アドビ、米サイバーマンデーのネット売上高が前年比 16%増の26億5,000万ドルと過去最高を記録したことを発表

スマートフォンによるオンラインショッピング売上高が占める割合が昨年の約2倍に

Adobe(Nasdaq: ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下アドビ)は、歳末商戦のネット売上高についてまとめた「Adobe Digital Index Online Shopping Data」を発表しました。これによると、本年の米国の感謝祭(11月の第4木曜日、本年は11月27日)のネット売上高は、2013年比で25%増の13億3,000万ドル、このうち日本は3億3,700万ドルで全体の約25%を占めました。また、ブラックフライデー(感謝祭の翌日、本年は11月28日)は、24%増の24億ドル、このうち日本は3億3,100万ドルで全体の約14%を占めました。サイバーマンデー(感謝祭明けの月曜日、本年は12月1日)は、16%増の26億5,000万ドル、このうち日本は4億800万ドルで、全体の約15%を占めました。また、小売業トップ25での売上高の伸び率は、25%増の約18億ドルとなりました。歳末商戦シーズン(本年は11月1日~12月1日)を通してのネット売上高は20%増の96億ドルで、総売上高は前年比14%増の379億ドルに達し、過去最高となりました。

「Adobe Digital Index Online Shopping Data」は、Adobe Marketing Cloudを活用している4,500の電子商取引Webサイトを対象に4億回以上の訪問によって集計された匿名データを分析することにより、米国の小売業者上位500社のオンラインショッピングの支出額の10分の7以上を占めるデータを測定しています。

今回の調査では、オンラインショッピングのさらなる普及が確認されました。特にモバイルショッピングは、感謝祭で全体の29%(2013年の21%から拡大)を占め、ブラックフライデーでは、27%(2013年から3ポイント増加)、サイバーマンデーは19%(3億2,800万ドル)となりました。またブラックフライデーでは、スマートフォンの売上高に占める割合は13%まで増加しており、昨年が全体の7%であったことと比べると約2倍の割合となっています。

以下は、オンラインショッピングに関する主要なデータとトレンドです。

・モバイルショッピングのトレンド: OSのシェアでは、ブラックフライデーは、iOSユーザがAndroidユーザの4倍のモバイル売上高を生み出しており、その比率は79%対21%で、サイバーマンデーでも、iOSがモバイル売上高全体の79%を占めました。

・ソーシャルネットワークの影響:ソーシャルネットワーク経由で直接発生した販売の平均注文額(AOV)では、Facebookが114.45ドルと最高額を記録しました。第2位はPinterestの93.20ドルで、Twitter経由のネット売上高は平均90.74ドルでした。AOVの成長率が最も高かったのはPinterestで、前年同期比16%増でした。

・人気のギフト:ソーシャルメディア上でのつぶやきが前月比ベースで最も増加したのは「4Kテレビ」でした。ウェアラブル端末部門ではFitbitがトップで、感謝祭とブラックフライデーのソーシャルメディアでの言及数は10万回に上りました。スマートフォン部門では、iPhone 6が最も多く言及されました。

【調査概要】
実施期間:2014年9月から12月1日
調査ツール:Adobe Marketing Cloud(Adobe Analytics、Adobe Mobile Services)
調査対象:小売、メディア、エンターテイメント、金融サービス、旅行など4,500の電子商取引Webサイト<訪問者数/感謝祭(11月27日)・ブラックフライデー(11月28日):3億5,000万、サイバーマンデー(12月1日):4億>
米国小売業者上位500社のオンラインショッピング売上額の10分の7以上を測定

Adobe Digital Indexについて
Adobe Digital Indexは、デジタルマーケティングやその他の関連トピックに関する調査結果を、 マーケティングやe-コマースに関わる上級管理職や役員クラスの人々に提供します。この調査は、Adobe Marketing Cloudを使って自社Webサイトでの活動から実行可能なデータや分析結果を取得している世界中の5,000社を超える企業からの特定の、匿名の、および集約したデータに基づいて行われています。ビデオベンチマークレポート、その他のレポート、およびインサイトはこちらをご覧ください。

Comments are closed.