トランジションを調整してみよう

pre_icon_40

プリセットからドラッグ&ドロップ操作一つで適用できるトランジション。実はトランジションの調整画面の詳細ボタンからは、トランジションの長さや方向、タイミング、装飾など思い通りに細かく調整することができます。
※ トランジションによって調整できる項目は異なります。


手順1

まずはプレミアエレメンツを起動してプロジェクトを開き、
トランジションを適用します。
詳細については「トランジションを使ってみよう」を確認してください。

手順2

トランジションの調整画面が表示された状態で、[詳細] をクリックします。
※ ここでは例として [ワイプ] を適用しています。
トランジションの調整画面の詳細ボタン

[完了] ボタンをクリックして閉じてしまった場合は、ダブルクリックして再度調整画面を開きます。
調整画面を閉じてしまった場合

手順3

詳細ボタンをクリックすると、適用したトランジションの細かい設定を変更することができます。今回は例としてワイプの詳細を説明しますが、トランジションによって詳細項目は変わります。
詳細画面1

1.デュレーション
トランジションの適用時間を設定します。ここでは例として2秒に設定します。
2.配置
トランジションを配置する位置を選択できます。
ここでは初期設定のままの [クリップ間] を設定します。
3.方向
一部のトランジションでは、トランジションの方向を指定できます。
黒く縁取りされたグレーの三角が現在設定されている方向です。
再生ボタンをクリックして確認しながら、設定したい方向をクリックします。
ここでは例として [上から下] を設定します。

手順4

スクロールバーを下に移動します。
詳細画面2

4.目のアイコン
クリックすると、実際のクリップのトランジション開始時と終了時の映像に切り替えることができます。ここではクリックして実際のクリップを表示します。
5.開始・終了ポイント
トランジションの始まりと終わり時点でのトランジションの適用状況を設定します。開始・終了の調整スライダーを任意の位置までドラッグします。
6.境界の幅
クリップが切り替わる際に、クリップに枠をつけることができます。
枠の幅を、左右にドラッグするか直接値を入力して設定します。
ここでは5.0に設定しています。
7.境界のカラー
枠を設定した場合、枠の色を指定します。ここでは白にしています。
8.反転
トランジションを反転します。
9.アンチエイリアスの適用度
トランジションの端の滑らかさを調整します。

手順5

すべての設定ができたら [完了] ボタンをクリックします。
完了ボタン

手順6

再生して確認しましょう。調整が適用されました。
完成

以上で、トランジションを調整する手順は完了です。

トランジション一つとっても、オリジナルの動画では非常に重要でこだわりがありますよね。思い通りに調整できると嬉しいですね!