Flash とインタラクティブコンテンツの未来

 

アドビは、Webにおけるインタラクティビティとビデオやゲームをはじめとするさまざまなクリエイティブコンテンツの向上において主導的な役割を果たしてきました。私たちがインタラクティビティとコンテンツを発展させる必要性を認識した際に、そうしたニーズに応えるべくイノベーションを図ったいくつかのフォーマットの中の一つにFlashやShockwaveがあります。また、フォーマットが存在しないとき、私たちは自らそれを考案しました。こうした新たなフォーマットは、Webの発展にともない、そのコミュニティに受け入れられ、オープンスタンダードの基礎を築く一助を担い、Webの不可欠な要素となりました。

 

しかし近年、HTML5、WebGL、WebAssemblyなどのオープンスタンダードが成熟し、今ではその多くが、プラグインが先駆けて導入した多くの機能やコンテンツに代わる実行可能な選択肢を提供しています。ヘルパーアプリが次第に進化してプラグインとなったように、最近はこうしたプラグイン機能の多くはオープンWeb標準に組み込まれるようになりました。今日、ほとんどのブラウザベンダーはプラグイン機能をブラウザに統合しており、プラグインを推奨していません。

 

こうした進歩を受け、アドビは技術パートナー AppleFacebookGoogleMicrosoft および Mozilla の協力のもと、Flashのサポートの終了を計画しています。具体的には、2020年末にFlash Playerのアップデートおよび配布を停止する予定であり、コンテンツクリエイターに対しては、既存のFlashコンテンツを上述の新しいオープンフォーマットへ移行するよう推奨していきます。

 

ゲームや教育、ビデオを含むいくつかの産業やビジネスはFlash技術を中心に築かれており、私たちはカスタマーやパートナーが移行計画を実行する期間、2020年末まで引き続きFlashのサポートに努めます。予定されているサポートの終了までは、現在Flashコンテンツを表示する主要なOSおよびブラウザに対してFlashのサポートは継続します。これには、通常のセキュリティパッチの配布、OSおよびブラウザの互換性の維持、必要に応じた機能の追加が含まれます。アドビは、Flashコンテンツの安全性と互換性を維持するため、今後もAppleFacebookGoogleMicrosoftおよびMozillaを含むパートナーとの協業に全面的に取り組んでいく予定です。本件に関する各パートナーからの発表を確認するには、各パートナー名のリンクをクリックしてください。

 

また、アドビは第一線で新たなWeb標準の開発をリードし、その発展に積極的に関わっていきます。これには、HTML5標準への貢献、WebAssembly Community Groupへの参加が含まれます。さらには、HTML5コンテンツ開発用Webアニメーションツールの最高峰、Animate CCPremiere Pro CCなどのトップ水準のアニメーション・ビデオツールの提供を継続します。アドビは、将来を見据え、デザイナーやデベロッパー向けに高品質のWebコンテンツの創作に最適なツールおよびサービスを引き続き提供してまいります。

この投稿は、2017/7/25(米国時間)に投稿されたFlash & The Future of Interactive Contentを翻訳したものです。

お客様、アドビ、そして未来を信じること #AdobeLife

アドビは毎年、新年度に開催されるグローバルのセールス キックオフ「Worldwide Sales Conference(WWSC)」にて、優れた成果を挙げ、アドビの4つのコアバリューを実践している従業員を表彰しています。このたび、グローバルでコンサルタントに贈られる「Consultant of the Year」(コンサルタント オブ ザ イヤー)をアドビジャパン シニアプロジェクトマネージャーの鵜瀬 総一郎が受賞しました。成功の秘訣や、お客様やアドビ、そして未来に対する鵜瀬の信念について取材しました。

  Continue reading…

#アドビ 最も成功している米企業500社に選ばれる #Fortune500

アドビは、米国の経済誌であるフォーチュンが、最も成功している米企業500社を選ぶ「Fortune 500」(英語)において、初めてランキング入りを果たしました。アドビは、TeslaやNVIDIAと共に今回初めて選ばれた20社のうちの1社です。ビジネスの成功基準として評価の高い「Fortune 500」は過去63年間にわたり企業を評価しランキング付けを行い、毎年アメリカで最も成功している革新的な企業を選出しています。今年選ばれた500社の合計収益はアメリカのGDPの3分の2を占める12兆ドルで、従業員数の合計は2,820万人以上に上ります。

アダム ラシンスキー編集長は今年の「Fortune 500」の冒頭でアドビのビジネス動向に言及し、CEOシャンタヌ ナラヤンのリーダーシップを評価しました。「アドビは、まだ誰もなしえなかったソフトウェア製品からサブスクリプション型ビジネスへの移行に尽力し、成功を収めました。また、ナラヤン氏がアドビのCEOに10年もの間就任し続けていることは驚くべきことです。これは全てのCEO、とりわけアドビのように急速に変化する業界の企業のトップとしては、非常に大きな成果です。ナラヤン氏の功績は、デジタルディスラプションへの対応とリーダーシップがいかに重要かを教えてくれています。」

Fortuneに掲載されたアドビのプロフィールはこちら(英語)です。

※本ブログは、2017年6月14日に米国で公開されたAdobe Conversationsブログ記事の抄訳です。

 

#アドビ、忌引休暇を最大4週間に拡大 #AdobeLife

* English follows after Japanese.

※本ブログは、アドビ システムズ 株式会社の人事部長であるキム ブロンスタインによる投稿です。

 

【2017年6月7日】

アドビは先ごろ、米国の雑誌「People」が選出する「Companies that Care 2017(従業員、コミュニティ、環境に配慮している企業)」50社の中で第8位にランクインしました。このランキングでは、企業が従業員や地域社会とどのように関係性を築いているかに着目しており、アドビは、従業員のウェルネス、子供を持つ従業員への支援、テクノロジー分野における女性の活躍促進等が評価されました。

アドビは、従業員のワーク ライフ インテグレーションの実現を支援しています。日本オフィスでも従業員を支援するための様々な方法を検討しています。 Continue reading…

社内でキャリアを再創造する方法 #adobelife

アジア太平洋地域IT顧客サービス部門のマネージャーである當摩 理佐子がアドビに入社した2006年、アドビの日本法人の社員数は100人ほどでした。現在、従業員数は3倍以上に拡大し、2017年度 日本版「働きがいのある会社」(Great Place To Work)調査の従業員100~999人のカテゴリーにおいて15位に選出されました。組織が拡大する一方で、今もなお風通しの良い社風が維持されている点が、當摩がアドビで10年以上働き続けている理由の一つです。

「アドビでこんなに長く働くことになるとは思いませんでした。3年か4年で他に移ると思っていたのです。でも、アドビは数年ごとに生まれ変わっています。いろんな変化が起こり、まるで違う企業のように変わっていくのですが、私が好きな良い部分は変わっていません。だから、新しいことを探しに他に移る必要もなかったのです。」 Continue reading…

#アドビ 調査、従業員の #人事評価 のやり方が時代遅れになっていることを示唆

マネージャーが社員の査定に費やす時間を年間10万時間以上削減したアドビ独自の人事評価制度「チェックイン(Check-in)」をオープンソース化

 

米国では企業の従業員の多くが、年に一度の人事評価を受けています。しかし、アドビが米国の1,500人の会社員を対象に実施した調査「Performance Reviews Get a Failing Grade(パフォーマンスレビューに不合格判定)」によると、人事評価の多くは時代遅れで、多くの時間を費やなくてはならないストレスフルなものと認識されています。調査では、従来型の人事評価が、従業員やマネージャーから、いかに非生産的で無意味だと思われているかを明らかにしています。

調査対象となった従業員の88%は、ランク付けや数値の評価をともなう文書によるレビューなど、体系的な従来型の人事評価を定期的に受けなければならないと答えています。そして、こうしたレビューが同僚間の競争を激化させ、人間関係上のストレスを増やしており、感情的なやりとりや退職にも繋がると回答しています。

Continue reading…

#国際女性デー 女性アーティスト展示「Blossom Blast 2017」を振り返って #adobelife #AdobeforAll

こんにちは、アドビのCR担当 斉藤よう子 です。3月8日の国際女性デーに合わせて企画された「Blossom Blast(ブロッサム・ブラスト)」。日本在住の女性アーティストを紹介することを目的とした、この女性活躍促進のアートプロジェクトに、アドビジャパンは今年も協賛しました。

日本は、世界一クリエイティブと言われる国でありながら(出典「State of Create: 2016」)、女性アーティストを取り巻く環境は、決して良くはありません。プロのアーティストとして活動している人数は男性に比べて非常に少なく、作品の売買価格も低めに設定されてしまう傾向があるそうです。また、結婚・出産を通じてキャリアを継続できないという状況も男女格差を生む要因となっていて、これは日本だけでなく世界共有の問題として認識されています。

しかし、そんな状況を明るくガールズパワーで打破していくべく、アーティストのサイトウ・ミキさんとクリエイティブエージェンシーのTokyoDexによって「Blossom Blast 2017」は企画され、今年は3月1日から18日までの18日間開催されました。才能あふれる女性アーティストのパワフルな作品が集まり、すっかり華やかな雰囲気になった原宿にあるUltraSuperNew ギャラリー。作品の展示以外にも、Lean in Tokyo(リーンイン東京)による「Men Support Women 」などさまざまなテーマで4つの関連イベントが実施されました。

アドビは、今月15日に「Adobe Night」と題して、アドビ社員とその家族や友人を招いたレセプションパーティーと、「Women In The Arts 〜女性クリエーターが直面する難題を知る〜」というトークセッションを行いました。「Blossom Blast 」主宰のサイトウ・ミキさん、SBIアートオークションで近現代美術部門キュレーターをつとめる塚田萌菜美さんをパネリストに迎え、TokyoDexのクリエィティブディレクターであるDaniel H. Rosenさんに進行役をお願いしました。サイトウ・ミキさんから日米で活動されている女性アーティストとしての体験談や、塚田さんからアートオークションの仕組みや売買される作品の傾向、女性アーティストを置かれている現状についてお話を伺い、アドビ社員とのディスカッションをしました。

アートオークションの落札結果から分析すると、存命中の作家の落札価格の上位は圧倒的に男性で占められており、まだまだこれから女性アーティストの活躍の余地がある、と思う一方で、実は日本人アーティストのトップは断トツで草間彌生さんということが分かりました。草間さんの作品が億単位で落札されている状況を初めて知って、あらためて世界で評価されている草間彌生さんが日本人女性アーティストとして誇らしく感じました。

日本のアート市場に目を向けると、美大の卒業生の7割が女性ですが、コンぺの受賞者となると4割、そして芸術祭に参加する人数は3割まで減少します。また、画廊やギャラリーのオーナーなどのアートマーケットのプレーヤーも男性が多いということがわかります。ある美大のアートマネージメント学科の6割が女性でありながら、現在活躍中のギャラリーの経営者は15%、ディーラーは10%弱でとどまっています。これらは一つの側面にすぎないかもしれませんが、こうやって実際お話を伺うことによって、アーティストの皆さんがどういう状況にいるかを知ることは、女性アーティストの活躍促進を考えるヒントにはなりそうです。

また、Adobe Nightでは、業務に関係なく個人的に創作活動をしているアドビ社員の作品を募集し、社内から日本画、写真、ビジュアルアート、書道などの7点を会場に展示し、同僚の隠れた才能に気づき、嬉しい驚きを味わうことができた1日でした。

さて、「女性の権利」「フェミニズム」というと、どのような印象を受けるでしょうか。ファイティングポーズをとりながら、社会の壁(課題)に向かって突き進み、女性である権利を声高に主張する、といった強い女性たちをイメージするかもしれません。しかし、実際は、ジェンダーに関係なく、目指したいことを目指せばよい、その障害が性別であってはならない、ということなのです。女性の多い職業に挑戦する男性にもあてはまる考え方かと思います。「国際女性デー」をきっかけに、こうあるべき、と自分で無意識に制限をかけてしまっていることに気づいたり、周囲の人を応援することが始まれば、素晴らしい取り組みだと思いました。

アドビは、Diversity & Inclusionという取り組みを行っていて、グローバルで見た従業員の男女構成比をできるだけ半分にしようとしています。多種多様な仲間で仕事をすることでより付加価値の高い仕事ができると考えています。みなさんの職場や学校に、もし、1人だけ女性、1人だけ男性、という方がいたら彼らは先駆者です。ぜひ歓迎して応援しましょう。

また来年のこの時期、女性アーティストの作品を鑑賞して、さらに彼女たちが羽ばたけるようにより多くの人とこの取り組みを分かち合う時間ができたらいいな、と思っています。またこの活動を発展させていくためにも女性のアーティストを応援しているNPOのご担当者の方は、ぜひご連絡ください。

働きがいのある会社とは…アドビ、Fortune「Best Workplaces In Technology 2017」の第9位に

Photo credit: Adam Freidin

この記事は、What Really Makes A Great Place To Work(原文執筆:Jeff Vijungco, Vice President, Global Talent)の抄訳です。

 

アドビは、第2回目となるFortune誌「Best Workplaces In Technology 2017」年間ランキングにおいて、従業員数1,000名以上の大企業の第9位に選ばれました。

この調査は、コミュニケーションの透明性、共同業務の割合、福利厚生制度の充実度、専門能力育成の機会、ワーク・ライフ・バランスのための支援についての設問に対し、ハイテク業界で働く42,000名を超える従業員から得られた匿名回答をもとにしています。

ハイテク企業と言えば、優秀な人材の獲得にユニークなベネフィットや福利厚生が話題になりますが、その競争も激化しています。働きがいのある会社に必要なことは何か?、グローバル人材部門バイスプレジデントのJeff Vijungcoに話を聞きました。

 

アドビが採用において、他社と比べて競争力を発揮できているのは、なぜでしょうか?

 

Jeff:私はアドビ社員であることを誇りに思っていますが、客観的に、シリコンバレーにはすばらしいリーダーシップを有するさまざまな企業の本拠地であることを認めなければなりません。アドビ本社の半径5マイル(約8キロ)以内には、世界で最も有名なブランド企業のオフィスがたくさんありますし、そのまわりには求人情報もあふれています。ですから、なぜアドビが「Best Workplaces In Technology」にランクインしたのかという質問があるのは当然です。

入社することは、単に会社に入ることを意味するのはなく、その会社のコミュニティに加わるということです。コミュニティ意識は、確実に従業員のモチベーションに影響します。ですから、さきほどの質問に対する答えは、「企業カルチャー」とお答えします。これこそが、アドビの重要な差別化要因であり、私たちがどのようにして共に働き、物事をやり遂げていくかということ、さらには、時代の流れに耐えうる企業カルチャーであるかということです。アドビは、頭と手と心の3つを兼ね備えた人材がいます。頭は知性、手は労働倫理、心は価値観を意味し、これらを重視して人材を雇い、育成しています。どのハイテク企業も各分野のリーダー的存在となっているシリコンバレーにおいて、私たちが他社と区別されるのは、この企業カルチャーです。

ここで、みなさんに就職活動のアドバイスを一つお伝えします。是非「受付チェック」をしてみて下さい。どこの企業でも、まずは朝か昼休みにその会社の受付エリアに座って、その会社の雰囲気を肌で感じてみるのです。従業員たちは互いに気持ちよく接しているか?やる気がが感じられるか?良し悪しはすぐにわかるはずです。

 

人事系のランキングはなぜ重要なのでしょうか?

 

Jeff:アドビが自らアピールするのではなく、従業員自らが会社を支持して投票していることが重要です。アドビという会社が、従業員自身が成長し、キャリアを形成できる会社だと確信しているからこそ投票してくれているのです。意義のある貢献ができ、それによって評価され、なおかつその過程を楽しんで仕事ができる環境だからです。

アドビは設立から30数年が経ちますが、私たちは常に次世代のことを考えています。会社にとってより重要なものは何か――人かアイデアか?――をテーマに継続的な議論がなされています。アイデアそのものの重要性はさておき、それは人だと、私たちは考えています。ビジネスモデルの移り変わりにともない、アイデアは変容、変化するものですが、適切な人材を獲得すれば、適切なアイデアは後からついてくるはずです。

 

グローバル企業として、各拠点で一貫した文化や環境を維持するのは容易ではありません。場所を問わず、職場を働きがいのある環境するための共通項は何であるとお考えですか?

 

Jeff:自己認識力と対人関係力の両方を含むグローバルなEQ(Emotional Quotient=こころの知能指数)が重要です。グローバル企業の場合、国ごとの文化の差が影響する場合があるので対人関係力の方がより重要です。アドビは、事業を50か国以上で展開し、タイムゾーンは15以上におよびます。その中で、上下関係が重視される国もあれば、個々の関係性が中心となっている国もある。例えば、会議に間に合うとは、開始数分前に着席していることだという国もあれば、会議は定刻よりやや遅れて始まるものと認識されている国もある。海外の社員がサンノゼの本社に出張してくると、実にさまざな特異性を持つ集団ができあがり、互いを考慮する必要性が生じます。要は、高いEQでもって相違点よりも共通点を多く作りだしていくということです。

 

「働きがいのある会社」に絶対必要なものは何でしょうか?

 

Jeff:オフィスを巡回するお菓子カート、ビーズチェア、無料のランチなど、企業のおもてなし合戦は増え続けていますが、それらは不可欠なのものではありません。すばらしい福利厚生を提供しつつ、従業員のニーズを吸い上げ、それに対してできる限りサポートを行うこと、それが理想の職場です。

先週、妻が風邪をひき、子供たちを学校に送っていけるかと彼女に訊かれました。いつもは妻が行っているんです。普段より30分ほどの遅刻ですが、当社の企業文化は柔軟なので問題にならないとわかっていましたから、ストレスは感じませんでした。こうした柔軟性は、テニスのスター選手を娘に持つ私の同僚にも影響を与えています。彼女は、午後は娘をサポートできるよう、毎朝6時に仕事を始めます。

従業員のやる気を引きだし、コミュニティ意識を有する会社、そして、成果を犠牲にせずに柔軟性を保ち、仕事の面でも人間的な面でも従業員が成長していく環境を作りたいのであれば本気でそれに取り組む、これこそが「働きがいのある会社」だと私は信じています。

 

本記事はAdobe Conversations Blogに投稿されたものです。アドビがなぜ理想の職場なのか、是非ご自身で確かめて、今すぐご応募ください。

 

アドビ、2017年度 日本版「働きがいのある会社」でベストカンパニーに選出

この度アドビの日本法人は、初参加の2017年版「働きがいのある会社」(Great Place To Work )調査で高く評価され、従業員100~999人のカテゴリーにおいて15位に選出されました。Great Place to Work (R) Institute Japanは、世界約50か国以上で実施されている Great Place to Work「働きがいのある会社」の調査を実施しています。

アドビは、全社員にとってより働きがいのある会社にすることをコミットしています。産前産後休暇および出生休暇 の改善や、ウェルネス・教育支援プログラムの導入など、さまざまな福利厚生の制度拡充の結果、多くの社員から良い反響がありました。今回のランキングは、その改革の前向きな結果を反映したものといえます。

今回、アドビジャパンでは初めての参画ですが、アドビは既に世界中でWorkplace関連のアワードを多数受賞しています。ここ一年間において、Fortune’s 100 Best Workplaces in Technology (#9), Forbes World’s Most Innovative Companies (#36) and Interbrand’s 100 Best Global Brands (#68) などにランクインしています。

アドビのグローバル人材部門バイスプレジデントのJeff Vijungcoが、ブログ投稿にて「働きがいのある会社に必要なことは何か?」について話をしています。

「アドビには、頭と手と心の3つを兼ね備えた人材がいます。頭は知性、手は労働論理、心は価値観を意味し、これらを重視して人材を雇い、育成しています。…私たちが他社と区別されるのは、この企業カルチャーです。」

 

 

アドビ 2017年 年頭所感

 

【2017年1月4日】

あけましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 

2016年の振り返り

年頭にあたり2016年を振り返ると、デジタルの重要性が今までになく高まった年でした。特にIoTやAIなどが話題となり、消費者から得られる膨大なデジタルデータの中から価値のあるデータを自動的に抽出し消費者が欲しい情報をより速く、より正確に提供できる技術の進歩がいっそう速まりました。

Continue reading…