップの冒頭に移動させます。
11447_07

手順9

画面右上の [適用されたエフェクト] 画面にもどり、[カラーパス] のスライダーを [+] 側に移動させます。
11447_08

手順10

[カラーパス] の右側にある丸い5つのアイコンのうち、真ん中の丸い時計 [アニメーションのオン/オフ] をクリックし、オンの状態にします。
※スライダーの左側(-側)にアイコンが2つ表示されます。
11447_09

手順11

タイムラインにうつり、手順8と同様に時間インジゲーターをモノクロに変更したい箇所まで移動させます。
11447_10

手順12

画面右上の [適用されたエフェクト] 画面にもどり、[カラーパス] のスライダーを [-] 側に移動させます。
11447_11
徐々にモノクロする手順は以上で完了です。

h3_11447_01

徐々にモノクロにしてみよう」でクリップに適用させたカラーパスエフェクトを再調整したい場合は、以下の手順で行います。

手順1

適用したクリップを選択します。

手順2

画面右上にある [適用エフェクト] をクリックします。
11447_05

手順3

[適用されたエフェクト] 画面の右側にある [キーフレームコントロールを表示/非表示] をクリックします。
11447_13

手順4

[適用されたエフェクト] 画面が表示されたら、[カラーパス] をクリックします。
11447_06

手順5

ひし形のキーフレームに時間インジゲーターを合わせて、それぞれカラーかモノクロか確認します。
11447_14

<br />
手順6

クリップの再生時間がタイムラインとして表示されているので、モニター画面を確認しながらキーフレームを動かし調整します。
11447_15

以上で、カラーパスエフェクトの再調整は完了です。

動画はモノクロにできましたか?ピクチャインピクチャを併用すれば、カラーを背景にモノクロの動画を流すことも可能です。ピクチャインピクチャについて詳しくは「ピクチャインピクチャを作ってみよう」を確認してください。