ファイルを保存してみよう

VN:F [1.9.22_1171]
Rating: 0 (from 0 votes)

pse_icon_40

フォトショップエレメンツで編集したファイルを保存するときの3つの方法を紹介します。
  • オリジナルの写真を上書きして保存する「保存」
  • オリジナルの写真を残し、別に保存する「別名で保存」
  • WEBサイトに掲載する写真を保存する「WEB用に保存」

「ちょっとした補正だけで、保存枚数を増やしたくない」、「オリジナルの写真は保存しておいてまた別の作品を作るときに使う」など、用途に合わせて保存方法を使い分けましょう!

オリジナル画像を上書き保存する

手順1

フォトショップエレメンツを起動し、写真を開きます。必要に応じて編集を行います。
※写真の補正や加工などの編集方法の紹介記事は順次公開予定です。
6282_01

手順2

左上にある [ファイル] メニューの [保存] をクリックします。
ファイルメニューから保存
注意: フォトショップエレメンツ12 の初期設定では、ファイルの初回保存時は必ず [別名で保存] 画面が表示されるように設定されています。この設定を変更するには、以下のいずれかの操作をします。

  1. [編集] メニューの [環境設定] にカーソルを合わせます。
  2. カーソルをそのまま移動させ、[ファイルの保存] をクリックします。
    編集メニューから環境設定を選び、ファイルの保存
  3. [初回保存時] の設定を、以下のいずれかに変更します。
    - [常に確認] : 毎回 [別名で保存] 画面を表示します。
    - [オリジナル画像の場合に確認] : 初回保存時のみ、[別名で保存] 画面を表示します。
    - [現在のファイルを上書き保存] : [別名で保存] 画面を表示せずに上書きします。
    初回保存時の設定
    ※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。ブラウザの戻るボタンで元の表示になります。

オリジナル画像とは別に保存する

手順1

フォトショップエレメンツを起動し、写真を開きます。必要に応じて編集を行います。
※写真の補正や加工などの編集方法の紹介記事は順次公開予定です。
完成画面

手順2

左上にある [ファイル] メニューの [別名で保存] をクリックします。
ファイルメニューから別名で保存

手順3

[別名で保存] 画面が表示されます。

  1. 保存する場所を選択します。
  2. お好きなファイル名を入力します。
    ファイル形式は使用目的で変わりますが、ここでは「JPEG(ジェイペグ)」を選択します。
  3. 必要に応じて保存オプションを指定します。
    ※選択したファイル形式によって指定できるオプションが違います。
    ※保存した画像を Elements Organizer のカタログに表示されるようにするには、[Elements Organizer に含める] のチェックを入れます。
  4. [保存] ボタンをクリックします。

別名で保存画面の説明

 WEB用に保存する

写真をWEB用に保存すると、ファイルサイズが軽くなり、ホームページやブログなどに適した画像が作成できます。

手順1

フォトショップエレメンツを起動し、写真を開きます。必要に応じて編集を行います。
※写真の補正や加工などの編集方法の紹介記事は順次公開予定です。
完成画面

手順2

左上にある [ファイル] メニューの [web用に保存] をクリックします。
ファイルメニューからWEB用に保存

手順3

[Web 用に保存] 画面が表示されます。

  1. 画面右上のプリセットセクションで、目的にあった画像の保存形式・画質を選びます。
    ※高画質ほどファイルサイズが大きくなり、低画質ほどファイルサイズが小さくなります。
    画面左がオリジナルの写真、右がWEB用に新しく保存する写真です。画像を見比べることができるので試してみてください。
  2. [OK] ボタンをクリックします。

WEB用に保存画面の説明
※画像をクリックすると大きな画像が表示されます。ブラウザの戻るボタンで元の表示になります。

手順4

[最適化ファイルを別名で保存] 画面が表示されます。

  1. 保存する場所を選択します。
  2. 半角英数字でファイル名を入力します。
  3. [保存] ボタンをクリックします。

最適化ファイルを別名で保存画面の説明
※「保存されるファイルの中に、ラテン文字以外の文字が含まれています。これらのファイル名と互換性のないwebブラウザーやサーバーがあります。」というメッセージが表示された場合は、[OK] ボタンをクリックしてそのまま画像を保存してください。
ホームページなどで使用する画像の場合は、半角英数字のファイル名でなければならないため、このメッセージが表示されます。
Adobe「WEB用に保存」警告の説明
注意: 「Web 用に保存」で保存する場合、自動的に Elements Organizer に読み込ませるオプションがありません。カタログに表示するには、Elements Organizer で読み込む必要があります。

ファイルの保存はできましたか?
年賀状を作る場合などは、編集したファイルを「Photoshop(.psd)」で保存することで、
残される作業レイヤーを使用して編集することができます。これから公開していく記事も参考にしてよりスムーズな編集に役立ててくださいね。

コメント投稿 Comment Form


− four = 1