Adobe Camera Raw 8.4の話

 

皆さん、こんにちは。アドビの栃谷です。今日は正式に公開された、Adobe Camera Raw 8.4の話です。

Lightroom 5.4/Lightroom mobileの発表・発売開始と同時にリリースされたこのアップデートですが、今回のブログではちょっと深ぼりしてみたいと思います。

 

Adobe Camera Raw 8.4

Camera Raw 8.4

 

従来どおりAdobe Camera Rawのアップデートは、新しいデジタルカメラの対応や、レンズプロファイルの追加、そして不具合の修正が行われています。これはPhotoshop CCだけではなく、Photoshop CS6を所有されている方へ提供されるものです。新しい14機種のカメラ対応は、以下のリストでご確認ください。今回は富士フイルム X-T1のRAWデータサポートや、面白いところではDJI Phantomという空撮が手軽に行えるマルチコプターをサポートしています。今まではあり得なかった(または非常に高い出費が必要だった)構図で写真が撮れるのはかなり面白いと思います。ただ、撮影の構図に加えて、マルチコプターの操縦センスが必要かな?

Adobe Camera Raw 8.4対応カメラリスト
キヤノン EOS 1200D (REBEL T5, KISS X70)
カシオ EX-100
DJI Phantom
富士フイルム X-T1
ハッセルブラッド H5D-50c
ハッセルブラッド HV
ニコン COOLPIX P340
ニコン D3300
ニコン D4S
Panasonic LUMIX DMC-ZS40 (DMC-TZ60, DMC-TZ61)
Phase One IQ250
Samsung NX30
ソニー Alpha a5000 (ILCE-5000)
ソニー Alpha a6000 (ILCE-6000)

以下の機種は正式サポートはしていませんが、RAWデータが閲覧できます。
キヤノン PowerShot G1 X Mark II (*)
ニコン 1 V3 (*)
オリンパス OM-D E-M10 (*)
Samsung NX mini (*)

レンズのプロファイルは今回も多く追加されています。これはLightroom Journalでご覧ください。

また、Camera Raw 8.4はWindows XP、Windows Vista、そしてMacOS X10.6はサポート対象外となります。ご注意ください。

 

 

そしてPhotoshop CCをご利用いただいているユーザーの皆様は、今回のCamera Raw 8.4で搭載された様々な新機能が利用できます。まさにCreative Cloudのコンセプトである「継続する付加価値(Ongoing Value)」です。

プレビューウィンドウの機能強化

一番の目玉になるのは「補正前/補正後」の表示設定です。Lightroomではおなじみの、ライブラリモジュールに搭載されている機能です。作業画面にあるダイアログウィンドウの右下にある「Y」が記載されている、チェックボックスのボタンを押してみれば一目瞭然です。(数回押してみて変化を見てください)

プレビューウィンドウ表示

プレビューウィンドウ表示。左右で「補正前」「補正後」表示になっている

 

現像作業をしていると、色々と試行錯誤しすぎてしまいがちです。オリジナルと補正後とどれくらい画像に変化があるのかを作業中に確認できるのは良い機能です。補正中に「バチッ」と気に入った絵が作れたと思ったら、今度は真ん中のボタンを押してください。すると、それが「補正前」のウィンドウに移動され、その後も「気に入った絵」をベースに比較しながら補正作業ができます。右側のボタンは現在設定した補正パラメータ(ホワイトバランスや露出など)を補正前の画像にコピーするものです。

 

赤目修正に「ペットアイ」が追加

スクリーンショット 2014-04-22 11.24.55

「ペットアイ」の追加

赤目は人間だけでなく動物にも発生します。皆さんも家族の一員と してペットを飼っている方もいらっしゃると思います。ストロボ/フラッシュを利用した撮影の場合には、ペットの赤目は従来の人間の赤目補正のツールでは修 正ができなかったのを知っていますか?今回はペット専用の赤目補正ツールが搭載されています。Photoshop Elements 13に搭載されていた機能ですが、今回のCamera Raw 8.4で好評につき搭載されました。

 

 

 

 

 

「部分補正設定を初期化」

部分補正設定を初期化ウィンドウ

「部分補正設定を初期化」

選択した特定領域に補正をかけるツールとして、3つのツール(補正ブラシ/段階フィルター/円形フィルター)があります。このツールを使って、ホワイトバ ランスや露出などを調整していると思いますが、右クリックすると新たに「部分補正設定を初期化」という選択肢が表示されます。要は補正作業に試行錯誤しす ぎた時、「スタートに戻る」という事で、右側の様々なスライダーが一旦リセットされて、もう一度最初からやり直せる、という機能です。

 

なお、円形フィルターには「画像の塗りつぶし」という選択肢があり、これを選ぶと画像領域最大に円形フィルターが設定され、あたかも画像全体を塗りつぶすようなイメージで作業を行う、という下準備ができるものです。

 

さて、ご理解いただけましたでしょうか?作業と品質の向上が得られる、Adobe Camera Raw 8.4はCreative CloudからPhotoshop CCをご利用いただいている方は、Creative Cloudからアップデート案内がされているので、ぜひ最新版にアップデートしていただければと思います。

ということで、Adobe Camera Raw 8.4の話、でした。

 

 

RAWデータがiPadでみれる、編集できる。Lightroom mobile 提供開始、の話

 

みなさん、こんにちは。アドビの栃谷です。今回は久しぶりの新製品/サービスの案内です。

Adobe Lightroom mobile

Adobe Lightroom mobile

iPadに対応したLightroom。そう、「Adobe Lightroom mobile」(以下、Lr mobile)の提供が開始されました。

写真のプロや愛好家をターゲットした「Lr mobile」は、移動や外出先でも写真の閲覧・編集、最終的には共有作業がiPadで可能になりました。

「それって他のアプリや、iPad自体でもできるのでは?」と思いますよね。このLr mobileの特徴としてはJPEGはもちろん、RAWデータもデスクトップのLightroom 5.4と連携して閲覧・編集ができるのが最大の魅力です。

 

Lightroom 5とLr mobile

Lightroom 5とLr mobile

 

さて、このPhotoshopブログを購読されている方は興味がありますよね?
利用手順や入手方法について、簡単に記載します。

 
[入手方法]
わかりやすい入手方法についてはこちらをご覧ください。
1、Lr mobileはiTunes App Storeから入手してください。
2、既にLightroomをインストール済の方は、アプリケーションを起動して頂き、[ヘルプ]メニュー>[アップデートを確認]で最新版のPhotoshop Lightroom 5.4にアップデートしてください。
また、この機会と同時にAdobe Camera Raw 8.4も公開されました。以前ブログでこのRC版の紹介をしましたが、Lightroom 5.4のRC版が公開できなかった理由が、今回のLr mobileのリリースとなるのです。

 

[利用方法]
Photoshop写真家向けプログラムCreative Cloud 通常版(個人版、グループ版)、学生・教職員版に加入することで利用できます。

 

ここからはうんちくになりますが、iPadではどのようにRAWデータの閲覧・編集が実現できたのか?
それはLightroom 5の新機能として紹介した「スマートプレビュー」テクノロジーにあります。
デスクトップのLightroom 5でRAWデータを読み込み、その後、スマートプレビューとして画像を生成。それをAdobe IDで同期しているiPadでLr mobileを介して表示している、というものです。

ですので、iPadで直接RAWのオリジナルデータを読み込んで閲覧・編集している、ということではありません。(それですと、あっという間にメモリーがなくなります。)
iPad上で編集した作業はメタデータとして記録され、デスクトップのLightroomモバイルと同期して編集作業を連携する、というものです。なので大量のRAW写真を一度にデスクトップからiPadに読み込む(コレクションデータとして)のは、スマートプレビューを生成している時間が必要となります。
画像データの容量や枚数によって時間は異なりますが、ある程度の少数から試して、その後時間があく就寝時などにまとめて同期作業を行うのが効率的かもしれませんね。

 

ということで、RAWデータがiPadでみれる、編集できる。Lightroom mobile 提供開始、の話でした。
ぜひ、この機会にLightroomとLightroom mobile、そしてPhotoshop CCをご利用いただければと思います。

 

 

Webデザインに使えるPhotoshopの話

 

皆様、こんにちは。アドビの栃谷です。
今回はWeb制作の入門サイトである、「Adobe Pinch In(アドビ ピンチ イン)」をご紹介します。

 

Adobe Pinch In

Adobe Pinch In

 

常々アドビの製品ページでは、そのバージョンにある新機能の紹介をしているのですが、「これから始める」というアドビ、そしてPhotoshopのユーザーにはハードルが高かったかと思います。そして特にWebサイトのデザイン制作については、紙のデザインと「お作法」が異なる事が多く、戸惑う方も多いのではないでしょうか?

そこで今回紹介する「Adobe Pinch In」では、「PhotoshopでWebデザインをはじめよう!」という連載が始まりました。

記念すべき第1回目の内容は「デザイン前に覚えておきたい環境設定とレイヤー機能」です。

Photoshopの初心者を対象とし、Webページをデザインする方法をご紹介。初回は、デザイン前に覚えておきたいこと。Photoshopの環境をWebデザインの基本となる単位「pixel」に設定する方法、そして、デザイン作業を行う上で大事な機能(定規、グリッド、ガイド、レイヤーなど)についてを説明しています。

 

私自身も初心にかえり、これからPhotoshopを始める方へのおすすめ機能や使い方を紹介したかったので、この連載内容は本当におすすめです!これまでPhotoshopを利用していた中級〜上級レベルの方も、ぜひ一読いただければと思います。

思い起こせば私がPhotoshop製品を担当になった時、Photoshop 5.5(CSではないです!)でついた「Web用に保存」を紹介していた記憶がよみがえりました。(サイズ/ダウンロード時間で「9600 bpsモデム」は、今でもメニューにあります!

 

Save_for_web

 

ということで、Webデザインに使えるPhotoshopの話でした。第2回の連載も楽しみにしてくださいね。

 

 

「Pen+デザインラボ」の話

 

皆様、こんちには。アドビの栃谷です。今日は協同プロモーションに関するお知らせです。

デザイナーの皆様はご存知と思いますが、「Pen+」編集部とのコラボレーションによる「Pen+デザインラボ」のWebサイトが本日オープンしました。このサイトの目玉は、このサイトで紹介するコンテンツは、今後Pen+のムック本として発刊を目指している!という点です。

 

Pen + デザインラボ

Pen + デザインラボ

 

サイト自体の内容も充実しており、
- Photoshop CCを利用して『水木しげる漫画大全集』(講談社)の装幀をデジタルリマスターしている坂野公一さんのテクニック紹介。
- Pen的チュートリアルとしてPhotoshop CCで作るスペシウム光線(1967年版)の紹介。(そしてそれが2014年だったら。。。!)
- 皆さんからの応募の元につくる、「覚えておきたいショートカット100選」(やっぱり、Command + Sキーは鉄板過ぎ?)

…などなど、今後の更新も含めて、楽しくためになる内容が盛りだくさんです。ぜひ、ブックマークしてみてください。

ということで、「Pen+デザインラボ」のお話でした。

 

 

Photoshop Camera Raw 8.4 RCの話

 

皆様、こんにちは。アドビの栃谷です。

今回のブログは、デジタルカメラから生成されるRAWデータについてです。このRAWデータを現像するのがPhotoshop Camera Raw プラグインですが、正式版が出る前の開発版(RC)としてAdobe Labsより提供開始されました。

 

Adobe Labs

今回はニコンのD4sやキヤノンのKISS X70、富士フイルムのX-T1など、新たに以下の14機種のカメラをサポートします。

Canon EOS 1200D (REBEL T5, KISS X70)
Casio EX-100
DJI Phantom
Fujifilm X-T1
Hasselblad H5D-50c
Hasselblad HV
Nikon D3300
Nikon D4S
Olympus OM-D E-M10 (*)
Panasonic LUMIX DMC-ZS40 (DMC-TZ60, DMC-TZ61)
Phase One IQ250
Samsung NX30
Sony Alpha a5000 (ILCE-5000)
Sony Alpha a6000 (ILCE-6000)

(*) denotes preliminary support

1. 開発版(Release Candidate)のバージョンは「8.4」になります。Photoshop CCをご利用の方は、こちらから入手してください。Photoshop CS6をご利用の方は、こちらから入手してください。
2. 今回のリリースはPhotoshop Camera Rawのみです。Lightroomはありません。Lightroomでのテストを要望される場合、一旦RAWデータをDNGコンバーターでDNGファイルに変換してから読み込んでみてください。そして念のためですが、Lightroom 5.4の正式版がリリースされる時には、Camera Rawと同じRAWデータをサポートする予定です。

3. [2014年3月19日追記] ご注意の案内です。この開発版(RC)は正式に出荷する前のものです。動作保証していないものであり、サポート対象外となることを事前にご了承ください。

ということで、Photoshop Camera Raw 8.4 RCの話でした。

誰でも月額1,000円。Photoshop写真家向けプログラム

 

 

「Photoshop写真家向けプログラム」は、Photoshop CCとLightroom 5を、Photoshop CS3、またはPhotoshop CS3以上を含むCreative Suite 3以上を所有しているユーザーの皆様が、月額1,000円の料金でご利用できるプログラムです。

このたび、本プログラムが対象ユーザーを限定せず、再び期間限定で「誰でも月々1,000円」でご利用できます。お申し込みは「こちら」になります。

前回のブログでご案内したとおり、Photoshop CC (ver 14.2)には多くの機能がアップデートされ、より強力なプロファッショナルツールとしてCreative Cloudメンバーの皆様に提供されています。業界注目の3D プリントも対応

さらに体験版もリセットされ、これまで(ver14.2よりも前)Photoshop CC体験版を利用し、その後購入を検討中の方も再び体験版が利用できます。

この機会にぜひご検討ください。

 

 

新機能追加。Photoshop CC (Ver.14.2)の話

 

 

PSCC_Image

 

 

アドビの栃谷です。2014年1月16日、Photoshop CCにアップデートがあり、様々な新機能が追加されました。

 

PSCC14_2

新たなバージョンは「14.2」です。Creative Cloud メンバーの皆様は、既にアップデートのお知らせがCreative Cloudデスクトップ経由であったと思います。ぜひ、最新版にアップデートして、エキサイティングな新機能をお試しください。

 

「もう、以前にPhotoshop CCの体験版を使っちゃったよ」という方。ご安心ください。今回のアップデートでは、この素晴らしい機能を幅広い方に体験してもらうため、体験版がリセットされ、再度体験版が30日活用できるようになっています。ぜひ、この機会に再度体験版サイトから最新版を入手してください。

Re_Trial

 

また、Photoshop CCと同時にアップデートがあったIllustratorやInDesign、そしてMuse CCも体験版の再利用が可能です。デザイナーやクリエイター、出版、印刷関連の皆様。ぜひダウンロードいただき、この週末に体験版を利用してみてくださいね。

さて、このPhotoshop CC (ver 14.2)に追加された新機能の概要。これについては、Photoshop Magazineの中で新しいコンテンツを作成しました。まずはこのサイトで新機能の概要をご確認ください。

 

 

そして、この「Photoshop日本公式ブログ」では、詳細機能を捕捉的な説明をしていきたいと思います。

今回おすすめの3つの機能は以下のとおりです。
1. 遠近法ワープ
2. リンクされたスマートオブジェクト
3. 3D プリントの対応

 

1. 遠近法ワープ

「遠近法ワープ」は「パペットワープ」に続く「ワープ」シリーズの2つ目で、パースをコントロールする機能です。基本操作はベースとなるパースを定義して、その後に定義されたパースを元に画像を調整する、という手順です。望遠レンズを使って撮影された写真の補正などに効果が発揮できます。その際には「レンズ補正」や「Upright」機能も役立ちますが、よりマニュアルで補正する時に力を発揮します。

英語ですが、YouTubeでは動画での操作方法が閲覧できます。スピーカーは昨年末に来日したジュリアン・コストです。

 

2. リンクされたスマートオブジェクト

こちらは、IllustratorやInDesignで慣れている方はご存知の「配置」の機能強化です。この「配置」と「スマートオブジェクト」を利用して、「リンクを配置」メニューが新しく追加されました。他のファイル、例えばIllustratorで作成された会社のロゴを、「スマートオブジェクト」の形でPhotoshopの中(レイヤー)に「リンク配置」でき、ロゴの色や形状が変更されても、自動的に最新のファイル変更に対応して更新されます。

こちらのリンクには、日本語のチュートリアルムービーと、機能を試す為のサンプルファイルがあります。

 

3. 3D プリント

3D_Print

これまたHotな新機能です。Photoshopから直接3Dオブジェクトをプリントすることが可能になりました。多くのニュースメディアがこの機能をとりあげていただいています。
さて、この3Dプリント市場の状況ですが、現在は米国が3Dプリントの対応は進んでいます。いままで高価だった3Dプリンターが安価になり、一般の方でも利用できる機会が増えたのが理由です。日本ではこれからの部分がありますが、Photoshopが直接3Dプリントできることによって、今までPhotoshopを利用していたデザイナーやクリエイターの皆様も、仕事の幅が広げられる機会になると思います。

このリンクで簡単な紹介がされています。まずはご覧いただければと思います。

 

4.「・・・」

私のブログは長文で有名(?)です。最後まで熟読している読者の方々、いつも感謝しております。そこで最後まで読んでいただいた方へ、私からのTIPS情報です。
Photoshopチームはお客様からのフィードバックを元に、既存機能に対して仕様変更をしている事があります。ちょっとした仕様変更ですが、昔からPhotoshopを利用している人にはとっても嬉しい事が多いです。

例えば今回のアップデート。今まで背景レイヤーを普通のレイヤーにするには?背景レイヤーをダブルクリックし、「新規レイヤー」ダイアログボックスが開いた時点で何も考えず(もちろん必要情報を入力するのが作法ですが)エンターキーをおす、という方法だったと思います。それではPhotoshop CC (14.2)では?背景レイヤーの名前が記載されている横にある錠前をクリックしてみてください。すると。。。?

——————–

また、塗りつぶしでのパターンの利用もバリエーションが増えました。ファイルメニューからだと編集メニューから、塗りつぶしを選択。ダイアログボックスからパターンを選択して、スクリプトパターンから「木」を選択してみてください。すると、木の種類では樫やセコイヤなど、22種類のバリエーションから選択ができ、さらに葉っぱの量や色など、様々なカスタマイズができます。添景データが必要であった、カタログ作成などには嬉しい機能です。

patern_tree

 

この辺りの機能強化は非常に嬉しいものですよね。ここで紹介した以外にも数多くの機能強化があります。皆さんの評判次第ですが、もし興味がある場合は、今後このブログ、またはCreative Cloud道場で「Photoshopの秘宝」シリーズとして紹介しますね。

 

 

ということで、「新機能追加。Photoshop CC (Ver.14.2)の話」でした。

 

 

 

 

 

謹賀新年 from Photoshop日本公式ブログの話

2014年1月、新年明けましておめでとうございます。アドビの栃谷です。

昨年5月より、Photoshop CCの発表と共に始まったPhotoshop日本公式ブログ。おかげさまで無事新年を迎える事ができました。
これも日頃閲覧をいただいている皆様のおかげです。
今年も皆様に有益な情報提供ができるブログとして更新していきたいと思います。改めてよろしくお願いいたします。

さて、新年早々となりますが、これまで本ブログで度々ご案内していました、「Photoshop写真業界向けプログラム」について、2つご案内があります。

[ Photoshop写真業界向けプログラム延長と名称変更 ]

1. プログラムの名称が変更になりました。「Photoshop写真業界向けプログラム」から「Photoshop写真家向けプログラム」になりました。
2. プログラム期間延長。好評いただいておりました本プログラムが、2014年2月28日まで期間延長が決定しております。
注意点としては、今まですべてのお客様が購入対象となっておりましたが、2014年1月より購入対象者はPhotoshop CS3以上(Creative Suite製品に同梱されるPhotoshop CS3、Photoshop CS3 Extended含む)になります。購入の際にはご注意くださいますようお願いします。

 

改めて2014年もよろしくお願いします。という事で、謹賀新年 from Photoshop日本公式ブログの話、でした。

Adobe Camera Raw 8.3、Lightroom 5.3提供開始、の話

 

Photoshop CC/Photoshop CS6に対応するAdobe Camera Raw 8.3、そしてLigtroom 5.3が提供開始しました。
このアップデートは新しいデジタルカメラ対応機種、レンズプロファイルのサポート、不具合の修正があります。レンズプロファイルのサポートは、面白いところでiPhone 5sにも対応しました。詳細については、Lightroom Journalブログ(英語)で掲載されています。

 

[新しく追加されたデジタルカメラ対応機種]

新しい対応カメラのリストは以下の通りです。

Canon EOS M2
Canon PowerShot S120
Casio EX-10
Fujifilm XQ1
Fujifilm X-E2
Nikon 1 AW1
Nikon Coolpix P7800
Nikon Df
Nikon D610
Nikon D5300
Nokia Lumia 1020
Olympus OM-D E-M1
Olympus STYLUS 1
Panasonic DMC-GM1
Pentax K-3
Phase One IQ260
Phase One IQ280
Sony A7 (ILCE-7)
Sony A7R (ILCE-7R)
Sony DSC-RX10

 

[Rawって何?]

そもそもRawデータって何?と思われている方、詳しく知りたい方は、こちらをぜひご覧ください。

[どうやってアップデーターは入手できるの?]

Lightroom 5.3のダウンロードはこちらをクリックしてください。また、Photoshop CC/CS6のアップデートはCreative Cloudアップデートから自動的に連絡されます。

[お知らせ]

このアップデートに関連したお知らせが数点あります。

- 以前にご案内したとおり、このアップデートはPhotoshop CS6にも対応します。ただし、新しいカメラ機種やプロファイルサポート、不具合修正は対応しますが、Photoshop CCから入った新機能(円形フィルターなど)は対応していません。改めてご了承ください。

- Photoshop CS6をWindows XPやVista、MacOS X v10.6でご利用いただいているお客様は、このCamera Rawのアップデートが利用できる最後のバージョンになります。つまり次回のアップデート(仮称:Camera Raw 8.4)では、OSのアップデートが必要となります。Photoshop CS6をWindows 7または Windows 8、そしてMacOS X v10.7(Lion)、10.8(Mountain Lion)、またはMacOS X v10.9(Mavericks)をご利用いただいている方は継続して利用可能です。

 

最後に宣伝になりますが、この機会にぜひ「Photoshop 写真業界向けプログラム」をご利用ください。好評につき延長された本プランは、2013年12月31日までにお申し込みいただいた方は、月々1,000円でPhotoshop CCとLightroomが継続してご利用できます。

 

それでは、Adobe Camera Raw 8.3、Lightroom 5.3提供開始、の話でした。

 

さらに12月31日まで期間延長。 Adobe Creative Cloud の写真業界向け特別プラン

 

 

本日で終了予定でした、「Photoshop CCとLightroom 5が今だけ、誰でも、ずっと月額1,000円で使える!」Adobe Creative Cloud の写真業界向け特別プラン。この期間限定キャンペーンが好評により、日本を含む全世界で再延長決定がされました。最終的には年末まで延長し、2013年12月31日(火)までの取り扱いとなります。

米国でも既にブログを通じて発表されています。ここで記載されているとおり、アドビストアの申し込みサイトなどではまだ前回の延長期間での記載が本日現在されていますが、近々に修正される予定ですのでご安心ください。

 

延長にあわせて、よくある質問も前回のブログに記載しておりますので、ご一読くださいますようお願いします。

 

繰り返しとなりますが、ぜひこの機会を有効にご活用ください。今年の年末・年始の休みは、一般的に例年よりも長くとれる日程のようです。この休みにPhotoshopとLightroomを活用してみてはいかがでしょうか?