#Adobe Sensei の発表から1年を振り返る #AI

アドビの今までそしてこれからも変わることのない一貫したミッションは、「優れた顧客体験を提供すること」です。我々はこれまで長きにわたって、クリエイティビティ、データ、インテリジェンスを融合させることで、このミッションを推し進め、イノベーションの限界を突破してきました。人工知能(AI)や機械学習といったデータサイエンス技術は常に重要な要素であり、我々のAI/機械学習プラットフォームであるAdobe Senseiを発表し、この分野への投資とコミットメントの拡大を表明したのは、2016年の11月でした。

Adobe Senseiはこの1年でいくつもの素晴らしい成果を達成しています。アドビのクラウドプラットフォーム上にAdobe Senseiの基礎を構築したほか、アドビの製品ポートフォリオを対象に、Adobe Senseiを活用した新たなインテリジェント機能を多数導入しました。Adobe Creative Cloud、Document Cloud、Experience Cloudには現在、Adobe Senseiを活用した機能が100以上搭載されています。これらの機能により、アプリの設計、映像の編集、マーケティングキャンペーンの立ち上げなどのさまざまな用途で、お客様はよりスマートかつ迅速に、効率的そして効果的に作業を遂行できるようになっています。

人々の創造力を喚起

アドビの考えるAIのアプローチは、人々のインテリジェンスやクリエイティビティに取って代わるものではなく、これを増強させ、日常的なタスクの遂行から人々を解放するものです。2017年10月にアメリカで開催されたクリエイティブの祭典「Adobe MAX」では、Adobe Senseiを活用した10種類以上の新機能がCreative Cloudに対応したことを発表し、クリエイティビティを高めるインテリジェンスのパワーをご紹介しました。中でも以下の機能は大きな話題を集めました。

  • インテリジェント検索:Lightroom CCの機械学習を活用することで、ユーザーは合理化された検索機能を実行し、写真内のオブジェクトに自動適用されたキーワードやタグに基づき、写真を検索できます。
  • 自動リップシンク:Adobe Character Animator CCでは、アニメのキャラクターやパペット上で、吹き替えの音声に合わせて適切な口の形が正確に選択されます。
  • Typekitビジュアルサーチ:お持ちの活字の写真をアップロードするだけで、Adobe Typekitにある5,300フォント以上のインベントリーの中から似たフォントが提案され、プロジェクトに適切な活字書体を素早く見つけ出せます。
  • REMIX:Adobe Audition CCでは、楽曲ファイルを自動分析し、数百カ所ものループ、トランジション、重要なセグメントを特定することで、与えられた時間に合わせてあらゆる楽曲を素早く再アレンジできます。

これらの機能は、お客様が現在ご利用いただけるものですが、この機会を利用して、未来についても覗いてみたいと思います。Adobe Senseiのマジックを有効に機能させるべく、アドビのラボが行っているプロジェクトの1つに、「クリエイティブアシスタント」があります。これは、Adobe Senseiの持つデザインインテリジェンスを活用することで、ユーザーの個人的なクリエイティブスタイル、ワークフローの意思決定、テンプレートから学習を続け、クリエイティブ作業を自動的に強化するものです。詳細については、以下Adobe MAXで披露された概念実証のデモをご覧ください。

 

 

デジタルエクスペリエンス/ドキュメントサービスのインテリジェンス

アドビのデジタルマーケティングとドキュメントサービスのソリューションでも、Adobe Senseiのイノベーションは受け継がれています。

  • Adobe Experience Cloudでは、匿名化された膨大な量の顧客情報が、Adobe Senseiの学習エンジンを支えています。過去4四半期では、お客様による155兆件以上のデータトランザクションの管理をサポートしてきました。例えば、Adobe Senseiを活用したAdobe Targetの自動ターゲティング機能により、マーケターは、さまざまなデジタル属性を通じて、パーソナライズされたカスタマーエクスペリエンスのバリエーションを、迅速かつ無制限に提供できます。Adobe Senseiは次に、それぞれの顧客にとって最高のエクスペリエンスを判断し、消費者のその後のアクション(商品の購入やサイトへのログイン)に応じてエクスペリエンスを最適化し続けます。この結果、アドビのお客様は過去1年間で、企業向けに約10億件ものコンバージョンを達成できました。

 

 

  • 6月には、Adobe Document Cloud対応のiOS/Android向け無料モバイル版アプリとして、Adobe Scanの提供を開始しており、ユーザーはどこにいても簡単にデジタル文書を作成できます。Adobe Senseiを活用した高度な画像処理技術によって、Adobe Scanは、画像を瞬時にキャプチャし、再利用可能なテキストを収録した、クリアでダイナミックなPDFへと変換できます。Adobe ScanのOCR(光学式文字認識)機能を利用すれば、紙のテキストを数秒間でデジタルテキストに変換できます。

 

 

今後に向けて

Adobe Senseiは今後も、数えきれないほどの画像を対象にマッチングを行ったり、マーケティングキャンペーンではオーディエンスの重要なセグメント向けに細かいターゲティングを行ったり、ドキュメントの意味や感情を理解したりと、お客様の複雑なエクスペリエンスの課題に取り組んでまいります。アドビの深く専門的なAIの統合は、エクスペリエンスの未来を進化させる新しいテクノロジーを開発するための急速な革新を推進し、お客様の創造性と革新性を強化します。このほかにも、パートナーやデベロッパーの皆様には、アドビの開発プラットフォームであるAdobe.ioを通じ、近日中にはAdobe SenseiをAPIとして公開する予定です。これによってデベロッパーは、Adobe Senseiを活用した、全く新しいタイプのアプリケーションやソリューションを顧客向けに開発できるようになります。

アートとサイエンスの融合は、アドビのDNAに深く組み込まれており、Adobe Senseiによる私たちのAIへの大きな賭けは、企業としての歩みの次の大きな一章となります。策定中の魅力的な計画やロードマップについては、心から大きな期待を寄せており、来年には、Adobe Senseiのかつてない驚愕のイノベーションを皆様にお届けできるでしょう。

##

Adobe Senseiについての詳細は、http://www.adobe.com/jp/sensei.html をご覧ください。また、Twitterでは@AdobeSenseiをフォローしてください。

この投稿は、2017/11/2(米国時間)に投稿されたMASTERING CREATIVE AND EXPERIENCE INTELLIGENCE: A YEAR WITH ADOBE SENSEIを翻訳したものです。

Comments are closed.