「むしろ待ってました!」 Creative Cloud グループ版導入事例

デザイン事務所や企業などの法人、グループでの CS ツールの導入方法として、Creative Cloud グループ版を選ぶことができるようになりました。これまでの「購入」と異なり「月額制メンバーシップ」というソフトウェアの新しい利用形態、迷いはなかったのか、導入頂いたお客さまに聞いてみました。

Creative Cloud 導入事例
株式会社エイアール代表取締役
菊池美範さん

pic_ar_kikuchi_san

菊池さんが導入メリットとして第一に上げる「コストメリット」は、お客さまによって様々なとらえ方がある部分だと思います。でも、将来の予算計画が立てやすい、というポイントは、不定期ながらバージョンアップや新しい分野に対応する CS ツールの導入を、流動するビジネス・リソースの元行ってきた会社にとってはメリットの一つに感じて頂けると思います。

また、二番目に大きなメリットとしてあげて頂いてるのが「管理面でのメリット」、制限なく、迅速に必要なツールが動く環境を用意して、新しいプロジェクトに取り組むできるというポイントを上げています。

MuseDPS といった、Creative Cloud メンバーならではのツールも直ぐに導入し、新しいビジネスに積極的に取り組まれています。

関連情報

だれでもわかる Creative Cloud (デザインマガジン)

USTREAM

Comments are closed.