ナレーションを作成してみよう

pre_icon_40

プレミアエレメンツでは、クリップを再生しながらマイクでナレーションを録音することができます。
※ナレーションを録音するにはマイクが必要です。


h2_11542_01

手順1

パソコンのマイクジャックにマイクを接続します。

手順2

サウンド設定画面などでマイクが認識されるかテストします。
※手順については、Windows、Mac OS それぞれのマニュアルを参照してください。
11542_11

手順3

プレミアエレメンツを起動して、[編集] メニューから [環境設定] にカーソルを合わせ [オーディオハードウェア] を選択します。
16620_02

手順4

[環境設定] 画面が表示されたら [ASIO設定] ボタンをクリックします。
16620_03

手順5

[オーディオハードウェア設定] 画面が表示されたら、[入力] タブを開きます。[デバイスの有効化] セクションに表示されているマイクを選択し、[OK] ボタンをクリックします。
16620_04

手順6

[環境設定] 画面に戻ったら、右下の [OK] ボタンをクリックします。
16620_05
以上で、ナレーションを追加するための準備は完了です。

h2_11542_02

手順1

まずはプレミアエレメンツを起動して、ナレーションを追加したいプロジェクトを開くか、または新しく作ってください。詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

※ 音声だけを録音したい場合
タイムラインに何もない状態で録音を開始すると、30秒で録音が終了してしまいます。そのため予め静止画やカラーマットをビデオトラックにのせ、録音したい時間まで伸ばしてから、録音を開始してください。
録音が完了したら、ビデオトラックの静止画やカラーマットは削除しても構いません。

手順2

エキスパートタイムラインで、ナレーションをあてたいクリップの先頭に時間インジゲーターを合わせます。
16620_06

手順3

画面下部のアクションバーから [ツール] をクリックして、スクロールバーを中ほどまで下ろし [ナレーション] を選択します。
16620_07

手順4

ナレーション録音画面が表示されたら、マイクテストを行い [マイクの感度] で音量を確かめます。問題が無ければ [録音] をクリックしてナレーションの吹き込みを開始します。
16620_08

手順5

ナレーションが終了したら、[停止] ボタンをクリックします。
16620_09

手順6

プロジェクトのアセットと、タイムラインのナレーショントラックの二箇所にナレーションが追加されたことを確認し、ナレーション録音画面の [完了] ボタンをクリックします。
16620_10
以上で、ナレーションを追加する手順は完了です。

ナレーションは作成できましたか?マイクやスピーカーの音量も確認して、接続設定を行ってみてください。すこし難しいかもしれませんが、一度接続できれば一段と動画作成が楽しくなりますよ!