Creative Cloud ツール、8月のアップデート、まとめ

On Going Value 〜継続する価値〜 は、Creative Cloud の最大のメリットの一つです。Creative Cloud が提供する各デザインツールを対象に、不具合修正やセキュリティアップデートのみならず、様々な機能追加が毎月のように行われます。2013年8月中に提供開始となった、各ツールのアップデート内容をまとめます。

Dreamweaver CC 13.1 アップデート

CSS デザイナーやライブビューの大幅な強化に加えて、設定の同期項目の追加など、たくさんの機能強化が図られたアップデートとなっています。

What’s New in Dreamweaver 13.1 (8/29現在、英文情報)

InDesign CC バージョン 9.1

待望の「設定の同期」機能がサポートされました。加えて、数々の不具合の修正が行われています。

InDesign 9.1.0 リリースノート – 「新機能」と「解決された問題」をご参照ください。

Edge Code CC Preview 5

要望の多かった機能の追加が行われています。

Edge Code CC (Preview) Release Note (8/29 現在、英文情報)

Edge Reflow CC Preview 4

HTML 保存、マルチページサポートなど、より実戦的な機能が入ってきました。

Edge Reflow Preview Release Note (8/29 現在、英文情報)

Adobe Muse CC Version 6

パララックス スクロール設定がパネル化し、よりカンタンに作成できるようになりました。iPad 上でのレンダリングの互換性も向上。

Adobe Muse CC リリースノート

Edge Animate CC 2.0.1

不具合修正〜IE6 での互換性問題など

Edge Animate CC リリースノート

Scout CC 1.1.1

主に不具合修正。最新の Flex 対応など

Scout CC 1.1.1 What’s New (PDF)

Flash Professional CC 13.0.1

64-bit 化で生まれ変わった Flash Professional CC の初期の不具合が修正されています。

Flash Professional CC リリースノート 13.0.1

その他にも、Creative Cloud と連携してご利用頂ける Ideas にもアップデートがありました。

Adobe Ideas Version 2.7

ストロークのスムージングオプションが追加され、筆描画時のテーストを選べるようになりました。また、Photoshop Touch との連携がサポートされました。

Adobe Ideas がアップデート、バージョン2.7に (CCDojo)

Comments are closed.