Adobe Creative Cloud 映像制作ツール、NAB Show 2014で次期バージョン先行公開

nab2014reveal

国内における4K番組制作でも実績を重ねるAdobe Premiere Pro CCを中核に、映像制作を加速するAdobe Creative Cloudの数多くの新機能が、来週4月7日月曜日から開催のNAB Show 2014アドビ システムズ ブースで公開されます。また、弊社製品対応のパートナーも約100を数え、会場の各ブースでのアドビ映像制作ツールが出展予定です。

Adobe Creative Cloud映像制作ツール次期バージョン 注目ポイント

  • 注目1 ネイティブ対応フォーマットをさらに拡充:Canon RAWおよびソニーSStPを新たにサポート
  • 注目2 GPU高速処理を強化:RED R3DデベイヤーもGPU処理、SpeedGradeもCUDAに加えOpen CLサポート
  • 注目3 映像の部分的なエフェクトが簡単に:対象物の動きを解析してトラッキングも
    Mask-Track
    ※2014/4/17追加:「CC道場#46」より、「マスク&トラック」デモ
  • 注目4 After Effectsテキストアニメーションを、Premiere Proで自在に活用
    LiveText
  • 注目5 DCP(2Kまで)出力に標準対応

注目の新機能をたくさん挙げても切りがないので、Adobe Premiere Pro CCの地味におすすめな機能もご紹介しておきましょう。

  • 地味1 SHIFT + 左右カーソルでの移動フレーム数を設定可能に!
  • 地味2 複数のショートカットキーにコマンドの割当が可能に!
  • 地味3 AAF, FCP XMLデータの再現性を向上!
  • 地味4 コンソリデート&トランスコード!(一旦忘れて下さい…)
  • 地味5 GoPro対応のレンズ補正!

来週4月7日月曜日以降、現地ラスベガスから随時ブログで情報をアップデートします。こうご期待!

日本語のプレスリリースはこちら。英文のPDF資料も公開されています。

Adobe Premiere Pro CC次期バージョンの紹介ビデオ(英語版):

その他の製品紹介ビデオは、Adobe TVで公開

4K映像制作を現実に – Adobe Creative Cloud 4Kワークフローの実際

2014年は7月に国内での4K放送開始を控え、「4K元年」となっています。NAB Show 2014でも、Adobe Creative Cloud映像制作ツール次期バージョンの先行公開があり、新たにCanon RAW 4Kにも対応となったほか、各社からも4K映像に対応するカメラをはじめとするハードウェアが数多く発表、展示されていました。

「でも4Kの編集なんて、パソコンレベルでは無理!」

と思われる方もまだいらっしゃるかもしれません。Adobe Creative Cloud映像制作ツールでは、オフライン編集から4K解像度でのコンフォーム、モーショングラフィックス、グレーディング、そして出力まで、4K映像制作に必要な機能をご利用いただけるようになっています。

こちらでは、

  • 4K映像制作の概要
  • 4K60Pでのオフライン・オンラインワークフロー
  • SpeedGrade CCによるカラーグレーディング
  • After Effects CCによる高品位アップスケール

を動画でご紹介しています。
Adobe Premiere Pro CCほか無償体験版はこちらから。
try-dl

NAB 2014: GPUによるデベイヤー高速処理

IMG_2343

NAB SHOW 2014初日を迎えました。昨年も来場された方に話を聞くと、今年はより盛り上がっているようだとのことでした!

さて弊社ブースでは、シアターステージを中心に次期バージョンの先行公開を行っていますが、対応製品パートナー(今年の会場では100社以上!)でもそれぞれAdobe Creative Cloud映像制作ツールを展示いただいています。

次期バージョンではすでに対応しているCinema DNGに加えて、あらたにREDフォーマットでもGPUによるデベイヤー高速処理が可能となります。NVIDIAおよびAMDのブースではそれぞれ4K対応ディスプレイを展示し、RED素材をフル解像度で再生するデモを行っています。

RAW記録を行うシネマカメラでの、デベイヤーGPU高速処理は4K制作ワークフローをさらに加速しますね!

NVIDIAブース: RED 4K GPU デベイヤーデモ
- パナソニックの4KテレビにDisplay Port接続
IMG_2353
AMDブース: RED 4Kデベイヤーデモ
- Open CL対応により、Mac Pro (Late2013)でも高速処理
IMG_2349

 

After Effects CCをお使いの方に質問です

スクリーンショット 2014-04-06 07.55.08

After Effects CCをお使いの皆さんに質問です。

「フッテージを変換」→「メインオプション」タブにある「アルファ」の項目にて、 「合成チャンネル」 という訳語が採用されています。 英語版では “Premultiplied” となっており、CGの世界でも「プリマルチプライ」が一般に通用しているようです。

今後のバージョンでこの「合成チャンネル」を「プリマルチプライ」へと変更した場合、皆さんの業務にどのような影響があるでしょうか?

リンク先から回答をお願いします。

ボーンデジタル主催:Adobe Premiere Pro CC – Final Cut Proユーザー向けハンズオン – 4月9日水曜日開催

ボーンデジタル主催、『アドビ公式 トレーニングブック Adobe Premiere Pro CC』をお持ちいただければどなたでも参加できるPremiere Pro CCハンズオンが開催されます。

今回はFinal Cut Proを使用している方を対象にした3時間のハンズオンを予定しておりますので、ぜひこの機会をご活用ください。まだ書籍をお持ちでない方は書店もしくはこちらのページ内の右側の購入先よりお求めください。

講師はPremiere Pro 認定トレーナー小池拓氏です。

※今回のハンズオントレーニングではPCのご用意がございません。
事前にPremiere Pro の体験版をインストールしたPCをご持参ください(Mac/Winどちらも可)。
使用データは当日配布します。

トレーニング詳細およびお申し込みはこちらから。

ボーンデジタル主催:Adobe Premiere Pro CC – これから始める映像編集ハンズオン – 4月8日火曜日開催

ボーンデジタル主催、『アドビ公式 トレーニングブック Adobe Premiere Pro CC』をお持ちいただければどなたでも参加できるPremiere Pro CCハンズオンが開催されます。

今回は初めてPremiere Pro を使用する方を対象にした3時間のスタートアップハンズオンを予定しておりますので、ぜひこの機会をご活用ください。まだ書籍をお持ちでない方は書店もしくはこちらのページ内の右側の購入先よりお求めください。

講師はPremiere Pro 認定トレーナー小池拓氏です。

※今回のハンズオントレーニングではPCのご用意がございません。
事前にPremiere Pro の体験版をインストールしたPCをご持参ください(Mac/Winどちらも可)。
使用データは当日配布します。

トレーニング詳細およびお申し込みはこちらから。

NAB Show 2014 日本語ツアー開催

NAB2012_adobe_booth

毎年恒例、世界最大の放送関連機器展示会、NAB Show 2014が4月7日月曜日からラスベガスコンベンションセンターで開催されます。各社の最新製品が発表され、今後の映像業界の動向を見極める上でも見逃せないイベントです。

弊社でもブースを構え、ユーザー講演や製品のデモコーナーを用意し、最新の技術をご紹介する予定ですが、今回は日本からの参加者を対象としたアドビブース日本語ツアー(約30分間)を1日3回、7, 8, 9日の3日間実施することとなりました!参加後登録をいただいた方には、後日NAB 2014での弊社最新情報をお送りいたします。

このほか、NAB Show 2014 弊社ブースに関するお問い合わせは、以下のメールアドレスまで。

dva_jp-at-adobe.com ※-at-を@に置き換えてください。

ボーンデジタル主催:<書籍付>Adobe Premiere Pro CC ハンズオントレーニング3月開催

ボーンデジタル主催によるAdobe Premiere Pro CCハンズオントレーニングが、2月に引き続き3月にも実施されます。

今回からはすでに書籍をご購入された方(2月のハンズオントレーニング参加の方を除く)も、お申し込みいただけるようになったそうです。

セミナー詳細およびお申し込みは、こちらから。

ボーンデジタル主催:<書籍付>Adobe Premiere Pro CC ハンズオントレーニング

来る2月26日水曜日午後3時より、ボーンデジタル主催によるAdobe Premiere Pro CCハンズオントレーニングが実施されます。講師は、PSTトレーニングステーションの小池拓氏(アドビ映像塾やInter BEE 2013 アドビステージでもおなじみ)です。今回は、先月発売されたアドビ公式Premiere Proトレーニングブックをご検討の方に最適なコースとなっています。

通常のトレーニング受講料が約2万円のところ、今回は書籍代(税込6,090円)のみで受講可能!会場は、アドビ システムズ 株式会社 会議室です。

セミナー詳細およびお申し込みは、こちらから。

第9回After Effects研究会「Sapphire」2月20日木曜日開催

有志団体After Effects研究会の主催による第9回After Effects研究会が、2014年2月20日木曜日午後7時より開催されます。

今回のテーマはGenArts社のプラグイン「Sapphire 7」

参加希望の方は、リンク先ページをお読みのうえ、ご登録ください。

参加費は500円(茶菓代)だそうです。