アドビ、Adobe Photoshop Lightroom 5.7とAdobe Photoshop Camera Raw 8.7の提供を開始

米国カリフォルニア州サンノゼ発(2014年11月18日)Adobe(Nasdaq:ADBE)(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下 アドビ)は本日、Adobe Photoshop Lightroom 5.7、Adobe Photoshop Camera Raw 8.7、DNG Converter 8.7の最終リリースを、Adobe.comとPhotoshop CCおよびPhotoshop CS6のアップデートを通して提供開始することを発表しました。このリリースでは、Lightroom 5およびCamera Raw 8の従来のバージョンで報告されていた問題が修正されています。また、キヤノン EOS 7D Mark II、ニコン D750、ソニー ILCE-5100など24機種の最新カメラのRAWファイルに対応するようになりました。

Lightroom 5.7の新機能には、ApertureやiPhotoからの移行ユーザー向けのインポートツールや、Lightroomのウェブサイトで共有する画像のコメントやフィードバックの閲覧機能などがあります。

Lightroom開発チームは、「これらの問題を詳しく特定することに貢献してくださったすべての方に感謝しています。特に、フィードバック用サイト(feedback.photoshop.com )を通じてご協力くださったコミュニティメンバーの方にお礼を申し上げます。アドビは、コミュニティからフィードバックを得ることで、様々なハードウェア、ソフトウェア構成を持つお客様に最高の操作性を提供できるよう取り組んでいます。」と述べています。

Lightroomはデジタル画像ワークフローの重要なソリューションであり、ハイアマチュアやプロの写真家は、単一アプリケーション内で、すべての画像のインポートや管理、加工、共有を素早く行うことができます。Camera Rawプラグインにより、多くの主要なデジタルカメラのRAW画像フォーマットを素早く簡単に利用することが可能です。

価格および提供時期
Lightroom 5.7は、Lightroom 5ユーザー向けに無償アップデートとして提供されます。Camera Raw 8.7は、Photoshop CCおよびPhotoshop CS6のユーザーに無償アップデートとして提供されます。CS6向けのCamera Raw 8.6については、今回のCamera Rawのポリシー変更に基づき、カメラおよびレンズプロファイルのサポートのみのアップデートとなりますのでご留意ください。

Lightroom部門のFacebook(www.facebook.com/lightroom)、Twitter(www.twitter.com/lightroom)、Adobe Lightroomブログ(http://blogs.adobe.com/lightroomjournal)、Photoshop 日本公式ブログ(http://blogs.adobe.com/photoshopjapan/ )もご覧ください。

Comments are closed.