Author Archive: Yoshiaki Nagayasu

Adobe Sign SDK (JavaScript)の紹介 #AdobeIO

はじめに

2018年6月、Adobe Sign機能強化機能改善が行われました。新たな機能の説明はAdobe Signリリースノートを参照してください。また機能強化に伴いAdobe Sign REST API Versionも5から6に更新されました。Version 5Version 6ではざっと見る限りwebhooks APIが追加され、各APIの整理、統合が行われました。この記事執筆時は、REST API Version 6のみ公開されました。SDKのV6対応スケジュールは公開され次第お知らせ致します。

この投稿について

前回はAdobe Sign APIを使うために必要な手続きについて説明しました。また簡単ではありましたがAdobe SignのREST APIの使い方を説明しました。

Adobe Sign にはREST API (HTTP) を利用する他に

JavaScript SDK for browser
JaveScript SDK for node.js
Java SDK

の開発キットが提供されます。この投稿ではサンプルソースコードを使いながらAdobe Sign SDKの使い方を説明します。

Continue reading…

Adobe Sign APIの紹介 #AdobeIO

Adobe Signはアドビが提供する電子サインソリューションです。面倒な書類や契約書の電子サインプロセスを一括管理することで最適化、最短化することができきます。

Adobe Sign APIsは、Signソリューションが提供する機能をアプリケーションから利用、統合します。

Adobe Sign APIでできること

青のブロックで示した機能をAPIで操作することができます。

Adobe Sign APIを前編、後編でまとめます。

前編では、Adobe Sign APIを利用するための諸手続きやHTTP (REST API)を使ってAPIでできることについて学びます。
後編では、Java, JavaScript with Node.js, JavaScriptを使って簡単なプログラムを作ります。 Continue reading…

Adobe I/Oのアプリケーション開発を始める前に #AdobeIO



Adobe I/O Console では、アドビ製品と連携する上で必要なアプリケーション開発や、アドビ製品の機能を拡張するために必要なツールや情報を提供します。
現在、I/O Consoleはサービスを利用するためのAPI Keyを発行するIntegrationsページとCreative Cloud製品の開発キットを取得するDownloadsページが用意されています。  Continue reading…