Adobe Revelで写真を管理してみよう 【連載】 ~第6回 フォトショップエレメンツで作成した画像を友人や家族と共有しよう~

revel_logo

フォトショップエレメンツには、「adoberevel.com(ウェブブラウザ版のAdobe Revel)」を使用した「非公開Webギャラリー」という、写真を共有する機能があります。
非公開Webギャラリーは、ウェブ上にアルバムとしてアップロードした写真を、アルバムのURLを知っている人のみがウェブ上で閲覧できます。
URLを知らない人は閲覧することができないため、写真を共有したい人だけにURLを知らせることで、安心して写真を共有することができます。

第6回では、非公開Webギャラリーとして友人や家族と写真を共有する方法を紹介します。

手順1

フォトショップエレメンツを起動して、[写真の編集] をクリックします。
フォトショップエレメンツスタート画面

編集画面が表示されたら、共有する写真を開きます。
共有したい写真が複数枚ある場合はすべて開きます。
ファイルを開く

手順2

画面右上の [配信] タブをクリックし、[非公開Webギャラリー] をクリックします。
配信タブ

手順3

「Adoberevel.comでプライベートに共有」ウィンドウが表示されます。
画面下の [Adobe ID] をクリックします。
プライベートに共有画面

手順4

ウェブブラウザが起動してサインイン画面が表示されるので、
Adobe IDのメールアドレスとパスワードを入力し、ログインボタンをクリックします。

ログイン完了後「サインインいただき、ありがとうございます」の画面に切り替わりますが、これは閉じて大丈夫です。
サインイン画面

手順5

フォトショップエレメンツの画面に戻り、表示されている画面上の[認証完了] をクリックします。

はじめて非公開Webギャラリーを利用する場合は、手順3から手順5のサインイン操作が必要です。次回以降は、[非公開Webギャラリー] をクリックすると手順6の画面に移動します。
※ サインアウトした場合は再度サインイン操作が必要になります。
認証完了

手順6

「ようこそ○○(名前)」という画面に変わります。
共有先のライブラリ、アルバムを選択して [ダウンロードを許可] にチェックを入れます。
ここでは例としてライブラリを [家族]、アルバムを [家族旅行@沖縄] にします。選択ができたら [共有を開始] ボタンをクリックします。

※ アルバムの右のプラスマークをクリックすると、
新規のアルバムを作成することができます。
設定

手順7

共有され、URLが発行されます。
このURLリンクをコピーして、共有したい人にメールで送りましょう。
この非公開Webギャラリーは共有する相手がAdobe IDを持っていなくても
写真を閲覧することができます。
共有完了

※URLをコピーする際には、一度エレメンツオーガナイザーを起動します。
該当アルバムの右にマウスポインターを置くと、
図のようなマークが表示されるのでクリックします。
[アルバムのWeb共有] 画面で [このリンクをコピー] をクリックすると、URLをコピーできます。
リンクコピー方法

手順8

URLをクリックすると、
ウェブブラウザが起動して写真を閲覧することができます。
URLクリックしたところ

以上で、フォトショップエレメンツで加工・編集した写真を家族や友人と共有する手順は完了です。

友人や家族に写真を共有できましたか?
一度にたくさんの写真を共有できるので、旅行の写真などを大勢の人と共有するときなどに便利ですね。
次回はプレミアエレメンツで作成した動画を共有する方法を紹介します。
連載記事の目次