モバイルショッピングの動向に関するインフォグラフィック

こんにちわ、アドビ システムズの西山です。

 

アドビが行ったモバイルショッピングに関する意識調査のレポートが公開されました。なかなか興味深い内容でしたので、共有したいと思います。

 

アドビ システムズ社、モバイルショッピングに関する意識調査を発表 

 

注目すべきポイントをかいつまむと;

– 所有しているタブレット端末で商品やサービスを購入すると回答した利用者は55%で、スマートフォン利用者の28%に比べ2倍近くに達することが判明

– ショッピングアプリとカタログアプリがブランドへの親和性を高める(ブラウザからのショッピングよりもエンゲージが強い)

– 友人とソーシャルメディアがモバイルショッピングに影響を及ぼす(購入行動に対する「口コミ」の影響力の強さ)

といった感じになります。

 

タブレットデバイスの普及に伴い、この傾向は今後ますます強くなるかもしれませんね。

 

本調査に関するインフォグラフィックも用意いたしました。こちらもご覧ください。

Adobe_MobileRetail_Infographic_v7_JF[3]

Comments are closed.