グラフィックパネルを使いこなしてみよう

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)

pse_icon_40

フォトショップエレメンツ10にあるコンテンツパネルからイラストや図形を写真に配置する方法をご紹介します。
簡単に写真を飾れるので、個性豊かな作品をたくさん作ってみてください。自分でデザインを考えて、オリジナルのポストカード作りも楽しいですね。



グラフィックパネル

初期設定の標準編集モードに効果パネルとコンテンツパネルが表示されています。
コンテンツパネルには華やかな背景や、写真をはめ込めるフレーム、ワンポイントに使えるグラフィック(カラーの絵)、単色のシンプルな図形(シェイプ)、立体感のあるテキストエフェクトといった写真を装飾するための素材がたくさん詰まっています。
作成例
目的に合ったコンテンツを探しやすいよう、2つのプルダウンメニューには種類やキーワード検索、以下のようなテーマ別にカテゴライズされています。
※大分類の選択により小分類のプルダウンメニューの項目や表示が変わります。

※例として一部抜粋
大分類 イベント オブジェクト ムード
小分類 お祝い 干支 カジュアル
正月 自然 フォーマル
クリスマス 乗り物 リラックス
引っ越し 吹き出し ロマンティック
結婚式 年賀状(イラスト) 楽しい
卒業式 年賀状(挨拶文) 思いやり
さらにテーマ別の検索では、以下の項目で表示を絞り込めます。
  • 背景フィルター
  • フレームフィルター
  • グラフィックフィルター
  • シェイプフィルター
  • テキストエフェクトフィルター


配置してみよう(グラフィック・図形)

手順1

フォトショップエレメンツを起動して、[写真の編集] ボタンをクリックします。
フォトショップエレメンツスタート画面

手順2

  1. [ファイル] メニューから [新規] にカーソルを合わせ [白紙ファイル] をクリックします。
    ※ ここでは練習として、白紙ファイルを作成します。グラフィックを配置したいファイルがある場合はそれを開きます。
    白紙ファイルを選択
  2. [新規] ダイアログボックスが表示されたら、適当な大きさを指定して [OK] ボタンをクリックします。
    ※ ここでは仮に、以下の通りに設定しています。
    8238_02

手順3

[エキスパート] をクリックして、エキスパート編集モードにします。
エキスパート画面を選択

手順4

ウィンドウ右下から [グラフィック] を選択します。
グラフィックを選択

手順5

大分類のプルダウンメニューから [種類] を選択します。
大分類[種類]

手順6

小分類のプルダウンメニューから [背景] を選択します。
小分類[背景]

手順7

グラフィックパネルの中から、お好きな背景を選びドラック(マウスのボタンを押し、そのままの状態でマウスを移動させること)したら、白紙の編集画面にドロップ(マウスのボタンを離し、置くこと)します。
背景グラフィックを編集領域にドラック&ドロップ

手順8

手順5と手順6の選択を変更して、手順7を繰り返せばいろいろなグラフィックを配置することができます。
※配置したグラフィックの移動や拡大・縮小などは、下記の「追加情報~自由変形~」を確認してください。
例(完成画像)
以上で、配置の手順は完了です。


追加情報~自由変形~

移動や拡大、縮小などといった変形をしたい場合は、変形したいグラフィックをクリックして、□ が取り囲むように表示されている選択状態にします。
選択する
背景の場合は、レイヤーパネルで背景が選択されているのを確認した上で、[イメージ] メニューから、[変形] を選び [自由変形] をクリックします。
背景を選択し、自由変形
□の部分にマウスポインターを合わせると、マウスポインターが変形します。
変形した形状によってグラフィックを変形させる動きが異なります。
※拡大・縮小の場合
8238_08
移動する場合は、グラフィック上にマウスポインターを合わせて黒い三角に変形したら、ドラック&ドロップで移動することができます。
※フレームは真ん中のグレーをクリックしてしまうと [写真を開く] ダイアログボックスが表示されてしまうので注意してください。
8238_07

いろいろなグラフィックを配置できましたか?配置したグラフィックなどを自由変形するときにマウスポインターを合わせる作業が、慣れるまで時間がかかるかもしれません。たくさん練習してみてください!
ご紹介したのはグラフィックパネルの中でもまだ一部です。色んなグラフィックを試して、作品を作ってみてください。

コメント投稿 Comment Form