Media Encoder CC アップデートで 2014.0.1 に

Premiere Pro を始め、様々な Adobe クリエイティブツールからの動画出力の要となるツール Adobe Media Encoder CC 2014年リリースのアップデートを提供開始しました。バージョンは 2014.0.1 になります。

ME2014.0.1

After Effects Blog | Adobe Media Encoder CC 2014.0.1 (8.0.1) update: bug fixes, H.264 at 4K, new YouTube presets, and more (英語)

新機能

  • Improved DCP color calibration: Improved color calibration from QuVIS for BT709 workflows. This will result in improvements in source color matching, color saturation, and increased detail in darker areas.
  • Moved user preferences and presets to new location: Preference and preset files are now located in your user profile’s Documents folder, instead of a folder hidden by the operating system. All preferences and presets from Adobe Media Encoder CC 2014 (8.0) will be automatically moved to the new location. Premiere Pro CC 2014 and Prelude CC 2014 will continue to see and make available your encoding presets.
  • 4K support in H.264: A new 5.2 Level choice for H.264 provides full support for 4K frame sizes and frame rates.
  • New YouTube encoding presets: The encoding presets for YouTube have been completely rebuilt and simplified. The changes include:
    • A new preset for 4K resolution (3840 x 2160).
    • All 360p presets have been removed.
    • The Frame Rate and TV Standard settings on all YouTube presets now use Match Source, so only a single preset is required for each frame size.
    • The Target and Max bitrate of the new presets are higher to better align to YouTube’s recommended settings for High Quality uploads.
    • 1-pass instead of 2-pass encoding, which reduces encoding times without a significant loss in quality. Note that YouTube automatically re‐encodes all uploaded videos for optimized streaming, regardless of source codec. YouTube recommends H.264, which offers both high quality bitrates and reduced upload times.
    • The new presets are:
      • YouTube 2160p 4K (40 Mbps)
      • YouTube 1080p HD (16 Mbps)
      • YouTube 720p HD (16 Mbps)
      • YouTube 480p SD Wide (8 Mbps)
      • YouTube 480p SD (8 Mbps)

不具合修正

  • 25fps XDCAMEX files were 1 frame short when smart rendering was in use. This is fixed.
  • Complex video assets produced blurry image every 1 second when encoded into H.264. This is fixed.
  • XAVC Intra 2K or 4K encoding without including audio failed. “Error Compiling movie. Unknown error.” This is fixed.
  • Media Pending frames did not go away after an MPEG source had been indexed. This is fixed.
  • Error “[..\..\src\Command_FormatChanged.cpp‐93]” appeared when a preset was deleted. This is fixed.
  • Export failures, assert and error messages occurred when selecting “Match Sequence Settings” for a 120fps GoPro file. This is fixed.
  • Transcoding DPX files to XAVC at UHD resolution failed. This is fixed.
  • Exporting a merged clip from Premiere Pro would result in silent audio or a failed encode. This is fixed.
  • Encoding a 4K clip with text or timecode overlay effects using OpenCL Mercury Playback Engine acceleration on Mac OS resulted in bad frames. This is fixed.

Flash Professional CC 2014年リリースがアップデート

Flash Professional CC 2014 の7月のアップデートが提供開始となりました。WebGLランタイムAPIを提供するなど、WebGLコンテンツとの双方向のやり取りを可能にするアップデートになってます。

Adobe_Flash_Professional_CC_mnemonic_RGB_128px_no_shadow

Flash Professional Help / New features summary (現在英語情報のみ)

Premiere Pro CC 2014 アップデートで 2014.0.1 に

2014 年リリース Premiere Pro CC のアップデートを提供開始しました。

Adobe_Premiere_Pro_CC_mnemonic_RGB_128px_no_shadow

本アップデートでバージョン 2014.0.1 となり、不具合の修正に加えていくつかの新機能が含まれます。詳細は以下をご参照ください:

Premiere Pro Blog | Adobe Premiere Pro CC 2014.0.1 Update (英語)

不具合修正:

  • ‘Async’ asserts could occur when exporting some file types
  • Incorrect angles could be shown when separate multicam clips were created with different sort order
  • Waveforms could be improperly drawn when nesting a multicam source sequence
  • Effects could fail to render within effect mask boundaries
  • Garbage could appear around the edge of a layer that had a blur video effect applied and a mask on Opacity
  • Masks could offset Gaussian Blur in CUDA mode
  • Attempting to move a column to the left of the Name column in the Project panel could break cell selection
  • Occasional instance where sequences could never finished rendering
  • Relinking to spanned MXF clips could be incorrect
  • UI responsiveness could reduce in large projects after relinking
  • Exporting merged clips could generate silent or missing audio
  • Importing sequences could sometimes fail
  • Incorrect timebases could be used on EDL export
  • Incorrect field display could occur when using Mercury Transmit with GPU acceleration
  • Audio presets were sometimes not working correctly if used with a different format container
  • Complex video assets could produce a blurry image every 1 second when encoded into H.264
  • Mask Expansion could not be rendered correctly during preview scrubbing on layers that were scaled to 50% or less
  • Applying a speed change to a multicam clip could cause the extended duration of the clip to play with no video
  • Merged clips that contain clips with sync offsets could display out of sync indicators when used in a sequence
  • Crashes could occur during export to QuickTime.
  • Masking and Tracking: Brightness & Contrast could be incorrectly displayed in an Adjustment Layer
  • File import failures could occur when no assets were selected in the Locate Media dialog
  • Asserts and crashes could occur when exporting project to OMF
  • Crashes could occur when rendering audio with a locked submix track
  • Submixes could sometimes lose audio
  • Noise could be heard in submixes with empty tracks
  • Source monitor timecode and program monitor overlay could be off from one another in multicam sequences
  • Audio overlays for Multicam and nested sequences would only display as audio time units.
  • 24p/50p XDCAM EX files were sometimes 1 frame short when smart rendered
  • MPEG2 TS files with 6 tracks of stereo audio could only play/show first stereo track when imported in to PPro
  • Playing IMX 50 clip could freeze video
  • Locking all Audio Tracks could cause the system to slow down dramatically

編集機能向上 (新機能):

  • A Codec column was added to the Project Panel
  • Sequence Timecode was added as a display option in the Monitor Overlays
  • Clip name and Timecode filters can now be set to reference and display information for clips on specified source tracks.

Prelude CC 2014.0.1 アップデート

2014年リリース Prelude CC のアップデートを提供開始しました。

Adobe_Prelude_CC_mnemonic_RGB_128px_no_shadow

Prelude CC 2014.0.1 では、体験版使用時の不具合が修正されています。

Creative Cloud デスクトップがアップデート、バージョン 1.7.1.418

Creative Cloud デスクトップのアップデートを提供開始しました。重要な不具合の修正を行いました。

バージョン 1.7.1.418、2014 年 7 月 24 日公開

  • ファイルの同期でエラーが発生したときの不要なインターネット要求が削減されました。
  • 24 時間を越えて実行した場合に、有償サービスのメンバーに対して「インストール」ではなく「体験版」と表示される問題が修正されました。

CC Desktop Update

Creative Cloud Market のあるき方

今月、Creative Cloud 有償メンバー向けに新しい素材提供サービスが始まりました。その名も Creative Cloud Market、Adobe が選択したクリエイターによるクリエイターのための上質な素材の ‘市場’ です。

先ずは市場で物色

Creative Cloud Market は Creative Cloud デスクトップで利用できます。[アセット] タブの [マーケット] を選択しましょう。Creative Cloud Market には膨大な数の良質な素材があり、日々更新されています。おCCMarketTabもに以下に分類されます。

  • 画像: レイヤーが用意されマスクが設定された写真およびデジタルベースのテンプレート (PSD)
  • UI: レイヤーが用意されたユーザーインターフェース用素材。モバイルおよびWeb用のフルキット、フォーム、チャート、ナビゲーション、ウィジェットなど (PSD)
  • ベクトルシェイプ: Photoshop、InDesign、Illustrator と統合利用できる拡大縮小可能なオブジェクトやシェイプ (SVG)
  • アイコン: 印刷、Web、標識用途の字形、輪郭、平面、3Dシンボル (PNG / SVG)
  • パターン: 無限に繰り返せる幾何学、イラスト、テクスチャのパターンと背景 (PNG / SVG)
  • ブラシ: Photoshop用の高品位なナチュラルメディアブラシと抽象ブラシ (ABR / TPL)

CCmarket_Category

 

任意のワードで検索

検索ボックスに任意のワードを入力して、膨大な素材の中から検索することができます。タブがある行の右端のsearch アイコンをクリックして任意のワードを入力します〜ただし、現在のところ日本語には対応していないので、英語で入力してください。

CCMarket_Cloud

いい感じの素材が見つかったら、素材のサムネイルをクリックして [ダウンロード] をクリックします。ダウンロードされた素材は [Creative Cloud Files] フォルダに保存されます。

関連情報

DPS v31.1 リリース

Digital Publishing Suite バージョン 31.1 をリリースしました。主なアップデート内容は以下のとおりです:

DPSv31.1

v31.1 リリース(7 月 7 日)の新機能

ネイティブ Android Viewer
v31.1 リリースでは、ネイティブ Android Viewer で以下がサポートされるようになりました。

  • レガシーの v1 API を実装している直接権利付与サーバー
  • カスタムストアフロントの getFolioInfo() API
  • Reading API
  • Web オーバーレイ、HTML 記事およびカスタムライブラリでの HTML ビューポート設定
  • Web オーバーレイ、HTML 記事およびカスタムライブラリでのジェスチャー操作
  • 相対 navto:// ハイパーリンク
  • HTML コンテンツ内のアンカーへのハイパーリンク
  • レガシー Android Viewer でダウンロードされた Folio のクリーンアップ(Viewer がネイティブ Android Viewer にアップデートされた場合)

Windows Viewer
v31.1 リリースでは、Windows Viewer で以下がサポートされるようになりました。

  • バックグラウンドオーディオ
  • アプリケーション内のブラウザーでコンテンツを開くハイパーリンク
  • HTML 記事の onAppear および onDisappear イベント
  • レガシーの v1 API を実装している直接権利付与サーバー
  • 解析データの収集を有効にするかどうかを読者に確認するオプション
  • タイトル、Folio 番号およびパブリケーション名によるライブラリ内の Folio の検索

iOS Viewer

  • iOS Viewer の v31.1 リリースには、ダウンロード失敗時のダウンロードの再試行など、ダウンロードの機能強化が含まれています。

Muse CC アップデート、ビルド2014.0.1.30

Adobe Muse CC 2014リリースのアップデートを提供開始しました。既知の問題を修復するアップデートになります。Muse CC 起動時のダイアログからのリンク、または Creative Cloud デスクトップからアップデートしてください。

スクリーンショット 2014-07-18 14.05.33

ビルド 2014.0.1.30

このリリースでは次の問題の修正を含みます。

  • 一部のネットワーク設定のオフラインモードで、ハローダイアログが反応しなくなります。
  • ページとそのマスターページの両方が開いているときにメニュー項目を変更するとクラッシュします。
  • 「デザインモード」タブを閉じるときにクラッシュすることがあります
  • 拡張パッシブモードを適切にサポートしない FTP サーバー用の回避策を追加しました。
  • ページアイテムに塗りのカラーを適用するときにクラッシュすることがあります。
  • 以前のバージョンの Muse からサイズの大きいファイルを変換する際のパフォーマンスを向上しました。
  • 画像の高さまたは幅を 1 ピクセルの半分以下に変更するとクラッシュします。
  • サブスクリプションの認証が失敗した場合のエラー処理を改善しました。
  • 以前のバージョンで作成したマスターページに配置された手動メニューのパフォーマンスが悪く、クラッシュします。
  • グラフィックスタイルを適用した場合、書き出し時にスライドショーのスライド画像が正しく配置されません。
  • サイズ変更した GIF があるサイトの書き出し時またはパブリッシュ時に「pendingProcessInfo が見つかりません」と表示され、クラッシュします。
  • リンク先が間違っていた「ようこそ」画面のリンクを変更しました。
  • Windows 8 で画面の拡大率を 125%に設定していると、UI の描画に深刻な問題が発生します。
  • Edge アニメーションを含むサイトを In-Browser Editing で編集すると、サイト表示時にエラーが発生します。
  • 画像を最適化しているときに、FTP ダイアログの表示が 60%の状態で Muse が長時間ハングしているように見えます。
  • Android の Chrome でサイトをデータ接続経由で表示すると、アセットが見つからないというエラーが発生します。
  • レイヤーパネルでクラッシュします
  • テキストフレームの選択時にクラッシュすることがあります

過去バージョンのインストール方法 2014年版!

Creative Cloud がバージョンアップして、各 CC ツールの過去バージョンのインストール方法がより簡単になりました。Creative Cloud デスクトップで探してインストールすることができます。

passed-version

先ず、Creative Cloud デスクトップのパネルを開き、一番下までスクロールします。[新しい製品を検索] の [フィルターとバージョン] をクリックし、[以前のバージョン] を選択します。すると、ツールの一覧が出てきます。

 

 

 

Select_AiCS6

Illustrator のインストールボタンを長押しすると、使用可能な以前のバージョンの一覧がプルダウンで提示されます。ここで必要なバージョンを選択するとインストールが開始されます。

強力なアップデート、Creative Cloud デスクトップ バージョン 1.7

Creative Cloud デスクトップがアップデートし、様々な機能が追加されました〜また Lightroom 最新版の体験版もCCDUpdate1.7ここからご利用頂けるようになります。主なアップデート内容は、

  • 有償の Creative Cloud サービスのメンバー様向けに、ベクトルオブジェクト、アイコン、パターンおよび配置の画像などの便利なコンテンツの数々をご提供する、Creative Cloud マーケットを導入しました。
  • フォントとファイルのナビゲーションが新しい「アセット」タブの下に再構成されています。
  • Creative Cloud アプリケーションのインストールエクスペリエンスを簡易化するアプリケーションパネルのアップデート。
  • ファイルの同期が、初期設定で有効になりました。
  • デスクトップごとに ID を管理できる機能など、ファイルの同期と共同作業のパフォーマンスと安定性が強化されました。
  • 無償メンバーシップで Lightroom の最新版をお試しいただけます。
  • アドオンの管理者権限を必要とする繰り返し表示される OS 通知が削除されました。
  • ​指定されたファイル同期フォルダーでサポートされるファイルの数が増えました。
  • ファイル同期エラーで複数の OS 通知ではなく 1 つの通知が表示されるように、エラー処理が改善されました。
  • アプリケーションの終了時にファイルとフォントの同期操作が保留になるエラーが修正されました。
  • .tmp ファイル(Adobe After Effects CC 一時ファイルなど)の誤ったファイル同期処理が修正されました。
  • ファイル同期が Mac 上でオフラインになった後、オンラインに戻るまでの時間が短縮されました。
  • ファイル同期でウイルスに感染したファイルのエラー処理が改善されました。