Posts tagged "アップデート"

DPS Desktop Tools CC 2014 32.0.0 アップデート

InDesign CC 2014 を対象に、DPS Desktop Tools CC 2014 32.0.0 アップデートをリリースしました。これは DPS バージョン 32 リリースを受けてのアップデートとなります。Creative Cloud デスクトップのアップデート経由で更新を行ってください。

dpsv32

なお、DPS v32 リリースの詳細はこちらをご参照ください。

Digital Publishing Suite Help / What’s new in the v32 release (英語)

  • DPS announcements and reminders
    • Important fixes for upcoming iOS 8 release
    • iOS Compatibility
    • InDesign CS5.5/CS5 and DPS support in v32
    • DPS App Builder requirements
    • Legacy Content Viewer for Android to be retired
    • Restriction to the number of folios in Folio Producer
  • Authoring improvements
    • Reset folio
    • CRM Integration APIs
    • Push notification APIs now available
  • iOS viewer changes
    • New optional Article Preview experience
    • Additional iOS viewer changes
  • Android viewer changes
  • Windows viewer changes
  • Push notification improvements (part of v31.3 release)

iPad アプリ Photoshop Mix がアップデート

Photoshop や Lightroom の強力な機能を Creative Cloud 経由で利用できるユニークな iPad アプリ Adobe Photoshop Mix のバージョン 1.1 アップデートの提供を開始しました。

iPad の App Store、または iTunes Store App Store タブより更新してください。

Adobe Photoshop Mix バージョン 1.1 の新機能 (2014年8月28日)

  • 取り消し / やり直し 取り消し / やり直しの操作を各タスク内で最大3レベルでサポートします。
  • 画像の入れ替え 画像サムネイルをドラッグして前景と背景の画像を入れ替えます。
  • ローカルデバイスに保存 JPEG と PNG (マスク付) のフル解像度をローカルでバイズの保存できます。
  • Dropbox サポート Dropbox から画像をインポートできます。
  • 性能向上 各タスクでプロジェクトの読み込みとライブプレビューがより速くなりました。
  • 追加の言語 イタリア語、スペイン語、ポーランド語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、簡体字中国語、繁体字中国語、韓国語。

CC Market から読み込み可能、Adobe Sketch がアップデート

iPad アプリ Adobe Sketch バージョン1.1 の提供を開始しました。

今回のアップデートで、Creative Cloud Market から直接アイコン、描画、パターンなどの高品質な素材を読み込めるようになりました。

ImportMenu
挿入画像のソースに Creative Cloud Market を追加

MarketDialog
Market のダイアログ内でアセットをブラウズ

Adobe Sketch v1.1 の新機能

  • Creative Cloud Market
    Sketch では、アイコン、描画、パターンなど、構成に使用できる高品質で無償のコンテンツに直接アクセスできます。
  • さらに速く
    Creative Cloud へのコピー、Behance へのコンテンツの公開、Photoshop や Illustrator でのコンテンツの共有に時間がかかることはなくなりました。これらの動作はバックグラウンドで行われるので、すぐに描画に戻ることができます。さらに、複雑なスケッチの保存は最大2倍速くなります。
  • シェイプガイドでより効果的に
    Adobe Slide または Touch Slide で描画される長方形と三角形は、面取りされたなめらかな仕上がりになります。
  • 追加言語
    Sketch は現在、イタリア語、スペイン語、ポーランド語、ポルトガル語、ロシア語および韓国語で利用可能です。

Adobe Sketch v1.1 は、App Store より入手してください。

Muse CC がアップデート、バージョン2014.1に

2014年リリース Muse CC のアップデートを提供開始しました。大幅に機能追加しています〜バージョン 2014.1 となります。

Adobe Muse CC (2014.1)

  • セルフホストWebフォント
  • 箇条書きと番号付きリスト
  • reCAPTCHAスパム対策
  • コンタクトフォームのチェックボックス
  • 右から左に記述する言語のサポート
  • 画像タスクのショートカット

Muse CC バージョン 2014.1 へのアップデートは、Creative Cloud デスクトップ経由で行うことができます。

MuseCC2014.1

 

詳細はストリーミングで (2014年9月8日追加)

Muse CC 2014年8月アップデートの詳細は、Creative Cloud 道場 on USTREAM で詳しく解説しています。併せてご覧ください!

関連情報

Edge Animate CC 2014.0.1 アップデート

2014年リリース Edge Animate CC のアップデートを提供開始しました。本アップデートでは、Chrome 上で発生する重要な問題の修正を提供しています。

EdgeAnimate2014.0.1

Edge Animate Help / New features summary | Edge Animate CC (2014.0.1 release) | August 2014 (英語)

The 2014.0.1 release of Edge Animate CC provides a fix to rendering issues on Chrome, which occur due to vendor prefixes, along with a few other bug fixes.

Earlier, Edge Animate generated code for CSS properties along with vendor prefixes to render content appropriately in web browsers. With the Chrome v36 release, the browser gives preference to the default properties without vendor prefixes. This change from the vendor resulted in certain rendering issues in Edge Animate content. The 2014.0.1 release of Edge Animate CC addresses this issue.

If your Edge Animate content that did not render properly in Chrome, republish them after updating to Edge Animate CC (2014.0.1 release).

Photoshop CC 2014 が早速アップデート、3D 機能強化

2014年リリースの Photoshop CC のアップデートを提供開始しました。バージョンは 2014.1 となります。

Ps151

今回は 3D 機能の強化に焦点を絞ったアップデートになっています。

Photoshop ヘルプ / 新機能の概要 | Photoshop CC (2014.1 リリース)

  • 3D プリント
    • グランドプレーンでオブジェクトを圧縮
    • プレビューモード間の切り替え
    • プレビュー精度の向上
    • MakerBot 5 プロファイル
  • 3D 画像の処理
    • バンプマップおよび法線マップフィルター
    • 線/点レイトレーシング
    • 新しい形式のサポート

Creative Cloud デスクトップ経由で更新してください。

関連情報

D810 に対応した Lightroom 5.6、提供開始

お待たせしました! Lightroom 5.6 アップデートの提供を開始しました。Creative Cloud デスクトップ、または Lightroom 5 を起動することによりアップデートのリンクを得ることができます。5.6 では、待望の新カメラ Nikon D810 のプロファイルを含んでいます。

Lr5.6

Lightroom Journal | Lightroom 5.6 Now Available (英語)

New Camera Support in Lightroom 5.6

  • Nikon D810
  • Panasonic LUMIX AG-GH4
  • Panasonic LUMIX DMC-FZ1000

D810 に対応した Adobe Camera Raw 8.6 提供開始

Adobe Camera Raw 8.6 の提供を開始しました。Camera Raw を利用する各 CC アプリのアップデートという形で Creative Cloud デスクトップでは以下のようにお知らせが出てきます。

ACR8.6

今回のアップデートで追加したカメラ、レンズプロファイルは以下のリンク先をご参照ください:

Lightroom Journal | Camera Raw 8.6 and DNG Converter 8.6 Now Available (英語)

新しくサポートされるカメラ

  • Nikon D810
  • Panasonic LUMIX AG-GH4
  • Panasonic LUMIX DMC-FZ1000

After Effects CC、2014.0.2 アップデート提供開始

2014年リリース After Effects CC のアップデートを提供開始しました。バージョン 2014.0.2 では、体験版使用時に発生していた不具合が修正されています。Creative Cloud デスクトップからアップデートしてください。

関連情報

Media Encoder CC アップデートで 2014.0.1 に

Premiere Pro を始め、様々な Adobe クリエイティブツールからの動画出力の要となるツール Adobe Media Encoder CC 2014年リリースのアップデートを提供開始しました。バージョンは 2014.0.1 になります。

ME2014.0.1

After Effects Blog | Adobe Media Encoder CC 2014.0.1 (8.0.1) update: bug fixes, H.264 at 4K, new YouTube presets, and more (英語)

新機能

  • Improved DCP color calibration: Improved color calibration from QuVIS for BT709 workflows. This will result in improvements in source color matching, color saturation, and increased detail in darker areas.
  • Moved user preferences and presets to new location: Preference and preset files are now located in your user profile’s Documents folder, instead of a folder hidden by the operating system. All preferences and presets from Adobe Media Encoder CC 2014 (8.0) will be automatically moved to the new location. Premiere Pro CC 2014 and Prelude CC 2014 will continue to see and make available your encoding presets.
  • 4K support in H.264: A new 5.2 Level choice for H.264 provides full support for 4K frame sizes and frame rates.
  • New YouTube encoding presets: The encoding presets for YouTube have been completely rebuilt and simplified. The changes include:
    • A new preset for 4K resolution (3840 x 2160).
    • All 360p presets have been removed.
    • The Frame Rate and TV Standard settings on all YouTube presets now use Match Source, so only a single preset is required for each frame size.
    • The Target and Max bitrate of the new presets are higher to better align to YouTube’s recommended settings for High Quality uploads.
    • 1-pass instead of 2-pass encoding, which reduces encoding times without a significant loss in quality. Note that YouTube automatically re‐encodes all uploaded videos for optimized streaming, regardless of source codec. YouTube recommends H.264, which offers both high quality bitrates and reduced upload times.
    • The new presets are:
      • YouTube 2160p 4K (40 Mbps)
      • YouTube 1080p HD (16 Mbps)
      • YouTube 720p HD (16 Mbps)
      • YouTube 480p SD Wide (8 Mbps)
      • YouTube 480p SD (8 Mbps)

不具合修正

  • 25fps XDCAMEX files were 1 frame short when smart rendering was in use. This is fixed.
  • Complex video assets produced blurry image every 1 second when encoded into H.264. This is fixed.
  • XAVC Intra 2K or 4K encoding without including audio failed. “Error Compiling movie. Unknown error.” This is fixed.
  • Media Pending frames did not go away after an MPEG source had been indexed. This is fixed.
  • Error “[..\..\src\Command_FormatChanged.cpp‐93]” appeared when a preset was deleted. This is fixed.
  • Export failures, assert and error messages occurred when selecting “Match Sequence Settings” for a 120fps GoPro file. This is fixed.
  • Transcoding DPX files to XAVC at UHD resolution failed. This is fixed.
  • Exporting a merged clip from Premiere Pro would result in silent audio or a failed encode. This is fixed.
  • Encoding a 4K clip with text or timecode overlay effects using OpenCL Mercury Playback Engine acceleration on Mac OS resulted in bad frames. This is fixed.