音声のトランジションを使ってみよう

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: +1 (from 1 vote)

pre_icon_40

映像にトランジションを設定できるのと同じように、動画の音声にも
トランジションを設定することができます。
エフェクト一つで手軽に設定できるので、ぜひ試してみてください。
※ オーディオタブのBGMはトランジションを設定できません。


手順1

まずはプレミアエレメンツを起動して、プロジェクトを開くか、または新しく作ってください。詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

手順2

画面下のメニューから [トランジション] をクリックします。
トランジション選択

手順3

上部の [カテゴリを変更] をクリックし、一覧から [オーディオトランジション] をクリックします。
カテゴリを変更→オーディオトランジション

手順4

[コンスタントパワー]、[コンスタントゲイン] の2つのトランジションが表示されます。以下の説明を参考にしたり実際に適用して違いを比べてみたりするといいでしょう。

  • コンスタントパワー:前のクリップの音量を徐々に小さくし始め、トランジションの最後の方で素早く下げます。同時に後のクリップの音量はトランジションの最初で素早く大きくし、トランジションの最後に近付くにつれて音量をゆっくり上げていきます。この処理により、音声や楽曲が滑らかな移り変わりをしているように聞こえます。
  • コンスタントゲイン:一定比率で前のクリップの音量を下げ、後ろのクリップの音量を上げます。コンスタントパワーに比べると急激に音が小さくなるように聞こえることがあります。


ここでは例として [コンスタントパワー] を選択し、タイムライン上のビデオクリップの終わりにドラッグ&ドロップします。
コンスタントゲイン、コンスタントパワー

手順5

トランジションの調整ウィンドウが表示されます。
デュレーションの設定で、音量が下がり始めてから完全に消えるまでの時間(秒数)を設定します。ここでは例として 3 秒に設定します。
音声が 3 秒かけて消えるということになります。
設定したら、[完了] ボタンをクリックします。
デュレーションの設定

手順6

音声のトランジションが適用されました。
適用完了

以上で、音声のトランジションを適用する手順は完了です。

音声にトランジションは設定できましたか?
動画と動画のつなぎ目の音声はどうしても不自然になりがちです。トランジションを設定することで違和感なく自然な流れになります。