Posts tagged "アップデート"

Flash CC 2014 がアップデート、AIR アプリの iOS 8 64-bit パッケージが可能に

Adobe Flash Professional CC 2014.2 アップデートの提供を開始しました! たくさんの機能を追加しています。

FlashPro2014.2

Flash Professional CC 2014.2 の新機能 (英語)

  • 64-bit Packaging AIR for iOS
  • HTML5 Canvas output optimizations
  • Audio splitting
  • Masking support in Custom Platform Support SDK

Adobe Color もライブラリ共有サポート、バージョン 2.1.3 リリース。

Creative Cloud のモバイルキャプチャーアプリ Adobe Color CC もアップデートしてバージョン 2.1.3 となりました。

Color CC

Brush CC 1.1 および Shape CC 1.2 と同様に、アプリ内でライブラリの共有を行うことができるようになりました。取り込み作成したカラーパレットを、その場で直ぐにチームと共有することができます。他にも不具合修正が行われ、より高いパフォーマンスでご利用頂けます。

Adobe Color CC バージョン 2.1.3 の新機能

  • 共有ライブラリのサポート
  • いくつかの不具合を修正

Color は、iTunes App Store、あるいは iPhone/iPad 内の AppStore で入手、あるいは更新を行ってください。

Shape CC が日本語化、他にも新機能たくさんのバージョン 1.2 リリース

周りのものをすばやく取り込みパスにする強力なモバイルアプリ Shape CC のバージョン 1.2 をリリースしました。

ShapeCCIcon

 

今回は待望の日本語化を果たしています。また二種のプレビューモードを用意し、取り込む際に仕上がり具合を予測しやすくなりました。

ShapeCC_Preview

Brush CC バージョン 1.1 と同様に共有ライブラリの設定も Shape CC の中で行うことができるようにしてます。

ShapeCC_ShapreLib

Shape CC バージョン 1.2.0 の新機能

  • プレビューモード
  • 共有ライブラリサポート
  • 日本語を含む 17 カ国語を追加
  • バグ修正

Dreamweaver CC 2014.1.1 アップデート

Dreamweaver バージョン CC 2014.1.1 の提供を開始しました。

DwCC2014.1.1Update

Dreamweaver CC 2014.1.1 の新機能 (現在英文情報)

  • New Welcome screen
  • Enhancements to Extract panel
  • Enhancements to Live View editing
  • New Code View themes
  • CSS Designer enhancements
  • Remote debugging of Live View
  • Other enhancements
    • Changes in reset preferences workflow
    • Change in the view mode of dynamic documents

Dreamweaver CC 2014.1.1 へのアップデートは、Creative Cloud デスクトップから行ってください。

待望の CC ライブラリ、InDesign CC に搭載!

これを待っていた人も多いのではないでしょうか? Photoshop CC や Illustrator CC に先行して搭載された Creative Cloud ライブラリパネルが、ついに InDesign CC へ搭載しました。カラー、テキストスタイル、グラフィックなどアセットを格納しいつでも使えるのに加え、チーム全員で共有して使用できます。

Adobe_InDesign_CC_mnemonic_RGB_256px_no_shadow

また「旧バージョン用に保存」も印刷関係や DTP デザイン業務に携わる方にとって待望の機能ではないでしょうか?

IdCompatible

その他にも新機能追加や修正された不具合など、アップデートの内容は以下でご確認ください。

InDesign CC (2014.2) の新機能

  • Creative Cloud ライブラリ
  • InDesign ライブラリの移行
  • 元のレイヤーに戻してグループ解除
  • 現在のページをプリント
  • その他の強化機能
    • 旧バージョン用に保存
    • テーブルをより簡単に、そして直感的にレイアウト

InDesign CC 2014.2 へのアップデートは、Creative Cloud デスクトップから行ってください。

Muse がアップデート! ますます使いやすく

Adobe Muse CC バージョン 2014.3 アップデートの提供を開始しました。

Adobe_Muse_mnemonic_RGB_256px_no_shadow

2014年リリースで 64bit 化し、Photoshop CC や Illustrator CC と同様のダークユーザーインターフェースとなり完全に生まれ変わった Muse ですが、細かいチューンが進み、どんどん使い勝手が向上しています。

Adobe Muse CC (2014.3) 新機能

  • ユーザビリティおよびパフォーマンスの改善
  • フレームエッジの表示/非表示
  • Secure FTP の自動検出
  • Windows での HiDPI サポート
  • その他の強化機能
    • 新しいキーボードショートカットの追加
    • 新しいウィジェット画像ピッカー
    • カラーピッカーオプション

Muse CC 2014.3 へのアップデートは、Creative Cloud デスクトップから行ってください。

インスピレーションがそのままブラシに – Brush CC バージョン 1.1

モバイルのカメラから Photoshop、Illustrator、Photoshop Sketch で使えるカスタムブラシを作成できるモバイルアプリ Brush CC のバージョン 1.1 を提供開始しました。

BrushCC1_1

バージョン 1.1 の新機能

  • 共有ライブラリのサポート
  • カラーマスク
  • Creative Cloud Market のサポート
  • iPhone 6/6+ 向けに最適化
  • 安定性および機能の向上

BrushCC_Share

Brush CC バージョン 1.1 は、iTunes Store またはお使いのデバイスの App Store より入手、アップデートしてください。

関連情報

Lightroom mobile バージョン 1.3 にアップデート

iOS 版 Lightroom mobile のバージョン 1.3 をリリースしました。

バージョン 1.3 の新機能

  • 画像調整をコピーして、別の写真にペースト
  • コレクションの新しい分割表示
  • プレゼンテーションモード追加

LrM_view

LrM_CopyPaste

iTunes の App Store、または iPhone/iPad の App Store よりアップデート、または入手してください。

Adobe Voice バージョン 1.6 アップデート

誰でもカンタンにアニメーションビデオを創れる iPad アプリ Adobe Voice がアップデートしてバージョン 1.6 になりました。

voice_icon_noshadow_256px

バージョン 1.6 の新機能

  • フォントのカスタマイズ
  • カメラロールに保存
  • その他
    • ネイティブ64ビットサポート、バグ修正

Creative Cloud デスクトップ バージョン 1.9 アップデート

デスクトップから Creative Cloud への最短アクセスを提供する Creative Cloud デスクトップがアップデートし、バージョン 1.9 (1.9.0.465) となりました。パフォーマンスが向上など、様々なアップデートが施されています。

adobe_creative_cloud_icon_rgb_256px

Creative Cloud デスクトップ バージョン 1.9.0.465 (2015 年 1 月 13 日公開)

  • Creative Cloud デスクトップマネージャーアプリケーションは、自動的に更新プログラムを検出してダウンロードします。この機能をオフにするには、このボックスのチェックを解除します。(デスクトップマネージャーアプリケーションにのみ該当します)。
  • ファイルとフォントを迅速かつシームレスに同期します。インターネット接続の切り替え時でもスムーズです。
  • Typekit フォントサービスの初期設定値が「オン」になり、フォントの同期は簡単に自動で行われます。環境設定で設定する必要はありません。
  • アプリケーションパネルの平均読み込み時間が短縮され、すぐに作業が開始できるようになりました。
  • 従業員は、安全かつ簡単に自社の ID 管理システムとエンタープライズ ID を使用してログオンできます。(Creative Cloud エンタープライズ版のお客様が該当します)。