モーショントラッキングを使ってみよう

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)

pre_icon_40

モーショントラッキングとは、アニメーションに似た新しいエフェクトで、動画などのクリップ内の被写体に、別の動画や静止画、図形などのグラフィックを追跡させることができます。
16618_01


手順1

まずはプレミアエレメンツを起動して、モーショントラッキングを適用したいプロジェクトを開くか、または新しく作ってください。
詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

手順2

クリップを選択します。
16618_02

手順3

画面下部のアクションバーから [ツール] をクリックしてスクロールバーを一番下まで下ろし、[モーショントラッキング] を選択します。
16618_03

手順4

画面の左側に表示された [オブジェクトを選択] ボタンをクリックします。
16618_04

手順5

ムービー上に枠が表示されたら、四隅の円をドラッグして枠のサイズを被写体に合わせます。
16618_05

手順6

[オブジェクトを追跡] ボタンをクリックします。
16618_06

手順7

クリップにモーショントラッキングが適用されるまでしばらく待ちます。
16618_07

手順8

再生ボタンをクリックして、指定した被写体が追えているか確認します。
※追跡がうまくできていなかった場合は [リセット] ボタンをクリックします。その後 [キャンセル] ボタンをクリックして、手順4からやり直します。
16618_08

手順9

次に、追跡する動画や静止画、グラフィックなどを追加します。ここでは例としてグラフィックで被写体を追跡させます。
画面下部のアクションバーから [グラフィック] をクリックします。
※[グラフィック]が表示されていない場合は、右下にある [>] をクリックすると表示されます。
16618_09

手順10

追跡させるグラフィックを選択して、指定した被写体にドラッグ&ドロップします。
※ドラッグ&ドロップとは、ファイルをクリックしたまま運び、移動先でファイルを置くことです。
16618_10
※ここでは例として [吹き出し 12-左] を選択します。[テキストを変更] 画面が表示されたら、文字を入力して [OK] ボタンをクリックします。
16618_11

手順11

グラフィックが表示されたら、大きさと位置を調整します。
16618_12

手順12

[完了] ボタンをクリックします。
※ここでは、「ビデオ1」トラックのクリップにモーショントラッキングを適用したので、「ビデオ2」トラックにグラフィックのクリップが生成されます。
16618_13
以上で、モーショントラッキングの手順は完了です。

モーショントラッキングは適用できましたか?難しい編集をしなくとも、このようなアニメーションが作成できるので、ぜひ活用してください!