Posts tagged "アップデート"

Adobe Voice バージョン 1.6 アップデート

誰でもカンタンにアニメーションビデオを創れる iPad アプリ Adobe Voice がアップデートしてバージョン 1.6 になりました。

voice_icon_noshadow_256px

バージョン 1.6 の新機能

  • フォントのカスタマイズ
  • カメラロールに保存
  • その他
    • ネイティブ64ビットサポート、バグ修正

Creative Cloud デスクトップ バージョン 1.9 アップデート

デスクトップから Creative Cloud への最短アクセスを提供する Creative Cloud デスクトップがアップデートし、バージョン 1.9 (1.9.0.465) となりました。パフォーマンスが向上など、様々なアップデートが施されています。

adobe_creative_cloud_icon_rgb_256px

Creative Cloud デスクトップ バージョン 1.9.0.465 (2015 年 1 月 13 日公開)

  • Creative Cloud デスクトップマネージャーアプリケーションは、自動的に更新プログラムを検出してダウンロードします。この機能をオフにするには、このボックスのチェックを解除します。(デスクトップマネージャーアプリケーションにのみ該当します)。
  • ファイルとフォントを迅速かつシームレスに同期します。インターネット接続の切り替え時でもスムーズです。
  • Typekit フォントサービスの初期設定値が「オン」になり、フォントの同期は簡単に自動で行われます。環境設定で設定する必要はありません。
  • アプリケーションパネルの平均読み込み時間が短縮され、すぐに作業が開始できるようになりました。
  • 従業員は、安全かつ簡単に自社の ID 管理システムとエンタープライズ ID を使用してログオンできます。(Creative Cloud エンタープライズ版のお客様が該当します)。

iOS 動画編集アプリ Premiere Clip がアップデート

iPhone や iPad 上で誰でもかんたんにビデオ編集できちゃうアプリ Adobe Premiere Clip のバージョン 1.1 アップデートを提供開始しました。

Premiere Clip 1_1

Premiere Clip バージョン 1.1 主なアップデート内容:

  • iPhone 6 および 6 Plus の高解像度インターフェイスに対応
    • エクスポートおよびパブリッシュの向上
    • 一旦パブリッシュすることなく直接カメラロールにエクスポート可能に
    • パブリッシュ/アップロードそれぞれ Facebook と Twitter 共有の選択
    • Creative Cloud へ直接エクスポート
    • ユーザーインターフェイス全体を通して抜本的に改訂
  • Photoshop Lightroom からインポート!
    • Creative Cloud インポートオプションとして Lightroom アルバムから写真インポートが利用可能に
  • 新しく3つのガイドが追加!
    • 追加された「Cook a Family Recipe」「Send a Video Letter」「Share a Talent」の3つの新しいガイドを選択して創り始めることが可能に

関連情報

Photoshop Sketch バージョン 2.1 提供開始

カスタムブラシを使って、リアルな画材のテーストで描画できる iPad アプリ Photoshop Sketch のバージョン 1.2 の提供を開始しました。

Sketch2_1

ワコム製ペンにも対応し、また描画ツールのサイズが調整可能になりました。

バージョン 2.1 の新機能 <2014年12月19日>

  • 拡張されたスタイラスのサポート
    Pencil by FiftyThree および Wacom Intuos Creative Stylus を使用して正確に描画
  • 自動保存
    作品をなくさないように、スケッチはプロジェクトに自動的に保存
  • 描画ツールのサイズのコントロール
    鉛筆、ペン、マーカーのサイズのコントロールを使用して、さらに詳細に描画可能
  • バグ修正
    安定性とパーフォーマンスが向上

Illustrator Line バージョン 2.1 提供開始

iPad 上での製図作業を可能にするアプリ Adobe Illustrator Line のバージョン 2.1 の提供を開始しました。ワコムのペンなど Adobe Ink 以外のペンにも対応し、シェイプのバリエーションをスワイプして確認できるようユーザーインターフェイスが改善されました。

Line2_1

バージョン2.1の新機能 <2014年12月19日>

  • 拡張されたスタイラスのサポート
    Pencil by FiftyThree および Wacom Intuos Creative Stylus を使用して正確に描画
  • 自動保存
    作品をなくさないように、スケッチはプロジェクトに自動的に保存
  • UI の充実
    希望のシェイプを参照、選択が容易に
  • バグ修正
    安定性とパフォーマンスが向上

コーダー Brackets がリリース 1.1 に

HTML/CSS/JavaScript用の新しいオープンソースコードエディター Brackets のリリース 1.1 を提供開始しました。

brackets_r_1.1

大幅に強化された機能はこちらでご確認ください。

Release 1.1 – 2014-12-16 (リリースノート)

  • お試しください:複数のブラウザーに対応したライブプレビューサポート – このサポートは既定では無効です。livedev.multibrowser 環境設定で有効にする必要があります。ライブプレビューは既定のブラウザーで開かれます。url は、他の任意のブラウザーにコピー&ペーストできます。すべてのブラウザーが同時に更新されます。
  • AltGr によるアクセント記号付き文字の入力サポートが改善 – このリリースでは、Brackets 独自のショートカットといくつかのキーボード レイアウト(Windows)間の競合を修正します。
  • 安定性の向上 – Brackets コアオブジェクトでは、異常な動作をする拡張機能に対して保護機能を持つ新しいイベントリスナー API を使用します。
  • ファイルタイプ固有の環境設定 – 言語レイヤーを使用して環境設定を構成できるようになりました。
  • コードヒントによる入力パフォーマンスの向上 – コードヒントのリストが 50 エントリに制限され、表示が速くなりました。この設定は、新しい maxCodeHints 環境設定で上書きできます。
  • 環境設定を使用して有効にするリンターを選択 – リンターの実行と順序をプロジェクトごとに構成できるようになりました。

スクリプト機能強化とよりUIが洗練された After Effects 2014.2

After Effects CC バージョン 2014.2 アップデートの提供を開始しました。いくつかの機能強化、改訂、そして不具合修正を含むアップデートです。

After Effects CC 2014 更新と機能改良 | 2014年12月

  • このリリースには、以前のバージョンの After Effects のアイコンよりも少し明るい、新しいキーフレームアイコンが導入されています。背景より目立つように、暗いエッジの代わりに明るいエッジが採用されています。
  • スクリプトを使用して、レイヤー座標や追加の文字プロパティなど、テキストレイヤーのプロパティの詳細情報を読み取ることができるようになりました。
    sampleImage エクスプレッションを使用してカラー値をサンプリングすることもできます。この方法を使って、特定のピクセルのカラー値をエクスプレッションへの入力として使用します以前のバージョンの After Effects では、エクスプレッションで sampleImage を使用すると、マルチプロセス機能が無効になっていました。
  • sampleImage メソッドの使用について詳しくは、エクスプレッション言語リファレンスのLayer General の属性とメソッドセクションを参照してください。

After Effects CC の 2014 年 12 月リリースでの機能改良とバグ修正について詳しくは、After Effects のブログを参照してください。以下は主な不具合修正ポイント:

  • Applying animation presets from Bridge works as expected and no longer results in an error message.
  • Color management no longer causes a color or gamma shift in rendered images when multiprocessing is enabled.
  • Warp Stabilizer effect has been updated to fix a cause of crashes on the late 2013 model Mac Pro.
  • A cause of poor Dynamic Link performance when the main After Effects application is open has been fixed.
  • The sampleImage expression method no longer causes multiprocessing to disable.
  • The cursor icon changes immediately when you press a keyboard shortcut to change the active tool.
  • Layers now highlight as expected in the Composition panel when you roll over the layer in the Timeline panel.
  • Dragging an instance of an After Effects text template composition in Premiere Pro from the Project panel to the Timeline panel no longer causes a delay before the composition can be dropped.
  • Creating shape layers from Illustrator layers no longer creates the shapes at the wrong coordinates if the Illustrator artboard uses a video preset and the layer was imported at layer dimensions (instead of document dimensions).
  • Layers in a .c4d file in an After Effects CC (12.x) project retain their visibility state in the Cineware effect when the project is opened in After Effects CC 2014.2 (13.2).
  • Windows high-DPI displays now correctly draw layer controls (anchor point, mask path, layer handles, etc.).
  • Multiple fixes for Mac OS Retina displays: layer wireframes now draw correctly; setting the ruler origin in viewer panels no longer has an offset.
  • The color of all characters are now the same in the value of a property with an expression. For example, the % symbol in Opacity values is now red instead of blue.
  • Rolling over the value of a property with an expression no longer changes the value’s text color to yellow.
  • A cause of crashes on startup if the Adobe preferences directory is set to read-only was fixed.
  • A cause of crashes on quit after Video Copilot Element 3D is used was fixed.
  • A cause of crashes when effects make certain OpenGL requests was fixed.
  • Aliases to files and folders on Mac OS 10.10.1 and later are now resolved correctly.

Media Encoder から YouTube and Vimeo へパブリッシュ!

Media Encoder CC 2014 のアップデートにより、パブリッシュ先として YouTube および Vimeo が選択できます!

MeOutputSttin1  MeOutputSttin2

更新と機能強化 | 2014年12月

Premiere Pro CC 2014 がバージョン 2014.2 に

Premiere Pro CC バージョン 2014.2 アップデートの提供を開始しました。GoPro CineForm コーデックサポートの強化をはじめ、いくつかの強化、不具合の修正が含まれています。

WinCineformPreviewFormat

主な変更点 <Premiere Pro Official Blog | Premiere Pro CC (2014.2) Release>

  • XDCAM HD proxy files appear with red frames
  • Crash using ripple trim on a grouped clip
  • Missing clips after Consolidating and Transcoding overlapping subclips
  • Crash when pressing Setup button of a AE-style transition
  • Comment Markers added to a merged clip get added to constituent clips, but the Name & Comments are not saved
  • Stop playback command ignored when editing or playing a multicam sequence
  • Crash exiting Direct Manipulation mode in Program monitor
  • Duplicate clips are missing from resulting project after Consolidate and Transcode
  • Crash when exporting AAF from a sequence containing clips opacity and scaling
  • GoPro 2.7K footage cannot be smart rendered when height is not evenly divisible by 8
  • Crash when exporting AAF with disabled clips that have cross fades applied
  • Turning on audio waveforms makes sequence unresponsive
  • Audio drop out during loop playback
  • MXF Media with Posterize Time Effect will not render
  • Audio dropouts during shuttling
  • Audio drops out while playing out to tape
  • Consolidate and Transcode with a custom P2 preset does not work correctly
  • Multiple accelerator files are generated on a network shared media cache location
  • Switching between projects that use the same workspace, all open Project panels get reset to root
  • Audio pops and surges during an audio transition
  • Export AAF with 24 bit embed option creates distorted audio files
  • Corrupt frames when rendering Sapphire effects and transitions
  • Crash on launch if OS X update has changed permissions for certain folders to Read-Only

Creative Cloud デスクトップのアップデートを通じて更新してください。

Premiere Pro 関連情報

Prelude CC 2014.2 アップデート

ビデオ素材のインジェクション (取り込み) やラフカット編集を行う Prelude CC のバージョン 2014.2 アップデートの提供を開始しました。本アップデートは主に不具合修正となっています。

PreludeCC2014_2Boot

主な変更点 (Adobe Prelude Official Blog | Adobe Prelude CC (2014.2) Update)

  • Fixed: correct release version now display in About Prelude CC window
  • Fixed: occasional issues with Premiere Pro interoperability
  • Fixed: issue where Media Encoder functionality was disabled in Prelude
  • Fixed: crashes while creating a Rough Cut with “List view + subclip only” enabled
  • Fixed: Issue where Prelude would mark Premiere Pro timeline elements (adjustment layers etc.) as “edited” in Anywhere productions.

Creative Cloud デスクトップのアップデートを通じて更新してください。

Prelude 関連情報