音声の大きさを編集してみよう

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)

pre_icon_40

動画の音声やBGM、ナレーションなどそれぞれの音量を調整することができます。たとえば、動画の音声があるクリップにBGMをかぶせたい場合、BGMが気持ちよく聞こえるように動画の音声を適度に下げることもできます。

h2_11417_00

オーディオメーター画面を表示した状態で、作成した映像を再生すると音量の大きさを色目盛りで示します。音が大きすぎて、所々歪んでしまっている場合、このオーディオメーターで基準を見ながら正確に歪んでいる箇所を特定できます。

手順1

まずはプレミアエレメンツを起動して、音声を調整したいプロジェクトを開くか、または新しく作ってください。詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

手順2

[ウインドウ] メニューをクリックして、[オーディオメーター] を選択します。
11417_01

手順3

[オーディオメーター] 画面が表示されたら、[再生] ボタンをクリックします。
11417_02
※再生していた中で、クリッピングインジケーターが赤く点灯した場合は、音量を下げる必要があります。
11417_03
以上で、オーディオメーターで音量を確認する手順は完了です。

h2_11417_02

エキスパート画面のタイムラインで、オーディオのクリップを直接調整できます。音量グラフをクリックして上下に動かすことで音量の上げ下げができ、クリップ間で音量レベルを合わせたり、完全に消音(ミュート)することができます。

手順1

まずはプレミアエレメンツを起動して、音声を調整したいプロジェクトを開くか、または新しく作ってください。詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

手順2

画面上部にある [エキスパート] をクリックし、エキスパート編集画面にします。
プレミアエレメンツのエキスパートモード

手順3

トラックが縮小表示になっている場合は、三角印をクリックして開きます。
11417_04

手順4

オーディオのクリップ名の右にあるメニューから、[ボリューム] にカーソルを合わせ [クリップボリューム] を選択します。
11417_05

手順5

クリップの黄色い水平線(音量グラフ)にカーソルを合わせ、カーソルが変化したらクリックして、グラフを上下に動かすことによってクリップ全体の音量を調整します。
11417_06
以上で、エキスパートのタイムラインで音量を調整する手順は完了です。

h2_11417_03

手順1

まずはプレミアエレメンツを起動して、音声を調整したいプロジェクトを開くか、または新しく作ってください。詳しくは「プロジェクトを作って開いてみよう」を確認してください。

手順2

画面上部にある [エキスパート] をクリックし、エキスパート編集画面にします。
プレミアエレメンツのエキスパートモード

手順3

タイムラインで音量を調整するクリップをクリックします。
11417_07

手順4

画面右上の [調整] ボタンをクリックします。
11417_08

手順5

調整パネルから [ボリューム] をクリックします。
11417_09

手順6

クリップボリュームのスライダーを左の「-(下げる)」か右の「+(上げる)」に動かし、音量を調整します。
11417_10
以上で、調整パネルでの音量を調整する手順は完了です。

音声の音量調整は分かりましたか?全体の音量調整ができるようになったら、徐々に音量を上げるフェードイン、徐々に音量を下げるフェードアウトの方法も試してみてください!詳しくは「BGMにフェードイン/フェードアウトを設定してみよう」を確認してください。

コメント投稿 Comment Form


five − 1 =